今日の買取件数:20件/今月の買取件数:540件/累計買取件数:10,481件

【始めまして】と【初めまして】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「はじめして」という読み方の「始めまして」と「初めまして」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「始めまして」と「初めまして」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「始めまして」と「初めまして」の違い

「始めまして」と「初めまして」の意味の違い

「始めまして」と「初めまして」の違いを分かりやすく言うと、「始めまして」とは昔は使われていた言葉、「初めまして」とは現在使われている言葉という違いです。

「始めまして」と「初めまして」の使い方の違い

一つ目の「始めまして」を使った分かりやすい例としては、「始めましてよろしくお願いします」「始めましてと頭を下げて挨拶をする」「始めまして田中と申します」などがあります。

二つ目の「初めまして」を使った分かりやすい例としては、「初めましてと挨拶をする」「彼とお互いに初めまして握手をかわす」「初めまして上杉と申します」「初めまして私はジョンです」などがあります。

「始めまして」と「初めまして」の使い分け方

「始めまして」と「初めまして」はどちらも初対面の人に言う挨拶のことを意味する言葉です。結論から言ってしまうと、どちらも辞書に載っている正しい日本語になります。

「始めまして」と「初めまして」の違いをあえて挙げるならば、「始めまして」は現代ではあまり使われておらず、「初めまして」は現代で使われている主流な言い回しというのが違いです。

「始めまして」と「初めまして」で迷ったら平仮名で

ただし、どちらも正しい日本語なので好きな方を使って問題ありません。もし、どちらの漢字か迷って決まらない場合は、平仮名で「はじめまして」と書くのもいいでしょう。

「始めまして」と「初めまして」の英語表記の違い

「始めまして」も「初めまして」も英語にすると「nice to meet you」となり、例えば上記の「初めまして私はジョンです」を英語にすると「my name is john, Nice to meet you」となります。

「始めまして」の意味

「始めまして」とは

「始めまして」とは、初対面の人に言う挨拶のことを意味しています。

表現方法は「始めましてよろしくお願いします」「始めましてこんにちは」

「始めましてよろしくお願いします」「始めましてこんにちは」などが、「始めまして」を使った一般的な言い回しになります。

「始めまして」の使い方

「始めまして」を使った分かりやすい例としては、「改めて始めまして高橋と申します」「どうも始めましてもしくはお久しぶりです」「始めましての方々はこれを機会によろしくお願いします」などがあります。

「始めまして」は初対面の人に言う挨拶のことを意味しており、辞書にも載っている正しい日本語ですが、現代ではあまり使われなくなっています。また現代では、「初めまして」や平仮名で「はじめまして」を使うのが一般的です。

「始めまして」の類語

「始めまして」の類語・類義語としては、それまで会ったことのない人と初めて顔を会わせることを意味する「初対面」があります。

「始めまして」の始の字を使った別の言葉としては、 動き始めるを意味する「始動」、物事が行っていない状態から行う状態になることを意味する「始まる」、 物事の起こりのことを意味する「始まり」などがあります。

「初めまして」の意味

「初めまして」とは

「初めまして」とは、初対面の人に言う挨拶のことを意味しています。

表現方法は「初めましてよろしくお願いします」「初めましてこんにちは」

「初めましてよろしくお願いします」「初めましてこんにちは」などが、「初めまして」を使った一般的な言い回しになります。

「初めまして」を使った分かりやすい例としては、「初めましてよろしくお願いします」「初めましてお目にかかりますと丁寧に挨拶をしました」「どうも初めましてこんにちは」「初めましてと挨拶をして頭を下げる」などがあります。

「初めまして」は初対面の人に言う挨拶のことを意味する言葉で、広く一般的に使われています。そのため、日常生活やビジネスシーンなど様々な場面で使うことができる言葉です。

「初めまして」の類語

「初めまして」の類語・類義語としては、初めてあった人に使う挨拶のことを意味する「お初にお目にかかります」、初めて会うことを意味する「初見」、ある人と初めて顔を合わせることを意味する「初会」などがあります。

「初めまして」の初の字を使った別の言葉としては、今までに経験していない事が起こることを意味する「初めて」、初めての結婚のことを意味する「初婚」、ある物事の初めの時期のことを意味する「初期」などがあります。

「始めまして」の例文

1.女性の方から始めましてと挨拶をされたが、実はあなたと会うのは2回目です。
2.始めましての方も、お久しぶりの方もこの本をお手にとってくださってありがとうございます。
3.私は新人なので、始めましてよろしくお願いしますと元気よく挨拶をする。
4.始めましてと言われて気付いたのだが、彼とは初対面なのである。いつもチャットで話しているので初対面の気がしませんでした。
5.始めましてと私に挨拶した女性は、学生のような容姿でとても若かった。

この言葉がよく使われる場面としては、初対面の人に言う挨拶のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「始めまして」は様々な場面で使うことができます。

「初めまして」の例文

1.パーティー会場で男性から初めましてと挨拶をされたが、実はあなたと会うのは3回目です。
2.皆さん初めまして、人手で不足ということで捜査協力に参りました。
3.初めまして、本日からこちらの部署にお世話になる〇〇と申します。
4.読者の皆様初めまして、この度デビューさせてていただいた〇〇と申します。
5.以前お会いしたかはっきりと思い出せないので、初めましてと丁寧に挨拶をしました。

この言葉がよく使われる場面としては、初対面の人に言う挨拶のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「初めまして」は様々な場面で使うことができます。

「始めまして」と「初めまして」という言葉は、どちらも初対面の人に言う挨拶のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、どちらを使っても問題ないと覚えておきましょう。また、平仮名で「はじめまして」と書くことも可能です。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター