【貶す】と【貶める】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:19件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:2,439件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

似た意味を持つ「貶す」(読み方:けなす)と「貶める」(読み方:おとしめる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「貶す」と「貶める」という言葉は、どちらも相手を悪く言うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



「貶す」と「貶める」の違い

「貶す」と「貶める」の意味の違い

「貶す」と「貶める」の違いを分かりやすく言うと、「貶す」とは相手の悪口を言うこと、「貶める」とは相手の地位を低下させることという違いです。

「貶す」と「貶める」の使い方の違い

一つ目の「貶す」を使った分かりやすい例としては、「彼女はすぐ人を貶す」「自分を貶すのは辞めた方が良い」「他人を貶す人とは友達になりたくない」「部下を貶す上司は信用してはいけない」「彼のことを貶す」などがあります。

二つ目の「貶める」を使った分かりやすい例としては、「弊社を意図的に貶めるような発言は辞めてください」「他人貶める女性とは仲良くできない」「虚偽の申告で他人を貶めることは犯罪です」「彼は人を貶める」などがあります。

「貶す」と「貶める」の使い分け方

「貶す」と「貶める」は非常に似た意味を言葉になります。違いを挙げるならば、「貶す」は相手の悪口を言う場合や、悪い点を取り上げてさらに非難するなど、言葉で相手を責め立てる場合に使います。

もう一方の「貶める」は、相手を見下したり、様々な手段を用いて相手の社会的地位を低下させる場合に使います。

「貶す」と「貶める」の読み方の違い

「貶す」と「貶める」は同じ漢字を使っているものの、読み方が全く違うのでそこは注意するようにしましょう。

「貶す」の読み方は「けなす」で、「貶める」の読み方は「おとしめる」です。

「貶す」と「貶める」の英語表記の違い

「貶す」を英語にすると「disparage」「disrespect」「speak ill」となり、例えば上記の「彼のことを貶す」を英語にすると「speak ill of him」となります。

一方、「貶める」を英語にすると「look down on」「disrespect」となり、例えば上記の「彼は人を貶める」を英語にすると「He look down on the person」となります。

「貶す」の意味

「貶す」とは

「貶す」とは、相手の悪口を言うことを意味しています。

表現方法は「貶す人」「自分を貶す」「人を貶す言葉」

「貶す人」「自分を貶す」「人を貶す言葉」などが、貶すを使った一般的な表現方法です。

「貶す」の使い方

「貶す」を使った分かりやすい例としては、「他人を貶す人と一緒にいるのは疲れる」「恋人関係なのに彼がいつも貶してくる」「貶す言葉を言われるとやる気が無くなる」「他社の作品を貶すことは悪いことだ」「他人を貶すことで自分の不安感を紛らわす」などがあります。

「貶す」は、相手の悪口言う場合や、悪い点を取り上げてさらに非難するなど、言葉で相手を責め立てる場合に使う言葉です。そのため、マイナスなイメージでしか使うことはありません。

また、ビジネスシーンと日常生活の両方で使う言葉になります。ビジネスシーンで部下を貶す場合は、パワハラで訴えられる可能性もあるので他人を貶さないようにしましょう。

「貶す」の対義語

「貶す」の対義語・反対語としては、人のしたことを優れていると評価してそれを言うことを意味する「褒める」があります。

「貶す」の類語

「貶す」の類語・類義語としては、欠点のことをさらに取り上げて悪く言うことを意味する「腐す」、欠点などをわざと指摘して酷く貶すことを意味する「扱き下ろす」、他人を悪く言うことを意味する「謗る」(読み方:そしる)などがあります。

「貶める」の意味

「貶める」とは

「貶める」とは、相手を見下すことを意味しています。その他にも、他人を下落させるという意味も持っています。

表現方法は「自分を貶める」「相手を貶める」「他人を貶める」

「自分を貶める」「相手を貶める」「他人を貶める」などが、貶めるを使った一般的な表現方法です。

「貶める」の使い方

「貶める」を使った分かりやすい例としては、「他人を貶める発言をするのは辞めよう」「何故彼らは他国を貶めようとするのか」「人を貶めるといつか自分に返ってくる」「彼はすぐ貶めることを言います」などがあります。

「貶める」は二つの意味を持つ言葉です。一つ目の意味は、相手を見下したり、劣ったものとして軽蔑している場合に使います。二つ目の意味は、様々な手段を用いて相手の社会的地位を低下させる場合に使います。

どちらの意味でもマイナスのイメージでしか使わない言葉です。また、ビジネスシーンと日常生活の両方で使うことができます。

「貶める」という言葉は、テレビの報道や新聞などで使われています。特に、「意図的に貶める発言は辞めてください」というフレーズは見かけたこともある人も多いでしょう。

「貶める」の類語

「貶める」の類語・類義語としては、馬鹿にして悪く言ったり笑ったりすることを意味する「嘲る」、相手を馬鹿にしてみることを意味する「見下す」、人を軽くみて馬鹿にすることを意味する「侮る」、劣っているとして軽蔑すること意味する「見下げる」などがあります。

「貶める」の貶の字を使った別の言葉としては、蔑んで言う言葉を意味する「貶め言」(読み方:おとしめごと)、人を悪く言うことを意味する「貶する」(読み方:へんする)、官位を下げて退けることを意味する「貶斥」(読み方:へんせき)などがあります。

「貶す」の例文

1.自分に自信がない人は自分を貶すことが多いが、それは辞めた方がいいだろう。
2.他人をすぐ貶す人とは、仲良くなれないだろう。
3.彼はすぐ他人の作品を貶すことで有名です。
4.今勤務している所の雇い主は、褒めることよりも貶すことが多いので、契約期間が終わったら退職しよう。
5.すぐ部下を貶す上司は器がとても小さい。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の悪口を言うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、相手の悪口を言う場合や、悪い点を取り上げてさらに非難するなど、言葉で相手を責め立てる場合に使うためマイナスのイメージでしか使いません。

「貶める」の例文

1.私のことを意図的に貶める発言は辞めていただきたい。
2.彼が行った行動は社名を貶める可能性があるため、きつく注意した。
3.他社の事業を妨害したり貶めるような広告を作ってはいけない。
4.他人を貶めるような人とは、仲良く酒を飲むことはできないだろう。
5.これ以上私達を貶めるような発言をするのは辞めてください。

この言葉がよく使われる場面としては、相手を見下すことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、相手を下落させることを表現したい時にも使います

上記の例文のように相手を見下したり、様々な手段を用いて社会的地位を低下させる場合に使う言葉なため、マイナスなイメージでしか使いません。

「貶す」と「貶める」どちらを使うか迷った場合は、相手を言葉非難する場合は「貶す」を、様々な手段を使って社会的地位を低下させる場合は「貶める」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター