今日の買取件数:20件/今月の買取件数:500件/累計買取件数:7,510件

【断つ】と【絶つ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「たつ」という読み方の「断つ」と「絶つ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「断つ」と「絶つ」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「断つ」と「絶つ」の違い

「断つ」と「絶つ」の意味の違い

「断つ」と「絶つ」の違いを分かりやすく言うと、「断つ」とは続いていたものを一時的に終わらせること、「絶つ」とは続いていたもの半永久的に終わらせることという違いです。

「断つ」と「絶つ」の使い方の違い

一つ目の「断つ」を使った分かりやすい例としては、「お手玉型紙を参考に布を断つ」「腸を断つつもりで別れを告げる」「この作品を最後に筆を断つことした」「隣国と国交を断つことにした」「鎖をばらばらに断つ」などがあります。

二つ目の「絶つ」を使った分かりやすい例としては、「訪れる人が跡を絶たない」「汚職の根を絶つ」「彼女が消息を絶ってから随分と長い時間が経過した」「娘との縁を絶つ」「彼との関係を絶つことにしました」などがあります。

「断つ」と「絶つ」の使い分け方

「断つ」と「絶つ」はどちらも物事や関係を終わらせる場合に使う言葉ですが、大きな違いが二つあります。

一つ目は、「断つ」は一時的に終わらせる場合に使い、「絶つ」は半永久的に終わらせる場合に使うということです。例えば「彼との連絡を断つ」とすると、一時的に彼と連絡するのは辞めるという意味になりますが、「彼との連絡を絶つ」とするともう彼と連絡を取ることはないという意味になります。

二つ目は、「絶つ」は形のないものに対して使うのが一般的ですが、「断つ」は形のあるものに対しても使うことがあるという点です。例えば「鎖を絶つ」や「糸を絶つ」などは使いませんが、「鎖を断つ」や「糸を断つ」などは使うことができます。

「断つ」と「絶つ」の英語表記の違い

「断つ」を英語にすると「cut」「cut off」「give up」「sever」「abstain from」となり、例えば上記の「鎖をばらばらに断つ」を英語にすると「cut a chain in pieces」となります。

一方、「絶つ」を英語にすると「break off」「sever」「break up」「give up」となり、例えば上記の「彼との関係を絶つことにしました」を英語にすると「I decided to break off my relationship with him」となります。

「断つ」の意味

「断つ」とは

「断つ」とは、繋がっているものを切り離すことを意味しています。その他にも、道などを遮って通れなくすることや続いていたのものを一時的に終わらせることの意味も持っています。

表現方法は「退路を断つ」「連絡を断つ」「酒を断つ」

「退路を断つ」「連絡を断つ」「酒を断つ」などが、断つを使った一般的な言い回しです。

「断つ」の使い方

「鎖を断って逃がしてあげることにした」「雑草の根を断つことにしました」「友人との連絡を断つ」などの文中で使われている「断つ」は、「繋がっているものを切り離すことや続いていたのものを一時的に終わらせること」の意味で使われています。

一方、「相手をこの場が逃げれなくするために退路を断つ」「戦争を有利に運ぶために補給路を断つ」などの文中で使われている「断つ」は、「道などを遮って通れなくすること」の意味で使われています。

「断つ」は複数の意味を持つ言葉ですが、どの意味でも使われています。繋がっているものを切り離すことの意味で使う場合は、「鎖を断つ」や「雑草の根を断つ」など、物理的なものを切り離す場合に使うと覚えておきましょう。

また、物事や関係をを終わらせることの意味で「断つ」を使う場合は、半永久的ではなく、一時的に終わらせる場合に使います。

「断つ」の類語

「断つ」の類語・類義語としては、流れを遮って止めることを意味する「遮断」、物事を途中で辞めることを意味する「打ち切る」、前に立って行く手を遮ることを意味する「立塞がる」、区切りをつけて終わりにすることを意味する「切り上げる」などがあります。

「絶つ」の意味

「絶つ」とは

「絶つ」とは、続いていたものを半永久的に終わらせることを意味しています。その他にも、縁を切ることの意味も持っています。

「絶つ」の使い方

「今日の試合で負けたことにより優勝の希望が絶たれる」「彼は自ら命を絶ちました」「負の連鎖を絶つ」などの文中で使われている「絶つ」は、「続いていたものを半永久的に終わらせること」の意味で使われています。

一方、「隣国との国交を絶つことにしました」「連絡を絶ってから1週間が経過した」「南極へ行った彼が消息を絶つ」「突然連絡を絶つ男性の心理を知りたい」などの文中で使われている「絶つ」は、「縁を切ること」の意味で使われています。

表現方法は「命を絶つ」「消息を絶つ」「連絡を絶つ」

「絶つ」は「命を絶つ」や「消息を絶つ」「連絡を絶つ」など、形のないものに対して使うのが一般的です。また、続いてたいるものを一時的に終わらせるのではなく、半永久的に終わらせる場合に使うと覚えておきましょう。

「絶つ」の類語

「絶つ」の類語・類義語としては、中途で辞めることを意味する「中止」、予定していたことを辞めることを意味する「取り止める」、動いていたものが途中で止まることを意味する「停止」などがあります。

「断つ」の例文

1.ダイエットを始めたので、ケーキなどの甘いものを断つことにしました。
2.酔っ払って人に迷惑かけてばかりいるので、お酒を断つ決心する。
3.お互いに愛し合っていたけど、相手が結婚しているので連絡を断つことにします。
4.完全に退路を断たれ逃げ場がないと分かったので、戦う決心をしました。
5.動けなくてとても可哀想だったので、縄を断つことにしました。
6.営業部だけではなく他部署へも広がってしまっていた大問題を、彼は快刀乱麻を断つようにスムーズに処理してみせた。
7.職場の人間関係が原因で鬱になった私は、仕事関連の全ての人と連絡を断ち住む所も変え治療に専念した結果、少しずつ回復の兆しが見えて来た。
8.職人になるためにすべての退路を断ち、師匠に弟子入りの志願したが、三度頼み込んでようやくそれが叶った。
9.わたしは毎日をダラダラ過ごしたりする悪習慣を断つために、何かあたらしくスポーツでも始めてみようかと思い立った。
10.人間関係で悩んでいたわたしに先輩は前に進むためには過去を断つしかないと的確なアドバイスをしてくれた。

この言葉がよく使われる場面としては、繋がっているものを切り離すことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、道などを遮って通れなくすることや続いていたのものを一時的に終わらせることを表現したい時にも使います。

例文1から例文3は続いていたのものを一時的に終わらせることの意味で使っています。また、例文4は道などを遮って通れなくすることの意味で使っており、例文5は、繋がっているものを切り離すことの意味で使っています。

「絶つ」の例文

1.新型コロナウイルスの流行を絶つことに成功しました。
2.小さい頃からの夢だった警察官になることができたので、犯罪の根を絶つ努力をする。
3.生きていればきっと良いことがあるので、自ら命を絶つことは絶対にしないようにしよう。
4.彼が消息を絶って5日経過したが、何か事件に巻き込まれたのだろうか。
5.不倫していることが妻に気付かれ始めたので、彼女との関係を絶つことにしました。
6.お皿に置いてあったお菓子が消えるという事件があとを絶たないので、犯人は意外と身近にいるのかもしれない。
7.先発の登山隊が消息を絶ってからはや2日が経ち、この吹雪では無事に帰ってくる可能性はゼロに近いだろうと全員が落胆している。
8.友人が突然失踪し、すでに連絡を絶ったまま数日が経ったが、一向に手がかりがつかめず、警察に相談することにした。
9.応援しているサッカーチームが今日の試合に負けてしまったことで、J1昇格の希望が絶たれてしまい、私は心底落胆した。
10.息子は学校でいじめにあったことで人間不信になり、あらゆる人とのコミュニケーションを絶ってしまったのだ。

この言葉がよく使われる場面としては、続いていたものを半永久的終わらせることを表現したい時などが挙げられます。その他にも、縁を切ることを表現したい時にも使います。

例文1から例文3は、続いていたものを半永久的終わらせることに意味で使っており、例文4と例文5は縁を切ることの意味で使っています。

「断つ」と「絶つ」という言葉は、どちらも物事を終わらせることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、物事を一時的に終わらせることを表現したい時は「断つ」を、物事を半永久的に終わらせること表現したい時は「絶つ」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター