今日の買取件数:20件/今月の買取件数:330件/累計買取件数:13,806件

【ご容赦いただけますと幸いです】と【ご容赦いただければ幸いです】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご容赦いただけますと幸いです」(読み方:ごようしゃいただけますとさいわいです)と「ご容赦いただければ幸いです」(読み方:ごようしゃいただければさいわいです)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」という言葉は、どちらも許してもらえたら嬉しいことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」の違い

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」の意味の違い

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」の違いを分かりやすく言うと、「ご容赦いただけますと幸いです」の方が「ご容赦いただければ幸いです」よりも丁寧な表現という違いです。

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」の使い方の違い

一つ目の「ご容赦いただけますと幸いです」を使った分かりやすい例としては、「お待たせして申し訳ございませんが、ご容赦いただけますと幸いです」「ご迷惑をお掛けしますが、ご容赦いただけますと幸いです」などがあります。

二つ目の「ご容赦いただければ幸いです」を使った分かりやすい例としては、「至らぬ点も多いですが、ご容赦いただければ幸いです」「大変恐縮ですが、ご容赦いただければ幸いです」などがあります。

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」の使い分け方

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」はどちらも許してもらえたら嬉しいことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご容赦いただけますと幸いです」の方が「ご容赦いただければ幸いです」よりも丁寧な表現という点です。

ただし、「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」は正しい敬語表現なのでどちらの言葉も目上の人に対して使うことができます。

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」の英語表記の違い

「ご容赦いただけますと幸いです」も「ご容赦いただければ幸いです」も直訳した英語はありませんが、近い表現の「ご容赦ください」を英語にすると「please accept my apology」「please pardon」などなります。

「ご容赦いただけますと幸いです」の意味

「ご容赦いただけますと幸いです」とは

「ご容赦いただけますと幸いです」とは、許してもらえたら嬉しいことを意味しています。

「ご容赦いただけますと幸いです」の使い方

「ご容赦いただけますと幸いです」を使った分かりやすい例としては、「お見苦しい点が多いですが、ご容赦いただけますと幸いです」「急なお休みで申し訳ございませんが、ご容赦いただけますと幸いです」などがあります。

「ご容赦いただけますと幸いです」は、許すことを意味する「容赦」に接頭語の「ご」がついた「ご容赦」、「もらう」の謙譲語「いただく」に丁寧語の「ます」と接続詞の「と」がついた「いただけますと」、望ましくありがたいことを意味する「幸い」に丁寧語の「です」が合わさった言葉です。

したがって、「ご容赦いただけますと幸いです」は許してもらえたら嬉しいことの意味で使う言葉になります。また、とても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことも可能です。

「ご容赦いただけますと幸いです」は相手に迷惑や不便をかける場合の言い回しとして使います。また、「大変恐縮ですが」「ご迷惑をお掛けしますが」などのクッション言葉を用いることによって、相手により良い印象を与えることができます。

「ご容赦いただけますと幸いです」は相手に許しを請う場面で使う言葉ですが、深い謝罪をする場合や、こちらの不手際で相手に迷惑をかけてしまった時には使うのに適していません。

もし、深い謝罪やこちらの不手際によって相手に迷惑をかけてしまった場合は、素直に「大変申し訳ござせません」「心より謝罪申し上げます」などのシンプルな謝罪の言葉を述べるようにしましょう。

「ご容赦いただけますと幸いです」の類語

「ご容赦いただけますと幸いです」の類語・類義語としては、納得してもらうと嬉しいことを意味する「ご了承いただけますと幸いです」があります。

「ご容赦いただければ幸いです」の意味

「ご容赦いただければ幸いです」とは

「ご容赦いただければ幸いです」とは、許してもらえたら嬉しいことを意味しています。

「ご容赦いただければ幸いです」の使い方

「ご容赦いただければ幸いです」を使った分かりやすい例としては、「至らぬ点も多いと存じますが、ご容赦いただければ幸いです」「メンテナンス中はご利用できませんが、ご容赦いただければ幸いです」などがあります。

「ご容赦いただければ幸いです」は、許すことを意味する「容赦」に接頭語の「ご」がついた「ご容赦」、「もらう」の謙譲語「いただく」に仮定の「れば」がついた「いただければ」、望ましくありがたいことを意味する「幸い」に丁寧語の「です」が合わさった言葉です。

したがって、「ご容赦いただければ幸いです」は許してもらえたら嬉しいことの意味で使う言葉になります。また、とても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことも可能です。

「ご容赦いただければ幸いです」は相手に迷惑や不便をかける場合の言い回しとして使います。また、「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」などのクッション言葉を用いることによって、相手により良い印象を与えることができます。

「ご容赦いただければ幸いです」は相手に許しを請う場面で使う言葉ですが、深い謝罪をする場合や、こちらの不手際で相手に迷惑をかけてしまった時には使うのに適していません。

もし、深い謝罪やこちらの不手際によって相手に迷惑をかけてしまった場合は、素直に「お詫びの言葉もございません」「心よりお詫び申し上げます」などのシンプルな謝罪の言葉を述べるようにしましょう。

「ご容赦いただければ幸いです」の類語

「ご容赦いただければ幸いです」の類語・類義語としては、理解してもらえると嬉しいことを意味する「ご理解いただけますと幸いです」があります。

「ご容赦いただけますと幸いです」の例文

1.お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご容赦いただけますと幸いです。
2.この件はお引き受けかねますこと、ご容赦いただけますと幸いです。
3.8月11日から8月15日まで夏季休暇となりますので、ご容赦いただけますと幸いです。
4.水道管工事のためこちらの道は通行止めとなっております。何卒ご容赦いただけますと幸いです。
5.今回対応したスタッフは初めての接客でございまして、ご容赦いただけますと幸いです。
6.先日ご提案いただいた件ですがもう少々お待ちいただけますでしょうか。この後外出してしまうため本日中のご回答は難しそうでして、ご容赦いただけますと幸いです。
7.ただいまの時間、大変電話が込み合っております。順番におつなぎいたしますので、少々お時間いただきますこと、ご容赦いただけますと幸いです。
8.ただいま窓口は混みあっておりますので、お待たせして申し訳ございませんが、ご容赦いただけますと幸いです。
9.来週から水道管の入れ替え工事を開始いたします。ご近所の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただけますと幸いです。
10.誠に勝手ながら年末年始は休業とさせていただきます。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦いただけますと幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、許してもらえたら嬉しいことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご容赦いただけますと幸いです」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「ご容赦いただければ幸いです」の例文

1.点検中エスカレーターはご使用になれませんので、ご容赦いただければ幸いです。
2.年末年始の営業時間は以下の通りに変更いたしますので、ご容赦いただければ幸いです。
3.せっかくのお申し出にお応えできず大変申し訳ございませんが、どうかご容赦いただければ幸いです。
4.当店は現金のみのご利用となっております。何卒ご容赦いただければ幸いです。
5.こちらの工事は1週間続きますので、何卒ご容赦いただければ幸いです。
6.数には限りがございます。売り切れの際は、どうぞご容赦いただければ幸いです。
7.本日の深夜0時から8時までシステムのメンテナンスを行います。メンテナンス中はログインすることはできませんが、ご容赦いただければ幸いです。
8.今年入部したばかりのメンバーが中心になって企画したものですから、まだまだ至らぬ点はあると思いますが、ご容赦いただければ幸いです。
9.貴社の新製品のご案内につきましては、せっかくのお申し出に応えることができず申し訳ございませんが、どうかご容赦いただければ幸いです。
10.ご多忙のところ申し訳ありませんが、本日中にご入金をお願い致します。なお本メールと行き違いがありましたら、ご容赦いただければ幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、許してもらえたら嬉しいことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご容赦いただければ幸いです」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「ご容赦いただけますと幸いです」と「ご容赦いただければ幸いです」はどちらも許してもらえたら嬉しいことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「ご容赦いただけますと幸いです」の方が「ご容赦いただければ幸いです」よりも丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター