【焼き飯】と【チャーハン】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:10件/今月の買取件数:464件/累計買取件数:3,536件
(現在、例文買取センターでは、買取数を増やして元気になって頂く負けるなキャンペーンを実施中!)

似た意味を持つ「焼き飯」(読み方:やきめし)と「チャーハン」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「焼き飯」と「チャーハン」という言葉は、どちらも米を使った料理名を示すという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



焼き飯とチャーハンの違い

焼き飯とチャーハンの意味の違い

焼き飯とチャーハンの違いを分かりやすく言うと、作る際に使用する道具の違いと、作り方の手順の違いです。

焼き飯は鉄板でチャーハンは中華鍋

焼き飯は鉄板で作りますが、チャーハンは中華鍋で炒めて作ります。また、最後に卵を入れるのが焼き飯で、最初に卵を入れるのがチャーハンです。

焼き飯は関西でチャーハンは全国用語

「焼き飯」という言葉は主に関西地方で使われるものであり、「チャーハン」は全国的に使用されている言葉であるという違いもあります。

焼き飯とチャーハンの使い分け方

焼き飯は、主にお好み焼き屋など、鉄板を使う店で出されることが多いものです。また、家庭ではフライパンを使って作られます。焼き飯の具材としては、キャベツや魚肉ソーセージ、ちくわ、卵などが主流です。ソースで味付けをされる場合もあります。

焼き飯の作り方としては、具材、ご飯を焼いてから最後に卵を入れるというやり方が一般的です。焼き飯というのは、あくまでも焼いているご飯のことを指します。

チャーハンというのは、漢字で炒飯と書きます。これは元々は中国語であり、中華料理の一種です。

チャーハンは、豚肉や卵、野菜などをご飯と混ぜて、油で炒めたものを指します。味付けは塩や醤油、中華風のダシなどが一般的です。チャーハンというのは、底の深い中華鍋で作られるものです。

チャーハンはパラパラとした食感にするために、強い火力でご飯がくっつかないようにしながら炒めます。対する焼き飯の場合は、そこまで強い火力で作る必要はありません。食感もパラパラとしていなくても問題ありません。

また、チャーハンは大きなお玉ですくって盛り付けられるため、ドーム型に盛られることが多いのに対し、焼き飯は焼いたご飯をそのままお皿に盛りつけるので、ドーム型ではないことも多いものです。

焼き飯の意味

焼き飯とは

焼き飯とは、鉄板などを使って焼かれたご飯のことを意味しています。焼き飯という言葉は、主に関西、九州地方でよく使われているものです。関東や北海道などでは、あまり耳なじみのある言葉ではありません。

焼き飯の読み方

焼き飯というのは「やきめし」または「やきいい」と呼ばれるものです。この言葉は、表面を焼いたおにぎり(焼きおにぎりと同じイメージ)のことを指すこともあれば、鉄板などを使って焼かれたご飯のことを指すこともあります。

焼き飯は火であぶって焦げ目をつけたご飯

火であぶって、焦げ目をつけたご飯のことを焼き飯と呼びます。焼き飯とは、主にお好み焼き屋など、鉄板を使う店で出されることが多いものです。また、家庭ではフライパンを使って作られます。

焼き飯の具材としては、キャベツや魚肉ソーセージ、ちくわ、卵などが主流です。ソースで味付けをされる場合もあります。作り方としては、具材、ご飯を焼いてから最後に卵を入れるというやり方が一般的です。

焼き飯というのは、あくまでも焼いているご飯のことを指します。チャーハンは炒めていますが、焼き飯は焼いています。焼きそばに近い作られ方をするのだとイメージすると分かりやすいでしょう。

チャーハンの意味

チャーハンとは

チャーハンとは、中華料理の一種で、豚肉や卵、野菜などをご飯と混ぜて油で炒めたものを意味しています。味付けは塩コショウや醤油、中華風のダシなどが一般的です。

チャーハンの漢字表記

チャーハンというのは、漢字で炒飯と書きます。これは元々は中国語であり、中華料理の一種です。作り方としては、焼き飯とは違い、卵を先に入れます。卵を炒めた後にご飯を入れるのがチャーハンの一般的な作り方の手順です。

チャーハンは中華鍋で作られるもの

また、チャーハンは中華鍋で作られるものです。中華料理店などで、深底の鉄製中華鍋で作られるチャーハンを想像すると分かりやすいでしょう。チャーハンはパラパラとした食感にするために、強い火力でご飯がくっつかないようにしながら炒めます。

チャーハンは炒められた後、大きなお玉ですくって盛り付けられるため、ドーム型に盛られることが多いものです。チャーハンは、日本に深く浸透している中華料理であり、大衆的に好まれる料理であると言えます。

焼き飯の例文

1.私は東北の出身なのだけれど、焼き飯という料理を知らなかった。
2.鉄板焼き屋さんに行ったら、やっぱり〆は焼き飯だろう。
3.私の祖父は、焼きおにぎりのことを焼き飯と呼んでいたな。
4.焼き飯はフライパンでも簡単に作れるから、家庭的な料理だと思う。
5.焼き飯は、ご飯を焼いた後に卵を入れて作るらしいよ。

この言葉がよく使われる場面としては、関西地方などで、鉄板で作られた焼いたご飯を食べる際などが挙げられます。作り方として、ご飯を焼いた後に卵を入れるものが「焼き飯」と呼ばれるものです。

焼き飯とチャーハンというのは、混同して使われている場合も多くあります。焼き飯は本来は焼きおにぎりと同じような、おにぎりを焼いた料理でした。しかし、現在ではフライパンなどで焼いたご飯のことも焼き飯と呼ばれています。

味付けについても、チャーハンと同じような塩コショウを振りかけたものもあれば、お好み焼きなどに使われるソースを入れるものもあります。主に関西地方、九州地方で使用される料理名です。

チャーハンの例文

1.中国からチャーハンが伝わってきた時、焼きおにぎりと区別するために「チャーハン」「焼き飯」と呼び分けたという説があるらしいよ。
2.僕は焼き飯よりもチャーハンの方が好きだなぁ。
3.チャーハンは先に卵を炒めるらしい。
4.チャーハンを作る時の中華料理屋さんの手さばきは、豪快で見ごたえがあるよね。
5.私は、海鮮の沢山入ったチャーハンが好きです。

この言葉がよく使われる場面としては、中華料理店などでご飯を炒めたものを注文する際などが挙げられます。元々は中国から伝来した料理で、漢字では「炒飯」と書きます。

チャーハンは焼き飯とは違い、主に中華鍋などを使用し、強い火力で炒められます。作り方の手順も焼き飯とは逆で、卵を先に炒めるのがチャーハンの特徴です。パラパラとした食感で、塩コショウや醤油、中華風のダシなどで味付けられるのが一般的です。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター