今日の買取件数:60件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:26,446件

【不退転の決意】と【不退転の覚悟】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「不退転の決意」(読み方:ふたいてんのけつい)と「不退転の覚悟」(読み方:ふたいてんのかくご)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」という言葉は、どちらも信念を持って強く心に決めることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「不退転の決意」と「不退転の覚悟」の違い

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」の意味の違い

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」の違いを分かりやすく言うと、「不退転の決意」とは自分の意志をはっきりと決めること、「不退転の覚悟」とは前もって厳しい困難な事態を予測して強く心を決めることという違いです。

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」の使い方の違い

一つ目の「不退転の決意」を使った分かりやすい例としては、「不退転の決意で臨む所存です」「彼の無言の眼差しから不退転の決意が伝わってきました」「彼女はバイト辞めて就職活動に専念し、不退転の決意で内定を勝ち取るつもりだ」などがあります。

二つ目の「不退転の覚悟」を使った分かりやすい例としては、「不退転の覚悟ないのであればこの計画は頓挫するだろう」「不退転の覚悟で業界の改革へ臨む所存です」「不退転の覚悟を持って新規事業へ挑む」などがあります。

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」の使い分け方

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」はどちらも信念を持って強く心に決めることを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「不退転の決意」は自分の意志をはっきりと決めること場合に使い、簡単に言うならば意志を固めること。一方、「不退転の覚悟」は前もって厳しい困難な事態を予測して強く心を決める場合に使い、簡単に言うならば危険の対する心の準備のことというのが違いになります。

分かりやすい例を挙げると、雪山で彼女と遭難してクマと出会ってしまいます。この時男性はクマに襲われるという前もって厳しい困難な事態を予測して、彼女だけは体を張って守るというのが「不退転の覚悟」です。つまり、危険の対する心の準備のことを表しています。

一方、危険の対する心の準備のことではなく、彼女を絶対にクマから助けるぞという強い意志を持つのが「不退転の決意」です。

したがって、「不退転の決意」と「不退転の覚悟」は似ている言葉ですが、微妙に使い方が異なっていると覚えておきましょう。

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」の英語表記の違い

「不退転の決意」を英語にすると「不退転の覚悟」を英語にすると「unwavering resolve」となります。

「不退転の決意」の意味

「不退転の決意」とは

「不退転の決意」とは、自分の意志を強くはっきりと決めることを意味しています。

表現方法は「不退転の決意をもって」「不退転の決意で臨む」

「不退転の決意をもって」「不退転の決意で臨む」などが、「不退転」を使った一般的な言い回しになります。

「不退転の決意」の使い方

「不退転の決意」を使った分かりやすい例としては、「不退転の決意でチャレンジするつもりです」「不退転の決意で新チームを指揮する」「彼の眼光から不退転の決意が伝わってきました」「不退転の決意でリストラに臨みました」などがあります。

「不退転の決意」は、信念を持ち何事にも屈しないことを意味する「不退転」に、自分の意志をはっきり決めることを意味する「決意」が合わさり、自分の意志を強くはっきりと決めるという「決意」がさらに強調された言葉になります。

「不退転の決意」は強い決意表明をする際に使用し、すぐ諦めたり意見を変えたりしないということを強調することが可能です。そのため、政治家が国民に向けてのスピーチや、スポーツ選手がインタビューで言ったりします。

また、ビジネスシーンにおいても仕事に対して強い決意表明をする際に、「不退転の決意」を使うことも可能です。

「不退転」は仏教用語

「不退転」は元々仏教用語で、今現在使われている「不退転」とは少し意味が違う言葉でした。仏教においての「不退転」は「修行において到達した境地から後戻りしないこと」の意味で使われていたのです。

この後戻りしないことが時代が経つにつれ変化し、信念を持ち何事にも屈しないことの意味で使われるようになったと言われています。

「不退転の決意」の類語

「不退転の決意」の類語・類義語としては、決意を強く持っているので考えを変えないことを意味する「固い決意」、目標達成のために行動し続ける強い意志のことを意味する「不屈の精神」、心や考えを決めることを意味する「決心」などがあります。

「不退転の覚悟」の意味

「不退転の覚悟」とは

「不退転の覚悟」とは、前もって厳しい困難な事態を予測して強く心を決めることを意味しています。

表現方法は「不退転の覚悟で臨む」「不退転の覚悟で取り組む

「不退転の覚悟で臨む」「不退転の覚悟で取り組む」などが、「不退転」を使った一般的な言い回しになります。

「不退転の覚悟」の使い方

「不退転の覚悟」を使った分かりやすい例としては、「不退転の覚悟でさらなる高みを目指す」「不退転の覚悟で臨む所存です」「不退転の覚悟をもってチームの再建に取り組みました」「不退転の覚悟で臨む彼女のことは信用してもいいと思います」などがあります。

「不退転の覚悟」は、信念を持ち何事にも屈しないことを意味する「不退転」に、危険なことや困難なことを予想してそれを受けとめる心構えをすることを意味する「覚悟」が合わさり、前もって厳しい困難な事態を予測して強く心を決めることの意味で使われている言葉です。

つまり、「不退転の覚悟」は「覚悟」がさらに強調された言葉で、これから困難ことに立ち向かうという強い決意表明として使われている言葉です。

また、「不退転の覚悟」はこれから困難ことに挑むというニュアンスで、ビジネスシーンにおいても使うことができます。

「不退転の覚悟」の類語

「不退転の覚悟」の類語・類義語としては、覚悟を決めることを意味する「腹をくくる」、強い意志を持ち何事にも屈しないことを意味する「不退転の意志」などがあります。

「不退転の決意」の例文

1.彼は日本をワールドカップ優勝へ導くと、不退転の決意で宣言しました。
2.彼女が何度挫折しそうになっても医学部試験に合格したのは、不退転の決意があったからだと思います。
3.下位で低迷するチームを改革するために、不退転の決意で人員整理を行うことにしました。
4.プロ野球選手になることを不退転の決意で口にしたのだから、こんなことで諦めてはいけません。
5.彼は世界戦の記者会見で、不退転の決意で試合に臨むことを表明しました。
6.今度の取引先は一筋縄ではいかない相手だから、担当者諸君には不退転の決意で交渉にあたってほしい。
7.彼は人生の困難に直面しても、不退転の決意を持って前進し続けました。その結果成功を収めることが出来ました。
8.経済的な苦境にある企業は、不退転の決意で再建を図るべきなのに、幹部を中心に保身に走るものばかりだ。
9.彼女は歌手になる夢を叶えるために、大学を中退するなど、不退転の決意で一歩ずつ進んでいます。
10.彼が解任クーデターを成功させたのは、絶対に会長を追い出すという不退転の決意があったからである。

この言葉がよく使われる場面としては、自分の意志を強くはっきりと決めることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「不退転の決意」は、ビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「不退転の覚悟」の例文

1.彼女の不退転の覚悟を見せつけられ、それ以上は何も言うことができませんでした。
2.彼は大リーグでプレーするために不退転の覚悟で精進しました。その結果アジア人初のホームラン王に輝きました。
3.不退転の覚悟を持って企業することにしました。絶対に成功させてみせます。
4.不退転の覚悟を持って修行に励み、立派な人間になって戻ってこようと思います。
5.日本の未来を変えていくために、不退転の覚悟で選挙へ立候補しました。
6.専業主婦の私が幼い子供を連れて離婚したのだ。今回の再就職は不退転の覚悟で挑んでいる。
7.不退転の覚悟を持って、地元の貧困層支援のためのボランティア活動に取り組みます。少しでも多くの人々の生活を改善する手助けをしたいと思います。
8.私たちは不退転の覚悟で、人権問題に取り組むNGOを立ち上げます。差別や不正をなくし、社会の公正を追求するために闘います。
9.私自身が不退転の覚悟を示さなければ、周りも生半可な気持ちでやっているのではと誤解されてしまうだろう。
10.私たちは不退転の覚悟を持って、環境問題に立ち向かうための新しい取り組みを始めます。私たちの地球を守るために全力を尽くします。

この言葉がよく使われる場面としては、前もって厳しい困難な事態を予測して強く心を決めることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「不退転の覚悟」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「不退転の決意」と「不退転の覚悟」はどちらも信念を持って強く心に決めることを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、自分の意志をはっきりと決めることを表現したい時は「不退転の決意」を、前もって厳しい困難な事態を予測して強く心を決めることを表現したい時は「不退転の覚悟」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター