今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:11,481件

【うってかわって】と【とってかわって】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た言葉である「うってかわって」と「とってかわって」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「うってかわって」と「とってかわって」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。




「うってかわって」と「とってかわって」の違い

「うってかわって」と「とってかわって」の意味の違い

「うってかわって」と「とってかわって」の違いを分かりやすく言うと、「うってかわって」とは前の状態とは全く変わること、「とってかわって」とは入れ代わることという違いです。

「うってかわって」と「とってかわって」の使い方の違い

一つ目の「うってかわって」を使った分かりやすい例としては、「昨日とはうってかわって大雨が降っている」「今期のアニメは前期までとはうってかわって面白くありません」「今日は昨日とうってかわって寒い」などがあります。

二つ目の「とってかわって」を使った分かりやすい例としては、「豊臣秀吉にとってかわって徳川家康が天下統一する」「退任を表明した社長にとってかわって専務が社長となる」「テレビにとってかわってYouTubeを見る人が増えた」などがあります。

「うってかわって」と「とってかわって」の使い分け方

「うってかわって」と「とってかわって」は発音や表記が似た言葉ですが、意味は全く異なっているので間違えないように注意しましょう。

「うってかわって」は前の状態とは全く変わることを意味しており、「彼は昨日とはうってかわって元気だ」「先週とはうってかわってとても晴れている」などのように、人や物事の状況が変わっっている場合に使います。

一方、「とってかわって」は入れ代わることを意味しており、「織田信長にとってかわって豊臣秀吉が天下統一する」「最近は現金にとってかわって電子マネーを使う人が増えた」などのように、人や物事の状況が入れ代わった場合に使うというのが違いです。

「うってかわって」と「とってかわって」の英語表記の違い

「うってかわって」を英語にすると「complete change」となり、例えば上記の「今日は昨日とうってかわって寒い」を英語にすると「Today is a complete change from yesterday and it is coid」となります。

一方、「とってかわって」を英語にすると「replace」「take the place of」「supplant」となり、例えば上記の「テレビにとってかわってYouTubeを見る人が増えた」を英語にすると「YouTube has replaced TV for a growing number of people」となります。

「うってかわって」の意味

「うってかわって」とは

「うってかわって」とは、前の状態とは全く変わることを意味しています。

表現方法は「○○とはうってかわって」「○○とうってかわって」

「○○とはうってかわって」「○○とうってかわって」などが、「うってかわって」を使った一般的な言い回しなります。

「うってかわって」の使い方

「うってかわって」を使った分かりやすい例としては、「昨日とはうってかわって快晴です」「行きとはうってかわって高速道路が混雑している」「午前中とはうってかわって午後は忙しい」「昨日とはうってかわって今日の彼女は静かです」などがあります。

「うってかわって」は前の状態や態度と全く変わることを意味する「打って変わる」が変形した言葉です。そのため、漢字で表記すると「打って変わって」となります。ただし、漢字で書くことがあまり一般的ではないので、平仮名で表記して問題ありません。

「打って代わって」という漢字は誤り

また、「うってかわって」は人や物事の状態が前と全く変わる場合に使う言葉なので、間違って「代わる」という漢字を使って、「打って代わる」としないように気を付けましょう。

「うってかわって」はビジネシーンで多用しない方が良い

「うってかわって」はビジネシーンにおいて多用できる言葉ではありません。前の状況や状態から全く変わることなので、相手に失礼な印象を与えることが多いからです。ただし、「今までとはうってかわって新商品が売れるようになった」のような場合は使っても問題ないでしょう。

「うってかわって」の類語

「うってかわって」の類語・類義語としては、有り様ががらりと変わることを意味する「一転して」、すっかり変わることを意味する「一変する」、言葉や態度などがそれまでとがらりと変わることを意味する「手の平を返す」などがあります。

「とってかわって」の意味

「とってかわって」とは

「とってかわって」とは、入れ代わることを意味しています。

表現方法は「○○にとってかわって」

「○○にとってかわって」が、「とってかわって」を使った一般的な言い回しになります。

「とってかわって」の使い方

「とってかわって」を使った分かりやすい例としては、「彼は前監督にとってかわって指揮を取ることとなりました」「人間にとってかわってAIが仕事をする時代が来るのだろうか」「古い制度にとってかわって新しい制度になりました」などがあります。

「とってかわって」の漢字表記

「とってかわって」は入れ代わることや交代することを意味する「取って代わる」が変形した言葉です。そのため、漢字で表記すると「取って代わって」となります。そのため、間違って「取って変わって」としないように気を付けましょう。

「とってかわって」はただ単純に入れ代わるのではなく、優位な地位や場所を他のもの代わり占める場合に使います。ただ単純に入れ代わる場合は「代わる」を使うのが適しています。

「とってかわって」の類語

「とってかわって」の類語・類義語としては、前のものに代わって他のものが入ることを意味する「入れ代わる」、前の人が残した仕事などを引き受けて行うことを意味する「受け継ぐ」、役割や位置などを互いに入れかえることを意味する「交代する」などがあります。

「うってかわって」の例文

1.前半とはうってかわって、後半はアウェイチームが猛攻をしかけて逆転に成功しました。
2.先週までの暖かさとはうってかわって、今週はとても寒いです。
3.今週のサスペンスドラマは、先週とはうってかわって面白くありません。
4.彼女は先程とはうってかわってとても不機嫌です。何かしてしまったのだろうか。
5.フォワードだった中学時代とはうってかわって、現在はセンターバックとしてプレイしている。
6.先週の面談で今の成績では志望校は厳しいよと話したら、彼は今週からうってかわって授業を真剣に聞くようになった。
7.彼はあんなに怒っていたのに、今日は昨日とはうってかわって機嫌がいいのは一体どういうことだろう。
8.今月になると先月とはうってかわって仕事が忙しくなり、帰りは終電ギリギリということもあった。
9.英語検定1級の面接試験は、前回とはうってかわって落ち着いて受け答えできたと思います。
10.今日は昨日とはうってかわってとても寒く、半袖シャツで出かけたわたしは風邪をひいてしまう有様だ。

この言葉がよく使われる場面としては、前の状態とは全く変わることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「うってかわって」は物事の状況や状態が変わった場合に使われている言葉です。

「とってかわって」の例文

1.彼は体調不良で休んでいるリーダーにとってかわって、現場を指揮している。
2.最近は紙媒体にとってかわって電子書籍が主流になっているが、私はあの紙めくる動作が好きなんです。
3.彼女は不祥事を起こした現社長にとってかわって、新社長に就任する予定です。
4.私の住んでいる地域では、ポルトガル語にとってかわってスペイン語が主流となりました。
5.最近はテレビにとってかわって、動画サイトを見る人が増えました。
6.今は電車の中でスポーツ新聞やマンガ雑誌などにとってかわって、圧倒的にスマホを見ている人が増えた。
7.エコの観点から、紙の資料も早くデジタルにとってかわってしまえばいいのにと思います。
8.昔は雑誌で流行などを知ることが当たり前だったが、現在ではインスタグラムがそれにとってかわっている。
9.もしこれが10年前なら、AIが人間にとってかわって仕事をする時代が来るなんて言っても誰も信じなかっただろう。
10.いまの補聴器は電池式にとってかわって充電式になったのはいいが、充電池がダメになったらすべて使えなくなってしまう。

この言葉がよく使われる場面としては、入れ代わることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「とってかわって」は、物事の状況が入れ代わった場合に使われている言葉です。

「うってかわって」と「とってかわって」は似た日本語ですが意味は異なっています。どちらの言葉を使うか迷った場合、前の状態とは全く変わることを表現したい時は「うってかわって」を、入れ代わることを表現したい時は「とってかわって」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター