今日の買取件数:20件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:28,206件

【メーキャップ】と【メイクアップ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「メーキャップ」と「メイクアップ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「メーキャップ」と「メイクアップ」という言葉は、「化粧をすること」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




メーキャップとメイクアップの違い

メーキャップとメイクアップの意味の違い

メーキャップとメイクアップの違いを分かりやすく言うと、メーキャップの方がメイクアップよりも一般的であるという違いです。

メーキャップとメイクアップの使い方の違い

一つ目のメーキャップを使った分かりやすい例としては、「将来はメーキャップアーティストになりたいと思っている」「メーキャップ効果だけで目の下のくまなどは隠れきるものだろうか」「メーキャップした彼女を見るのは珍しい」などがあります。

二つ目のメイクアップを使った分かりやすい例としては、「メイクアップ付きの撮影プランでなければ衣装に顔が負けてしまうと思った」「祝い事の一週間前にはメイクアップサロンを予約していたい」「簡単なヘアメイクアップを教えてもらった」などがあります。

メーキャップとメイクアップの使い分け方

メーキャップとメイクアップはどちらも、「化粧をすること」「化粧」「扮装」を意味する言葉であり、意味も使い方にも違いはありません。

メーキャップは、実際の英語発音により近い表現です。一方のメイクアップは、英語表記の「make」と「up」がそれぞれ日本語に近い発音で表記されて組み合わせられた表現であるため、辞書には「メーキャップ」として掲載されています。

また、同じ「make」から派生した「maker」という言葉は、カタカナで「メーカー」と表記されることから、「メーク」と表記するのが放送用語としても正しい表現とされています。

つまり、メーキャップの方がメイクアップよりも一般的に用いられており、より英語の発音に近いという違いがありますが、どちらを使っても間違いではありません。

メーキャップとメイクアップの英語表記の違い

メーキャップもメイクアップを英語にすると「makeup」「make-up」となり、例えば上記の「メーキャップアーティスト」を英語にすると「make-up artist」となります。

メーキャップの意味

メーキャップとは

メーキャップとは、化粧や扮装を意味しています。

メーキャップの使い方

メーキャップを使った分かりやすい例としては、「メーキャップ効果でシミやそばかすが隠れていて満足している」「メーキャップ化粧品を買いにデパートまで出かけることにした」「高校卒業後の自分のメーキャップ知識は皆無に等しかった」などがあります。

その他にも、「女性はメーキャップするのがマナーと言われている」「今日では男性もメーキャップをすることも少なくない」「メーキャップするためには道具が必要だ」「舞台では役にあったメーキャップが求められている」などがあります。

メーキャップは英語で「makeup」「make-up」と表記され、「化粧する」「化粧」といった意味を持つ和製英語です。英語の「make」は動詞ですが、「I make up」の表現で「メイクをする」という意味にはならず、「仲直りする」など別の意味となります。

「メーキャップ効果」の意味

上記例文の「メーキャップ効果」とは、化粧品の成分で肌の印象を変化させて、色を明るく見せたり、小顔に見せたりなどの効果を指す言葉です。メーキャップには、心理的にも良い影響を与える効果があるとも言われています。

メーキャップの対義語

メーキャップの対義語・反対語としては、化粧をしていない状態を意味する「すっぴん」があります。

メーキャップの類語

メーキャップの類語・類義語としては、美しくすることを意味する「美化」、化粧をしたり着飾ることを意味する「おめかし」服装や化粧などを洗練したものにすることを意味する「おしゃれ」などがあります。

メイクアップの意味

メイクアップとは

メイクアップとは、化粧することを意味しています。

メイクアップの使い方

メイクアップを使った分かりやすい例としては、「メイクアップコスメを集めるのが好きだ」「姉の結婚式当日の朝、身支度を整えてメイクアップサロンへと向かった」「メイクアップ製品の中でも肌に優しいものでなければ自分は使えない」などがあります。

その他にも、「友人のヘアアレンジをするのが好きだったため、ヘアメイクアップアーティストになりたい」「メイクではなく、メイクアップとわざわざ言う人は少ない」「フルメイクアップでは十分なケアから行うため長い時間を要する」などがあります。

メイクアップは英語で、メーキャップ同様 「makeup」「make-up」と表記され、 「化粧する」「化粧」といった意味を持つ和製英語です。より日本語の発音に近い表現のため、辞書などには掲載されていませんが、広く使われている表現です。

今日では、メイクアップと言わずに「メイク」と略して使われることが多く、「メイクする」「メイクした」などの表現のように動詞としても使われています。「ヘアメイクアップ」のように、化粧以外にも、美しく飾ることを表すこともあります。

「メイクアップベース」の意味

上記例文の「メイクアップベース」とは、肌の明るさを均一にするためのファンデーションを使用する前に、肌に使用するもので、「化粧下地」とも呼ばれています。肌を整えるためのものであり、その後施すメイクを崩れにくくするというメリットがあります。

メイクアップの対義語

メイクアップの対義語・反対語としては、化粧を落とすことを意味する「メイクオフ」があります。

メイクアップの類語

メイクアップの類語・類義語としては、美しい衣服を着て身を飾ることを意味する「着飾る」、美しく装い飾ることを意味する「粉飾」などがあります。

メーキャップの例文

1.ナチュラルメーキャップにこだわっているわけではないが、顔が濃い自分には塗り込むようなメークは似合わないと思っている。
2.メーキャップアドバイスを受けるために予約制のイベントへと参加することを決めた。
3.自分のメーキャップ技術が上達すればもう少し自分に自信が持てるのだろうかと考えたこともある。
4.恋人が欲しいと言っていたメーキャップ化粧品に類似品が多かったため、間違って購入することを恐れて一緒に買いに行くことにした。
5.メーキャップのリムーバーは肌に優しいながらもしっかりとメークオフができるものを選びたい。

この言葉がよく使われる場面としては、化粧や扮装を意味する時などが挙げられます。

例文1の「ナチュラルメーキャップ」とは、その人が持つ顔のパーツの形や肌を活かすようなメークを指す言葉で、「ナチュラルメイク」「ナチュラルメーク」と呼ばれることがほとんどです。

メイクアップの例文

1.オルチャンメイクは透明感のある肌、少し太めに描かれた眉、しっかりと引かれているアイラインが特徴的なメイクアップ方法だ。
2.メイクアップによって大人びて見えるように感じるが、メイクを落としても大して変わらないと言われた。
3.高校ではメイクアップをしてはいけないと言われていたのに、大学生や社会人になって突然メイクアップ技術が求められるのはおかしい。
4.気に入っているメイクアップブランドがあるため、基本的にはそこの商品を揃えている。
5.動画を見ているとメイクアップゲームの広告がよく流れてくるため、どんなゲームかは知っている。

この言葉がよく使われる場面としては、化粧することを意味する時などが挙げられます。

どの例文のメイクアップも、「メイク」「メーク」と省略して使うことや、「メーキャップ」という言葉に置き換えて使うことができます。

メーキャップとメイクアップは、どちらも「化粧をすること」を表します。どちらを使うか迷った場合は、「メーキャップ」の方が「メイクアップ」よりも一般的であると覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター