今日の買取件数:20件/今月の買取件数:480件/累計買取件数:9,801件

【嗜虐心】と【加虐心】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「嗜虐心」(読み方:しぎゃくしん)と「加虐心」(読み方:かぎゃくしん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「嗜虐心」と「加虐心」という言葉は、どちらも他人に苦痛を与えたい心理を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




嗜虐心と加虐心の違い

嗜虐心と加虐心の意味の違い

嗜虐心と加虐心の違いを分かりやすく言うと、嗜虐心とは人や動物に苦痛を与えることを好む心理、加虐心とは人に苦痛を与えたい心理という違いです。

嗜虐心と加虐心の使い方の違い

一つ目の嗜虐心を使った分かりやすい例としては、「潜在的に嗜虐心を持つ人は多いものだ」「容疑者は嗜虐心が強く、動物虐待を楽しんでいた」「周囲の者の嗜虐心を煽る人がいる」などがあります。

二つ目の加虐心を使った分かりやすい例としては、「泣きそうな顔に加虐心を煽られる」「自分の加虐心を満たすため彼女をいじめてしまう」「私の言動に彼の加虐心がくすぐられるようだ」などあります。

嗜虐心と加虐心の使い分け方

嗜虐心と加虐心という言葉は、どちらも虐めたり苦痛を与えたい心理を表す言葉ですが、意味は微妙に異なります。嗜虐心とは人や動物に苦痛を与えることを好む嗜好を意味し、加虐心とは人を虐めたり苦しめたい心理を意味します。

つまり、嗜虐心とは人だけでなく動物に対する苦痛にも使える言葉であり、加虐心とは人に対する苦痛のみに使える言葉です。また、嗜虐心はあくまで嗜好であり間接的な表現です。嗜虐心と加虐心を比べると、加虐心の方が直接的で悪質なイメージのある言葉だと言えるでしょう。

嗜虐心と加虐心の英語表記の違い

嗜虐心も加虐心も英語にすると「sadistic feelings」「causing pain desires」となり、例えば上記の「嗜虐心を持つ」を英語にすると「have a sadistic feelings」となります。

嗜虐心の意味

嗜虐心とは

嗜虐心とは、人や動物に対して苦痛を与えることを好む心理を意味しています。

表現方法は「嗜虐心を満たす」「嗜虐心が煽られる」「嗜虐心がこみ上げてくる」

「嗜虐心を満たす」「嗜虐心が煽られる」「嗜虐心がこみ上げてくる」などが、嗜虐心を使った一般的な言い回しです。

嗜虐心の使い方

嗜虐心を使った分かりやすい例としては、「嗜虐心を満たす動画や画像を探す」「子猫を撫でると愛おしさと嗜虐心がこみ上げてくる」「嗜虐心を心理学的に解説してもらう」などがあります。

その他にも、「うるんだ瞳に嗜虐心が煽られる」「嗜虐心を満たすために犯行に及んだ」「彼は嗜虐心が強い人の特徴に当てはまる」「おどおどした表情に嗜虐心が駆り立てられる」「私の態度が彼の嗜虐心に火を付ける」などがあります。

嗜虐心という言葉の「嗜虐」とは、人や動物に対して苦痛を与えることを好むことや、むごたらしい行為を好む性癖を意味します。嗜虐心とは、人や動物を痛めつけたり、虐げたり、残虐なことを好む心理のことです。

嗜虐心は「ドS」と同様に加虐嗜好を軽いノリで表す

嗜虐心の本来の意味は、道徳的に良くない悪質な心理ですが、近年では軽めのニュアンスで使われることもあり、人をからかうのが好き、困っているのが好き、という意味で、漫画やアニメでも使われています。「ドS」と同様に、加虐嗜好があることを軽いノリで表す時にも使われている言葉です。

嗜虐心の対義語

嗜虐心の対義語・反対語としては、相手から精神的または肉体的苦痛を与えられることによって性的満足を得る異常性欲を意味する「マゾヒズム」、かばって守りたいという欲望を意味する「庇護欲」などがあります。

嗜虐心の類語

嗜虐心の類語・類義語としては、相手に苦痛を与えることによって性的満足を得る異常性欲を意味する「サディズム」、残虐なことを好むさまを意味する「嗜虐的」、むごいことをして人を苦しめることを意味する「暴虐」などがあります。

加虐心の意味

加虐心とは

加虐心とは、他人をいじめたり、苦しめたりしたい気持ちを意味しています。

表現方法は「加虐心を煽る」「加虐心を煽られる」「加虐心をくすぐられる」

「加虐心を煽る」「加虐心を煽られる」「加虐心をくすぐられる」などが、加虐心を使った一般的な言い回しです。

加虐心の使い方

加虐心を使った分かりやすい例としては、「猟奇的な映画をみると加虐心を煽られる」「自分も加虐心をくすぐられる瞬間がある」「なぜ加虐心という感情があるのか興味がある」「私はいじられキャラで加虐心を煽る性格なのかも」などがあります。

その他にも、「彼にとっては恋愛感情と加虐心は表裏一体らしい」「加虐心を抑える方法が知りたい」「加虐心が生まれる理由を心理学の先生に聞いてみた」「加虐心が強い人の特徴を知って対処したい」などがあります。

加虐心という言葉の「加虐」とは、むごい仕打ちを加えることや、いじめ苦しめることを意味します。加虐心とは、他人をいじめたり苦しめたりしたいという感情のことです。よって、加虐心が強い人とは、人を傷つけたり、追い詰めて苦しめたいという欲求が心の中に存在することになります。

「加虐症」の意味

加虐という言葉を用いた日本語には「加虐症」があります。加虐性愛あるいは加虐嗜愛のことで,性愛の相手に苦痛を与えることによって性的快感を充足することを意味します。「サディズム」「嗜虐症」とも言います。対になる言葉には「被虐症」「マゾヒズム」があります。

加虐心の対義語

加虐心の対義語・反対語としては、残虐な取り扱いを受けることや虐められることを意味する「被虐」、自分で自分をいじめ苦しめることを意味する「自虐」などがあります。

加虐心の類語

加虐心の類語・類義語としては、、人や生き物に対してする行為のむごたらしいことを意味する「残虐」、弱い立場の者などを追い詰めて苦しめることを意味する「迫害」、むごい扱いをすることを意味する「虐待」などがあります。

嗜虐心の例文

1.私は嗜虐心が強い女王様タイプで、困った顔をしながらも何でも言うことを聞いてくれる彼を愛している。
2.意外にも自分には、泣き顔が超絶カワイイ嗜虐心を煽るキャラクターを描く才能があった。
3.残虐なことを好む嗜虐心について、心理学の観点から話を聞く機会があった。
4.サディスティックな映画を観たり、猟奇的な小説を読んで、嗜虐心を満たす人もいるのだと思う。
5.イタズラされて嫌がる顔を見ると嬉しくなってしまう、これが嗜虐心をくすぐると言うのか。
6.幼い子どもが虫を潰したり、捕まえて何か実験まがいの事をするのは、嗜虐心と言うより好奇心や探究心に近いのではないだろうか。
7.なんでもかんでも真面目一徹な新人社員に、上司は嗜虐心をくすぐられてしまい、いじめたりからかったりを繰り返していた。
8.かわいいからいじめたくなる心理とは軽はずみなものだと思っていたが、それも嗜虐心の中に入る事を知り考え方を改めた。
9.追い詰められた小動物のような表情をした女を、彼は見逃すことはなく、心の中にある嗜虐心を顕にしてなぶったのだった。
10.幸せな家庭で育った子をみていると、自身の境遇からむちゃくちゃにしてやりたいという嗜虐心が芽生えてしまうのだった。

この言葉がよく使われる場面としては、残虐なことをするのを好む心の働きを表現したい時などが挙げられます。

例文2にある「嗜虐心を煽る」とは、嗜虐心を挑発したり調子づかせたりすることを表します。例文4の「嗜虐心をくすぐる」とは、嗜虐心を軽く刺激することを表します。「煽る」と「くすぐる」では、煽るの方が刺激が強い表現です。

加虐心の例文

1.自己防衛として、加虐心が強い人の特徴と対処法の本を読んでみるのも良いと思う。
2.児童虐待について勉強しており、加虐心がなぜ生まれるのか、どうしたら抑制できるのかについてのセミナーを受けることにした。
3.チェックリストで加虐心の高さを診断してみたら、意外と加虐心があるほうでショックだった。
4.加虐心が強い人というのは、プライドが高くて他人からの承認欲求強い傾向がある。
5.恋愛関係においても、男性が自分を優位に感じた時に加虐心をくすぐられることがあるらしい。
6.他者に攻撃的な人に、怯える素振りを見せるとその人の加虐心に油を注ぐことになるので、毅然とした態度で相対することにしている。
7.言うことを聞かない子供にうんざりしていた母親はいつしか、自身の子供に対しての加虐心を抑えれなくなり、日々虐待を行うようになった。
8.加虐心が高い人は、一般的にはドSなどといわれるが、それらは性別に問わず芽生えるものであって、かつ先天か後天かも問わないものでもある。
9.上司は女性なのだが、会社内の男社会を生き抜いてきただけあってプライドが高く加虐心が見え隠れするのでわたしは苦手だった。
10.大学の女の先輩が言うには、男の後輩と話していると加虐心をくすぐられるらしく、なんかいじめたくなってしまうそうだ。

この言葉がよく使われる場面としては、他の人に苦痛や辱めを与えたい気持ちを表現したい時などが挙げられます。

例文2にあるように、ある感情が生じることを「生まれる」と表現します。「込み上げる」「湧きおこる」などと言い換えることがあできます。例文3にある「加虐心の高さ」とは、加虐心を持つ度合いを意味します。

嗜虐心と加虐心という言葉は、どちらも他人に苦痛を与えたい心理を意味します。どちらの言葉を使うか迷った場合、人や動物に苦痛を与えることを好むことを表現したい時は「嗜虐心」を、他の人に苦痛や辱めを与えたい気持ちを表現したい時は「加虐心」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター