今日の買取件数:20件/今月の買取件数:320件/累計買取件数:7,330件

【ご入用】と【ご利用】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご入用」(読み方:ごいりよう)と「ご利用」(読み方:ごりよう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご入用」と「ご利用」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。




「ご入用」と「ご利用」の違い

「ご入用」と「ご利用」の意味の違い

「ご入用」と「ご利用」の違いを分かりやすく言うと、「ご入用」とは必要であること、「ご利用」とは役立つように上手く使うことという違いです。

「ご入用」と「ご利用」の使い方の違い

一つ目の「ご入用」を使った分かりやすい例としては、「何かご入用のものはございますか」「こちらの経費はいくらご入用ですか」「ご入用でしたらすぐにご連絡ください」「切手は何枚ご入用ですか」などがあります。

二つ目の「ご利用」を使った分かりやすい例としては、「いつもご利用いただき大変ありがとうございます」「こちらのサービスは現在ご利用できません」「当店は全てのクレジットカードがご利用いただけます」「あなたはそれをご利用できません」などがあります。

「ご入用」と「ご利用」の使い分け方

「ご入用」と「ご利用」は漢字の成り立ちや発音が似ている言葉ですが、意味が異なっているので間違えないように気をつけましょう。

「ご入用」は必要であることを意味しているのに対して、「ご利用」は役立つように上手く使うことを意味しています。

レシートの「ご入用」と「ご利用」の違い

例えば、「レシートはご入用ですか」とすると「レシートは必要ですか」という意味になりますが、「レシートはご利用ですか」とすると「レシートは使いますか」という意味になります。この場合ですと、前者の「レシートはご入用ですか」の方が適切な言い方になります。

「ご入用」と「ご利用」はとても間違えやすい言葉なので、状況に応じて上手く使えるようにしましょう。

「ご入用」と「ご利用」の英語表記の違い

「ご入用」を英語にすると「need」となり、例えば上記の「切手は何枚ご入用ですか」を英語にすると「How many stamps do you need」となります。

一方、「ご利用」を英語にすると「use」「make use of」「utilize」となり、例えば上記の「あなたはそれをご利用できません」を英語にすると「You cannot use that」となります。

「ご入用」の意味

「ご入用」とは

「ご入用」とは、必要であることを意味しています。

表現方法は「ご入用の際はお申し付けください」「領収書はご入用ですか」

「ご入用の際はお申し付けください」「領収書はご入用ですか」「ご入用でしたら」などが、「ご入用」を使った一般的な言い回しになります。

「ご入用」の使い方

「ご入用」を使った分かりやすい例としては、「何かご入用ですか」「この品物はどのくらいご入用でしょうか」「ご入用の際はこちらまでご用命ください」「ご入用でしたらこちらからお使いください」「ご入用の際は遠慮なく申し付けください」などがあります。

「ご入用」は必要であることや必要な費用のことを意味する「入用」に謙譲語の「ご」を付けた言葉で、相手が何かを必要としていることを敬っていう表現です。

そのため、ビジネスシーンにおいて頻繁に使われている言葉であり、上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

「ご入用」の読み方

「ご入用」は「ごいりよう」だけではなく、「ごにゅうよう」と読むことも可能です。ただし、「ごいりよう」の方を使うのが一般的なため、余程の理由がない限りは「ごいりよう」を使うと覚えておきましょう。

また「ご入用」は送り仮名を入れて、「ご入り用」とすることも可能です。

「ご入用」の類語

「ご入用」の類語・類義語としては、なくてはならないこと意味する「必要」、必ず用いるべきことを意味する「必須」、あることをするのに必要とすることを意味する「所要」などがあります。

「ご利用」の意味

「ご利用」とは

「ご利用」とは、役立つように上手く使うことを意味しています。

表現方法は「ご利用ください」「ご利用になれます」「ご利用ですか」

「ご利用ください」「ご利用になれます」「ご利用ですか」「ご利用される」「ご利用なさる」「ご利用いただき」「ご利用させていただく」などが、「ご利用」を使った一般的な言い回しになります。

「ご利用」の使い方

「ご利用」を使った分かりやすい例としては、「当店ではクレジットカードをご利用いただけません」「またのご利用をお待ちしております」「ご利用になった感想をお聞かせください」「ご利用の上限額は20万円までとなっております」などがあります。

「ご利用」はビジネスで使える敬語

「ご利用」は物の機能や性能を十分に生かして役立つように上手く使うこと、使って役に立たせること、便宜的な手段として使うことを意味する「利用」に謙譲語の「ご」がついた敬語です。

「ご利用」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンなどで目上の人に対しても使うことができます。

「レシートはご利用ですか」「領収書はご利用ですか」は誤り

「ご利用」を使う上で注意しなければならいのは、必要という意味で使わないことです。コンビニや飲食店などでレシートや領収書を必要か尋ねる際に、「レシートはご利用ですか」「領収書はご利用ですか」と使うのは間違った使い方になります。

正しくは必要という意味を持つ「ご入用」を使った「レシートはご入用ですか」「領収書はご入用ですか」になると覚えておきましょう。

「ご利用」の類語

「ご利用」の類語・類義語としては、人や物をを使うことを意味する「ご使用」、そのものの持つ機能を生かして用いることを意味する「運用」、物や人の能力を十分に生かして用いることを意味する「活用」などがあります。

「ご入用」の例文

1.ご入用の際は、お近くのスタッフにお気軽にお申し付けください。
2.何でもご入用のものがありましたら、そう仰ってくださいませ。
3.若い店員さんがこちらに近づいてきて、何かご入用ですかと尋ねてきました。
4.他にご入用のものがございましたら、私どもに何なりとお申し付けくださいませ。
5.店員さんから領収書はご入用ですかと尋ねられたので、いいえ結構ですと答えました。
6.もし何かご入用のものがありましたら、何なりとお申し付けくださいと言われていたが、ちょっとしたことだったので自分で何とかすることにした。
7.切手は何枚ご入用ですかと聞かれて、頭の中で1枚、2枚と数えていたら、後ろに列ができていたことに気づいて慌ててしまった。
8.領収書はご入用ですかと言われ、反射的に要らないと言ってしまい、あとになって経費で落とせたのにと後悔することがよくあったのだ。
9.この商品は生産終了品となっておりまして、すでに店内の在庫が少なくなっておりますのでご入用の際はお早めにお問い合わせくださいませ。
10.たった今、限定商品が緊急入荷いたしまして、もしご入用であれば二点購入が可能ですので、ご検討のほどよろしくお願いします。

この言葉がよく使われる場面としては、必要であることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「ご利用」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「ご利用」の例文

1.この度は当店のサービスをご利用いただき、ありがとうございました。
2.恐縮ですが、当館ではクレジットカードや電子マネーはご利用いただけません。
3.12時間の滞在でしたのでご利用料金は3000円になります。
4.弊社のサービスは、初めての方でも安心してご利用していただけます。
5.市営バスをご利用の方は当駅でお乗り換えください、というアナウンスが流れました。
6.よく消費者金融のコマーシャルでご利用は計画的にというキャッチフレーズがあるが、そもそも計画的じゃないからそんなところでお金を借りているのだ。
7.支払いはいつもカードでしていたので当店ではクレジットカード決済はご利用になれませんと言われるとは思ってもみなかったのだ。
8.いつものどが渇いたときに利用しているウォータークーラーがメンテナンス作業中でご利用になれませんとあったので仕方なく自販機でジュースを買った。
9.ネット通販のカード払いが出来ずアカウントをくわしく調べたら、「ご利用の上限額が10万円です」となっていたようなのですぐに設定を変えて事なきを得た。
10.毎月速度制限がかかるようでしたら、料金プランの見直しを検討されてはいかがでしょうか。差し支えなければご利用のキャリアとご利用状況とお聞かせいただければ幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、役立つように上手く使うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「ご入用」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「ご入用」と「ご利用」どちらを使うか迷った場合は、必要なことを表現したい時は「ご入用」を、役立つように上手く使うことを表現したい時は「ご利用」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター