今日の買取件数:20件/今月の買取件数:80件/累計買取件数:10,621件

【成長期】と【成熟期】と【衰退期】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「成長期」(読み方:せいちょうき)と「成熟期」(読み方:せいじゅくき)と「衰退期」(読み方:すいたいき)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「成長期」と「成熟期」と「衰退期」という言葉は、人間や企業などの誕生から衰退までの段階を表す言葉という共通点があり、本来の意味は大きく異なります。




成長期と成熟期と衰退期の違い

成長期と成熟期と衰退期の意味の違い

成長期と成熟期と衰退期の違いを分かりやすく言うと、成長期は発達する期間を表現する時に使い、成熟期は安定している期間を表現する時に使い、衰退期は衰え弱まる期間を表現する時に使うという違いです。

成長期と成熟期と衰退期の使い方の違い

成長期という言葉は、「成長期には子ども与える可能性を考えるべきだ」「その企業は今もなお成長期と言えるかもしれない」などの使い方で、著しく発達する期間を意味します。

成熟期という言葉は、「成熟期だからと言って安心していい状況ではない」「人間の成熟期は心身ともに安定している時期と言われる」などの使い方で、十分に成長し安定している期間を意味します。

衰退期という言葉は、「衰退期に移行した企業の再生を期待している」「どんな製品にも衰退期は存在し、家電であれば徐々に接触が悪くなる」などの使い方で、勢いや活力が衰え弱まる期間を意味します。

成長期と成熟期と衰退期の使い分け方

人間の成長においては、迎える時期の順に並べると、成長期、成熟期、衰退期となりますが、ライフサイクル論においては成長期は青年期と、成熟期は初期成人期と、衰退期は壮年期や老年期と言われています。

また、企業などにおいては、成長期を一度終えてから成熟期、衰退期を迎えたのち再度成長期を迎えることもあります。この場合の成長期は、再成長期や再生期などとも呼ばれています。

これが、成長期、成熟期、衰退期の明確な違いです。

成長期の意味

成長期とは

成長期とは、著しく発達する期間を意味しています。

子供の成長期の年齢

子どもたちにとっての成長期は、男子が10歳から13歳頃、女子が8歳から12歳頃のいわゆる第二次性徴を指すことが多くあり、青年期や思春期とも呼ばれています。

「高度経済成長期」の意味

成長期を使った言葉として、「高度経済成長期」があります。これは、1955年代から第一次石油危機が起きた1973年までに起きた急激な経済成長期間を指す言葉で、「高度成長期」とも呼ばれます。

表現方法は「成長期が遅い」「成長期が早い」「成長期がない」

「成長期が遅い」「成長期が早い」「成長期がない」などが、成長期を使った一般的な言い回しです。

成長期の対義語

成長期の対義語・反対語としては、生物の発達や進化がある段階で止まり元に戻るような変化を起こすことを意味する「退行」、勢いが衰えたり程度が低くなったりすることを意味する「後退」があります。

成長期の類語

成長期の類語・類義語としては、物事が次第により良い方や望ましい方へ進んでいくことを意味する「進歩」、そのものの機能がより発揮されるようになることを意味する「発達」、産業などが盛んになることを意味する「振興」などがあります。

成熟期の意味

成熟期とは

成熟期とは、十分に成長し安定している期間を意味しています。

人間にとっての成熟期

人間にとっての成熟期は、20歳前後から45歳前後の心身ともに充実している期間を指し、性成熟期とも呼ばれます。

企業にとっての成熟期

また、企業にとっての成熟期は、企業運営が安定し、社員らの行動マニュアルなども進み、多くの後進育成に励むなどが可能になり、企業によっては既存ビジネス以外に手を伸ばす段階と言えます。

成熟期の対義語

成熟期の対義語・反対語としては、学問や技術などの経験などがまだ十分ではないことを意味する「未熟」があります。

成熟期の類語

成熟期の類語・類義語としては、人格や技術などが円満に発達して豊かになることを意味する「円熟」、気が熟することを意味する「純熟」、物事が成熟して十分な頃合いになることを意味する「熟成」などがあります。

衰退期の意味

衰退期とは

衰退期とは、勢いや活力が衰え弱まる期間を意味しています。

人間にとっての衰退期

人間に対してはライフサイクル論にて唱えられていることから、衰退期ではなく老年期などの言葉が使われることがほとんどです。身体機能が徐々に低下し、衰退していく期間を指すために使われます。また、老年期は65歳以上を指します。

企業にとっての衰退期

また、企業は新しい製品やサービスを提供しない限り、徐々に衰退していきます。この時期を衰退期と言います。リーマンショックなどのような外的要因などが大きく影響して倒産などに追い込まれることも少なくはありませんが、これは衰退期に該当しません。

衰退期の対義語

衰退期の対義語・反対語としては、物事の勢いなどが伸び広がって盛んになることを意味する「発展」、栄えて発展することを意味する「繁栄」、勢いが盛んなことを意味する「隆盛」があります。

衰退期の類語

衰退期の類語・類義語としては、勢いが衰えて弱くなることを意味する「衰微」、盛んだった勢いが衰えることを意味する「退潮」、勢いの衰えた様子を意味する「衰勢」、勢力などが次第に弱くなることを意味する「弱化」などがあります。

成長期の例文

1.成長期の息子を持つ友人が毎日食事量が多くて献立を考えるのも作るのも大変だとぼやいていた。
2.背が小さいことに悩んでいた弟は成長期を迎えてぐんぐんと伸びたが、ついぞ兄を抜かすことはないまま成長期を終えた。
3.その企業が成長期を迎えた頃、別の企業もぞくぞくと参入してきていた。
4.成長期のジュニア選手には、つい期待をかけて練習に負荷をかけてしまいがちですが、精神の成長が伴わないことがあるので、あせらずゆっくりを心がけよう。
5.大学在学時にベンチャー企業として起業してから10年がたち、われわれはベンチャー特有の成長期を今まさに終えようとしていた。
6.ずっと幼馴染には何の感情もなかったが、お互い成長期になるにつれて異性として意識するようになった。
7.その頃のIT産業は空前の成長期を迎えており、皆が皆ITを前面に出しておけば儲かるという時代だったのだ。
8.今の日本には高度経済成長期を経てきている世代と、バブルを経験している世代と、大不況の辛酸をなめさせられている世代とに分かれている。

この言葉がよく使われる場面としては、著しく発達する期間を意味する時などが挙げられます。

例文1や例文2の成長期は人間に対して使われているため、思春期や青年期などの言葉に置き換えて使うことができます。

成熟期の例文

1.人間としての成熟期を迎えたはずなのに、ストレスのせいか身体がボロボロで安定しているとは到底言えないだろう。
2.ようやく成熟期を迎えたが、ここから油断せずに常日頃から試行錯誤を加えて低迷することのないようにしたいと考えている。
3.企業寿命は20年や30年などと言われており、如何に成熟期の安定を維持できるかだけではなく、新規参入企業に後れを取らないかが重要になってくる。
4.デビュー30年の歴史をたどると、当時はピンとこなかったあのアルバムも今となってはバンドとしての成熟期を迎えた味のあるアルバムとして認知されるようになるのだから時間というのは不思議なものだ。
5.ベンチャー企業は、いわゆる会社としての成熟期を迎えることがないのだということが20年近く働いてきてようやくわかりました。50歳をすぎても前線で働きつづけなければいけないのは、正直しんどいです。
6.我が国は平成に入ってから成熟期に入ったと言う人もいたが、どう考えても経済政策の失敗だと思うのだがね。
7.コンテンツ産業が成熟期を迎えているなかで、大人にもアニメや漫画を楽しむ世代が増えてきたように思えます。
8.我が社のマーケティングは成熟期のフェーズに入り、新たな課題や取り組みについて考える必要があった。

この言葉がよく使われる場面としては、十分に成長し安定している期間を意味する時などが挙げられます。

例文1の成熟期は人間に対して使われているため、成人期などの言葉に置き換えて使うことができます。

衰退期の例文

1.その国家では衰退期を迎える中で農民反乱などが多く起きたことから統制が上手く取れなくなり、国としては軍事力で抑え込むしかなかった。
2.衰退期がやって来てしまったのか、値引き競争に客もあやかることができた一方、企業の利益は減少しているため、倒産も近いのではないかと思われている。
3.多くの類似品などが売り出されるなかで、特化や新商品の発売などのアプローチができなければ、衰退期へと移行することとなるかもしれない。
4.出版社に就職したいと思っているが、紙媒体はネットの発達で衰退期にあるといわれ、目指すならマーケティングや数字にも強くないとだめだと言われた。
5.日本の和歌は明治になり衰退期に差し掛かると、正岡子規が新たな風を取り入れて短歌として復興させたのだ。
6.日本はたしかに失われた30年と言われているのだが、国民自身が衰退期などと諦めていたらどんどん政治が悪化していくに違いない。
7.このまま新しい商品を生み出せないのなら会社自体が衰退期へ移行するしかないとして社員一同が危機感を持っている。
8.どの事業でも成長のあとには衰退期がやってくる。そこでどういう展開ができるかで生き残れる企業とそうでない企業との分かれ道になる。

この言葉がよく使われる場面としては、勢いや活力が衰え弱まる期間を意味する時などが挙げられます。

例文3の需要に対する供給が高まり類似品が多く売り出される期間を飽和期と呼びます。

成長期と成熟期と衰退期どれを使うか迷った場合は、発達する期間を表す場合は「成長期」を、安定している期間を表す場合は「成熟期」を、衰え弱まる期間を表す場合は「衰退期」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター