今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:8,230件

【恐れ入りますが】と【申し訳ありませんが】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「恐れ入りますが」(読み方:恐れ入りますが)と「申し訳ありませんが」(読み方:もうしわけありませんが)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」という言葉は、どちらも、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の違い

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の意味の違い

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の違いを分かりやすく言うと、「恐れ入りますが」とは他人の行為に対して使う、「申し訳ありませんが」とは自分の行為に対して使うという違いです。

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の使い方の違い

一つ目の「恐れ入りますが」を使った分かりやすい例としては、「恐れ入りますがこちらに署名をお願いいたします」「恐れ入りますが今お時間よろしいでしょうか」「恐れ入りますが送付した資料をご確認していただけますか」「恐れ入りますがこちらの資料を修正していただけますか」などがあります。

二つ目の「申し訳ありませんが」を使った分かりやすい例としては、「申し訳ありませんがその日は予定が入っており伺うことができません」「申し訳ありませんがご連絡先をお伺いしてもよろしいでしょうか」などがあります。

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の使い分け方

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」はどちらも、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことを意味していますが、違いが二つあります。

一つ目はその行為の主体が他人であるか自分であるかです。その行為の主体が他人である場合は「恐れ入りますが」を、その行為の主体が自分である場合は「申し訳ありませんが」を使うと覚えておきましょう。

二つ目は相手に対して謝罪の気持ちがあるか、ないかです。自分に非があったり、自分の都合で相手に迷惑かけた場合は「申し訳ありませんが」を使い、反対に自分に非がない場合は「恐れ入りますが」を使うようにしましょう。

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」はどちらもクッション言葉になります。

クッション言葉とは「大変恐れ入りますが」「大変申し訳ございませんが」「大変ありがたいお話なのですが」「不本意ではございますが」などのように、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことです。

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」の英語表記の違い

「恐れ入りますが」も「申し訳ありませんが」も英語にすると「could you」「would you be so kind as to」「I would appreciate」となり、例えば上記の「恐れ入りますがこちらの資料を修正していただけますか」を英語にすると「Would you be so kind as to revise this material」となります。

「恐れ入りますが」の意味

「恐れ入りますが」とは

「恐れ入りますが」とは、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことを意味しています。

「恐れ入りますが」の使い方

「恐れ入りますが」を使った分かりやすい例としては、「恐れ入りますがお名前を伺ってもてもよろしいでしょうか」「恐れ入りますがご起立お願いいたします」「お忙しいところ恐れ入りますがご確認のほどよろしくお願いいたします」などがあります。

「恐れりますが」は 相手に失礼したり迷惑をかけたりしたことに対して申し訳なく思うことや相手の好意などに対してありがたいと思うことを意味する「恐れ入る」に接続詞の「が」が合わさり、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことの意味で使われている言葉です。

「恐れ入りますが」の目上の上司に使える敬語

「恐れ入りますが」は敬語なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

また、「恐れ入りますが」を使う注意点として、謝罪の意味はないと覚えておきましょう。

表現方法は「お忙しいところ恐れ入りますが」「誠に恐れ入りますが」

「お忙しいところ恐れ入りますが」「誠に恐れ入りますが」「恐れ入りますが何卒よろしくお願いいたします」などが、「恐れ入りますが」を使った一般的な言い回しになります。

「恐れ入りますが」の類語

「恐れ入りますが」の類語・類義語としては、相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うことを意味する「恐縮ですが」、他人のために殊更にかける手間のことを意味する「お手数ですが」などがあります。

「申し訳ありませんが」の意味

「申し訳ありませんが」とは

「申し訳ありませんが」とは、弁解や言い訳のしようがないことを意味しています。その他にも、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことの意味も持っています。

「申し訳ありませんが」の使い方

「申し訳ありませんが」を使った分かりやすい例としては、「申し訳ありませんがもう一度ご連絡先を頂戴いただけますか」「申し訳ありませんがその日は伺うことができません」「お急ぎの所申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください」などがあります。

「申し訳ありませんが」は弁解や言い訳のことを意味する「申し訳」に「ない」を丁寧にした言葉の「ありません」と接続詞である「が」合わせることにより、弁解や言い訳のしようがないことの意味で使われている敬語で、主に謝罪の言葉として使われています。

「申し訳ありませんが」の目上の上司に使える敬語

「申し訳ありませんが」は敬語なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。また反対に、友人や家族などの親しい間柄の場合は「すみませんが」を使うのが一般的でしょう。

表現方法は「誠に申し訳ありませんが」「大変申し訳ありませんが」

「誠に申し訳ありませんが」「大変申し訳ありませんが」「申し訳ありませんがよろしくお願いします」などが、「申し訳ありませんが」を使った一般的な言い回しになります。

「申し訳ありませんが」の類語

「申し訳ありませんが」の類語・類義語としては、他人に迷惑をかけて申し訳なく思うことを意味する「お気の毒ですが」、期待や目的にそぐわないことを意味する「生憎ですが」(読み方:あいにくですが)などがあります。

「恐れ入りますが」の例文

1.恐れ入りますが、お戻りになりましたら折り返しお電話いただけないでしょうか。
2.お忙しいところ恐れ入りますが、明日までにこちらの書類の確認をお願いできますでしょうか。
3.恐れ入りますがこちらでのお煙草はご遠慮いただいてます。あちらの喫煙室をご利用ください。
4.お忙しいところ大変恐れ入りますが、一度弊社に足を運んでいただくことは可能でしょうか。
5.私ごとで恐れ入りますが、娘の結婚式がありまして、来週の金曜日にお休みを頂けないでしょうか。

この言葉がよく使われる場面としては、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のようにビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「申し訳ありませんが」の例文

1.申し訳ありませんが、ご注文の商品は現在製造中止となっております。
2.急なお願いで大変申し訳ありませんが、明日私の代わりに出勤できないでしょうか。
3.せっかくのご厚情に背き誠に申し訳ありませんが、今回のご契約のお話はなかったことにさせていただきます。
4.大変申し訳ありませんが、参加希望者が定員数に達したため、応募を打ち切らせていただきます。
5.申し訳ありませんが、お名前とご連絡先を伺ってもよろしいでしょうか。

この言葉がよく使われる場面としては、弁解や言い訳のしようがないことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことを表現したい時にも使います。

上記の例文のようにビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「恐れ入りますが」と「申し訳ありませんが」という言葉は、どちらも、ものを頼んだり尋ねたりする時などの挨拶のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、他人の行為に対して使う時は「恐れ入りますが」を、自分の行為に対して使う時は「申し訳ありませんが」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター