【作者】と【著者】と【筆者】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:10件/今月の買取件数:464件/累計買取件数:3,536件
(現在、例文買取センターでは、買取数を増やして元気になって頂く負けるなキャンペーンを実施中!)

似た意味を持つ「作者」(読み方:さくしゃ)と「著者」(読み方:ちょしゃ)と「筆者」(読み方:ひっしゃ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「作者」と「著者」と「筆者」という言葉は、どれも創作主という共通点がありますが、本来の意味は少し違います。



作者と著者と筆者の違い

作者と著者と筆者の意味の違い

作者と著者と筆者の違いを分かりやすく言うと、作者とは本や絵画などを問わずその作品を作った人のことで、著者とは書物の作者のことで、筆者とはその文章の作者のことを意味しているという違いですです。

三つの言葉のうちで最も意味が広いのが作者という言葉で、著者と筆者は作者という言葉のバリエーションです。

作者は作品を作った人物

一つ目の「作者」とは「ある作品を作った人物」という意味を持つ言葉です。作品の中には文章からなる小説やエッセイや詩だけではなく、映画や美術館に収蔵される絵画や彫刻、その他にも建築物や舞台なども含まれ、それらを作った人のことを作者と言います。

作品とは、芸術品と見なされている作られた物です。建築物は人間が住んだり集まったりするという実利的な機能を備えるものですが、中には機能性や装飾やデザインが見事で、芸術品のように見なされている物もあります。そうした物は「建築作品」と呼ばれます。

小説や絵画は一人で黙々と作るものですが、建築や舞台などは多くの人間がかかわります。舞台であれば監督や脚本家やキャストに始まり、照明やメイクや小道具など多くの人が関わって一つの作品を作り上げます。

そのような多くの人が関わる場合、作者と見なされるのは作品のコンセプトの決定に関わっている人です。舞台ならば監督や脚本家まで、建築ならば設計士ないし建築家までが作者で、その他の人のことを作者と見なすことは普通ありません。

著者は書物の作者

二つ目の「著者」とは「書物の作者」という意味の言葉です。作者が芸術作品一般の創作者のことであるのに対して、著者は書物の創作者に限定されて使われる言葉です。「書物を作ること」を「著す」(読み方:あらわす)というので、「著者」と呼ばれます。

書店に並んでいるような本だけではなく、新聞やネットの記事などを作る人に対しても筆者という言葉は使われます。書物の場合にも、編集者や印刷会社の人など一つの作品を作るのに多くの人が関わりますが、「著者」とは「本文を書いた人のこと」を意味します。

筆者は文章の作者

三つ目の「筆者」とは「文章の作者」のことです。筆者と著者は同じ「書いた人」を指し示し、同じように使われることも多い言葉ですが、実は意識の置かれ方と用いられ方がそれぞれ異なります。

「筆者」では「文章や内容を考えた人」というニュアンスがあり、もう一つの「著者」では「出版した人」というニュアンスがあります。

例えば国語の試験問題で「筆者の考え」という文言がよく用いられますが、それは「この文章が収録されている作品全体のことではなく、試験用紙に載っている文章を書いた人」という意味合いで使われています。

作者の意味

作者とは

作者とは、芸術作品の創作者を意味しています。芸術作品の中には、小説や詩などの言語芸術だけではなく、音楽や絵画や彫刻、陶器、建築物、そして映画や舞台など様々なものが含まれます。

表現方法は「イラストの作者」「漫画原作者」「アニメの原作者」

「イラストの作者」「漫画原作者」「アニメの原作者」などが、作者を使った一般的な言い回しです。

作者の使い方

作者が創作する作品とは芸術品と見なされている作られた物です。絵画や小説などが典型的ですが、実用性を備えた器や建築物、また衣服なども、時として芸術作品と見なされます。

陶器なら器としての用を果たすこと、建築物なら人が住んだり、集まったりする場所として機能することなど、まずは実用的、実利的であることが求められますが、「機能美」や「様式美」といった言葉があるように、ある種の実用性は美意識と結びつきます。

また、複数の人が一つの作品に関与する場合、全員が作者と見なされることはありません。例えばクラシック音楽は、楽譜だけでは成立せず、それを演奏するオーケストラなどの人々が演奏することが必要です。

その場合でも、普通作者と見なされるのは譜面を書いた作曲家だけで、実際の演奏に関わっている指揮者や奏者の人々はそうは見なされません。「作者」とは「作品のコンセプトを作った人」のことです。

言葉の造りを見ると、作者の作の字は「つくる」という意味ですが、者には「行為の主体」という意味があります。単に作る人ではなく、「主体的、自律的、能動的に作る人」という意味合いが「作者」という言葉にあることが分かります。

作者の対義語

作者の対義語・反対語としては受け入れる人を意味する「受容者」などがあり、美術批評などで「作品の受容者」というように使われることがあります。

作者の類語

作者の類語・類義語としては、創作物を作る人のことを意味する「クリエイター」、意匠を設計する、視覚的な物の創作者を意味する「デザイナー」などがあります。

作者の作の字を使った別の言葉としては、文書や計画などを作ることを意味する「作成」、歌の歌詞を作ることを意味する「作詞」、開発の段階でためしに作ること、またその物を意味する「試作」などがあります。

作者の者の字を使った言葉としては、医療の中でも主に診察と診断、手術などを行う者を意味する「医者」、マスメディアで執筆や取材などに関わる者を意味する「記者」、ある事柄についての知識と判断力に優れた者を意味する「識者」などがあります。

著者の意味

著者とは

著者とは、書物の作者を意味しています。著者は作者の一種です。

表現方法は「漫画の著者」「小説の著者」「ブログの著者」

「漫画の著者」「小説の著者」「ブログの著者」などが、著者を使った一般的な言い回しです。

著者の使い方

作者という言葉が芸術作品全般の創作者を意味するのに対して、著者は書物の作者に限られます。

ここで言う書物とは、書店に並んでいる本だけではなく、新聞や雑誌、インターネット上の記事などを含むものです。そして「著者」は「本文を書いた人」のことで、編集者や校正者などは著者には含まれません。

「書物を作ること」を「著す」といい、「書を著す」「日本文学史を著す」などのように使われるので、「著者」という言葉は書物の作者を意味することになります。

著者の類語

著者の類語・類義語としては、著作権法上の「著作者」(読み方:ちょさくしゃ)という言葉があります。広い意味で使われている著者という言葉を、法律上厳密に定義したものが著作者です。

ただし、著作者の場合には書物以外の物の創作者や、そもそも芸術作品とは見なされない者を作った人も含まれます。

「著作者」の意味

「著作者」とは「著作物の創作者」のことです。「著作物」とは著作権法の第2条第1項に「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」と定義されている通り、ここには書物以外の物も含まれます。

また企業が職務上作成した文書なども「法人著作」ないし「職務著作」として「著作物」に含まれます。そのため芸術作品ではないものも著作物の中には含まれることになります。

著作者という言葉は、著者という言葉を法律的に厳密に定義したものですが、それに伴って著者よりは指す範囲が広い言葉になっています。また、著作者は、著作者人格権と著作権ないし財産権という、二つの大きな権利を有しています。

著者の著の字を使った言葉

著者の著の字を使った言葉としては、書物を書くことを意味する「著述」、文字にして記録することを意味する「著録」、自分の本のことを拙い物と謙遜して言う言葉を意味する「拙著」などがあります。

筆者の意味

筆者とは

筆者とは、文章の作者を意味しています。

表現方法は「論文の筆者」「コラムの筆者」「読書感想文の筆者」

「論文の筆者」「コラムの筆者」「読書感想文の筆者」などが、筆者を使った一般的な言い回しです。

筆者の使い方

筆者は著者と同じ対象を指すことがあり、区別なく使われることも多いです。しかし詳しく見ると、筆者の方が広い言葉だということが分かります。というのも、文章の中には学校の作文や個人的な日記など、書物になっていない物も存在するからです。

もちろん書物の定義も様々ですが、普通は書物とは製本され、世の中に流通するもののことだと考えられています。

例えば石川啄木の『ローマ字日記』という、日記を書籍にしたものがあります。啄木は出版された著作の著者ですが、日記そのものに対しては「筆者」です。プライベートな日記そのものは書物ではないからです。

「筆者」とは「文章や内容を考えた人」というニュアンスの言葉で、もう一つの「著者」は「出版した人」というニュアンスの言葉です。

国語の試験の小説問題で「筆者の考え」という言葉が使われていたら、それは「この文章が収録されている書籍のことではなく、試験用紙に記載されている文章を書いた人」という意味合いが念頭に置かれています。

筆者や著者という言葉は、文章の中で自分のことを指す際にも使われます。その際にも、単に文章を考えたというニュアンスを出したい場合には筆者、その本を著したというニュアンスを出したい時には著者が用いられます。

筆者の類語

筆者の類語・類義語としては、新聞などで社説や論説など、独自色の求められる記事を担当する人を意味する「主筆」、自分の文字や文章などをへりくだって下手だと言った言葉を意味する「拙筆」などがあります。

作者の例文

1.英語圏で有名な小説の作者の生涯について、レポートを書いて提出した。
2.カフカの『変身』は、作者が主人公の小説なんじゃないかって言われている。
3.この漫画の作者は、だんだん絵がうまくなっていくねぇ。
4.公園にある巨大な彫刻の作者は、世界的に有名な人らしい。
5.この作者の茶碗が高価なのは、作品が素晴らしいというだけでなく、生涯で作った作品の数が少ないということも理由なんだ。
6.その絵には作者の特別な思いが込められており、作風も他の作品とは全く異なるものになっている。

この言葉がよく使われる場面としては、創作物の作者を表現したい時などが挙げられます。作者という言葉は、定義としては本や文章の作者に限定されない言葉ですが、それでも小説や漫画や絵本など、本の作者に対して使われる傾向が高い言葉です。

他の芸術ジャンルには、「音楽家」「画家」「陶芸家」「建築家」「彫刻家」「脚本家」「映画監督」「舞台監督」などの固有の呼び方があるので、漠然とした作者という言葉が避けられているものと考えられます。

ただし、ジャンルが明確な場合には、これらの固有名詞の代わりに作者と言われることもしばしばあります。例えば美術史の本を読んでいると、画家のことが作者や作家と言い換えられている場面をよく目にします。

著者の例文

1.著者はその本の内容を考えて書いた人、発行者は出版元の社長のことだよ。
2.この本で一番気合が入っているのは、実は著者近影なんじゃないだろうか。
3.この作家がいままでとは全然違ったジャンルの本を出したということで驚いたが、著者名が同じ別の人だった。
4.本を選ぶ際、ジャンルや著者でなく、その時の気分で選ぶことが多いので、僕の本棚は全く一貫性がない。
5.サイン会に参加するには、著者の新刊本を購入して整理券をもらう必要がある。
6.著者の紹介欄に記載されていた過去の作品が気になったので、早速書店に取り寄せてもらった。

この言葉がよく使われる場面としては、出版物の創作者を表現したい時などが挙げられます。文章の中でも、特に出版されて世に出回る形に整えられている物のことを書物と呼ぶことが慣例化しています。著者とは、出版物に名前が載っている人のことです。

例文1の発行者とは、著者のことではなく、出版社の責任者、つまり社長のことです。本の奥付には、発行者、発行所、印刷所などが記載されています。例文2の著者近影とは、カバーなどに載せている、著者の写真のことです。

筆者の例文

1.筆者の考えなんて、作問者の勝手な思い込みなんじゃないだろうかと誰もが一度は考える。
2.登場人物の主張が筆者自身の主張とは限らないから、小説は面白いんだよ。
3.レポートでは一人称は筆者で、卒業論文では著者にしましょう。
4.文面から見て、筆者は、この手紙を目上の女性に宛てて書いたと思われる。
5.この交換日記は友人三人と行っているので、筆者は三人ということになる。
6.彼はメモの筆跡を見ただけで、その筆者の人物像やその時の心情までも言い当てた。

この言葉がよく使われる場面としては、文章の作者を表現したい時などが挙げられます。書物には色々な形態がありますが、多くの場合、世の中に流通しているものが書物と見なされており、プライベートな日記や仲間内の作文などは書物には入りません。

筆者とは、そうした文章を書いた人のことです。ただし、学校の試験問題などで書物の一部が問題として載せられて、設問に「筆者の主張」「筆者の意図」などと書かれていることがあります。

この場合、「書物全体の内容とは関係なく、切り抜かれた文章を書いた人」ということが念頭に置かれて「筆者」と言われています。試験問題の場合、著者という言葉が使われる割合は低いです。

例文3に関して、このように教えるマニュアルも多いですが、論文でも筆者という言葉は普通に使われるので、一概に正しいとは言えません。文章内の一人称は、内容を重視した場合には筆者、文章全体を一個の作品と見なした場合には著者を用います。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター