今日の買取件数:20件/今月の買取件数:330件/累計買取件数:13,806件

【お里が知れる】と【親の顔が見てみたい】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お里が知れる」(読み方:おさとがしれる)と「親の顔が見てみたい」(読み方:おやのかおがみてみたい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」という言葉は、どちらも相手を侮辱することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」の違い

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」の意味の違い

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」の違いを分かりやすく言うと、「お里が知れる」は嫌悪感が強い場合に使う、「親の顔が見てみたい」は呆れたという気持ちが強い場合に使うという違いです。

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」の使い方の違い

一つ目の「お里が知れる」を使った分かりやすい例としては、「この歳になって家事ができないなんてお里が知れる」「こんなことも知らないなんてお里が知れるだろう」「彼の下品な言動を見ればお里が知れる」などがあります。

二つ目の「親の顔が見てみたい」を使った分かりやすい例としては、「電車で大声で叫んでいる子供がいる、親の顔が見てみたいです」「親の顔が見てみたいと言われたので気分が悪くなりました」などがあります。

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」の使い分け方

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」はどちらも相手を侮辱することを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「お里が知れる」は嫌悪感が強い場合に使うのに対して、「親の顔が見てみたい」は呆れたという気持ちが強い場合に使うという点です。

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」の英語表記の違い

「お里が知れる」も「親の顔が見てみたい」も日本で生まれたことわざなので、直訳した表現ありませんが、近い表現として生い立ちを意味する「upbringing」があります。

上記の「彼の下品な言動を見ればお里が知れる」を英語にすると、「His off-color remarks reveal his upbringing」となります。

「お里が知れる」の意味

「お里が知れる」とは

「お里が知れる」とは、言葉遣いや仕草によってその人の生まれや育ちが分かることを意味しています。

「お里が知れる」の漢字表記

「お里が知れる」を漢字にすると、「御里が知れる」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。余程の理由がない限りひらがなの「お里が知れる」を使うようにしましょう。

「お里が知れる」の使い方

「お里が知れる」を使った分かりやすい例としては、「私のお里が知れてしまうので色々と教えてください」「食事の席ではその人のお里が知れるだろう」「そんな乱暴な言葉を使うなんてお里が知れるよ」などがあります。

「お里が知れる」は乱暴な言葉を言ったり、食事のマナーが悪かったりなど、相手に対して嫌悪感を抱いた時などに使うことわざです。そのため、基本的にマイナスなイメージでしか使いません。

また、「お里が知れる」は他人に対してではなく、自虐の意味を込めて自分に対して使うことも可能です。

しかし、「お里が知れる」は差別的な意味合いが強い言葉なので、余程の理由がない限り、他人に対して使わないのが無難でしょう。

「お里が知れる」の由来

「お里が知れる」の「お里」とは実家のことを丁寧に表現した言葉です。これが転じて、生い立ちの良し悪しを指しています。「知れる」は知るの自動詞形で分かることを意味する言葉です。

つまり、「お里が知れる」は言葉遣いや仕草によってその人の生まれや育ちが分かることを意味することわざになります。

「お里が知れる」の類語

「お里が知れる」の類語・類義語としては、隠していたことが露わになることを意味する「馬脚を露わす」、隠していた欠点が現れることを意味する「ボロが出る」、 慎みがなく、礼儀にはずれたり品格に欠けたりして見苦しいことを意味する「はしたない」などがあります。

「親の顔が見てみたい」の意味

「親の顔が見てみたい」とは

「親の顔が見てみたい」とは、よその子の言動に呆れて発する言葉を意味しています。

「親の顔が見てみたい」は「親の顔が見たい」とも表記可能

「親の顔が見てみたい」は、「親の顔が見たい」と表記することも可能です。

「親の顔が見てみたい」の使い方

「親の顔が見てみたい」を使った分かりやすい例としては、「公共の場で泣き叫ぶなんて親の顔が見てみたい」「親の顔が見てみたいという言葉は気軽に言わない方がいいだろう」「人のことを平気で傷つける言葉を発する子の親の顔が見てみたい」などがあります。

「親の顔が見てみたい」は、よその子供の言動や行動呆れて、育てた親の顔を見てみたいことを意味する悪意を持って使うことわざです。したがって、基本的にマイナスなイメージでしか使いません。

また、使用された相手が不快な気持ちになるので、余程の理由がない限りは使わないのが無難でしょう。

「親の顔が見てみたい」の類語

「親の顔が見てみたい」の類語・類義語としては、品格や品性が劣ることを意味する「下品」、幼少期の育てられ方や環境が悪いことを意味する「育ちが悪い」などがあります。

「お里が知れる」の例文

1.お里が知れるとはあまり言いたくないけれど、彼女の食事のマナーはかなり酷いです。
2.どんなに綺麗な格好をしていても、その言葉遣いじゃお里が知れるだろう。
3.付け焼刃でマナーを学んだのであれば、ふとしたことでお里が知れるはずです。
4.あなたのことは存じませんが、お話しぶりや態度を見ればお里が知れるというものです。
5.周りの人が迷惑しているのにいつまでも大声で話す彼らを見てると、お里が知れます。
6.会社のRさんはおしゃれできれいな人だが、箸の持ち方がおかしく女同士だとギャル語を連発するのでお里が知れるなと感じてしまった。
7.そんな乱暴な言葉遣いをするとお里が知れてしまうわ。パーティーまでにどうにかして言葉を直さねければなりませんわね。
8.あなたがどなたなのか存じませんが、あなたのその立ち振る舞いを見れば、たちまちお里が知れるというものですよ。
9.誰かが炎上すると便乗して悪口を書き込むネット世論というのはお里が知れる感じで、見ていて反吐が出ますね。
10.店員さんの態度云々の前に、売り物を足蹴扱うことを恥ずかしげもなく公言できる品性には呆れるし、お里が知れるというものだ。

この言葉がよく使われる場面としては、言葉遣いや仕草によってその人の生まれや育ちが分かることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お里が知れる」はマイナスなイメージで使われている言葉です。

「親の顔が見てみたい」の例文

1.「ありがとう」や「ごちそうさま」などの基本的な挨拶ができない子供の、親の顔が見てみたいです。
2.みんな列を作って並んでいるのに、平気で横入りする子供がいた。親の顔が見てみたいです。
3.他人の家の冷蔵庫を勝手に開けて飲食する子供の、親の顔が見てみたいです。
4.パワハラ上司から親の顔が見てみたいと言われて、かなりムカつきました。
5.電車やバスなどで靴を履いたまま椅子上に乗る子供の、親の顔が見てみたいです。
6.子どもの頃食べ物の好き嫌いが多かった私は親から、そんなふうだと人様の家でごちそうになる時に親の顔が見てみたいと思われるでしょ。なんでも食べなさいと言われた。
7.キャベツとレタスの区別も分からないなんて親の顔が見てみたいもんだ!一体どういう家庭教育を受けているんだろうね。
8.電車でなりふり構わず大声でしゃべっている学生を見かけるが親の顔が見てみたいよ。どこの学校か分かれば苦情を申し立てたいくらいだ。
9.あのアカウントはいつも心無いツイートばかりをしているが、どういう躾をされたのか親の顔が見てみたいものだ。
10.姑からいびられて親の顔が見てみたいねと言ってきたので、バカ息子の親の顔も見てみたいわと言い返してやった。

この言葉がよく使われる場面としては、よその子の言動に呆れて発する言葉のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「親の顔が見てみたい」はマイナスなイメージで使われている言葉です。

「お里が知れる」と「親の顔が見てみたい」はどちらも相手を侮辱することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、嫌悪感が強い場合は「お里が知れる」を、呆れたという気持ちが強い場合は「親の顔が見てみたい」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター