【不毛】と【無駄】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「不毛」(読み方:ふもう)と「無駄」(読み方:むだ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「不毛」と「無駄」という言葉は、どちらも何も得るものがないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



不毛と無駄の違い

不毛と無駄の意味の違い

不毛と無駄の違いを分かりやすく言うと、どちらも何も得るものがないという共通する意味を持っているのですが、不毛はさらに作物が育たない意味も持っているという違いです。

不毛と無駄の使い方の違い

一つ目の不毛を使った分かりやすい例としては、「不毛な論争を終わらせたい」「不毛な争いは時間の無駄です」「不毛な土地で農業をするのは難しい」「不毛な仕事はいつ終わるのだろうか」「土壌の不毛化を止めたい」などがあります。

二つ目の無駄を使った分かりやすい例としては、「勉強したことは無駄にならない」「その努力は無駄な骨折りだ」「夫の無駄使いに目を瞑る」「必要な無駄も存在する」「色んな人と無駄話をした」などがあります。

不毛と無駄の使い分け方

不毛と無駄という言葉は、何も得るものがないという共通する意味を持っているのですが、不毛が持つ作物が育たないという意味は無駄で置き換えることが出来ません。

上記の「不毛な土地で農業をするのは難しい」を例に挙げると、「無駄な土地で農業をするのは難しい」となるのですが、要らない土地で農業するのは難しいという意味になってしまいます。

不毛はマイナスなイメージしかないのに対して、無駄はプラスなイメージに繋がるというのも不毛と無駄の違いになります。

不毛と無駄の英語表記の違い

不毛を英語にすると「barren」となり、例えば上記の「不毛な土地」を英語にすると「Barren land」となります。一方、無駄を英語にすると「Waste」となり、例えば上記の「無駄にならない」を英語にすると「Not wasted」となります。

不毛の意味

不毛とは

不毛とは、何の成果も得られないことを意味しています。

他にも、土地が痩せていて草木や作物が育たないことの意味も持っています。

表現方法は「不毛な会話」「不毛な争い」「不毛な質問」

「不毛な会話」「不毛な争い」「不毛な質問」「不毛すぎる」などが、不毛を使った一般的な表現方法です。

不毛の使い方

「これ以上の議論は不毛だ」「不毛な争いをしても誰も得しない」「不毛な仕事はもうやりたくない」「不毛な会議は時間の無駄だ」などの文中で使われている不毛は「何の成果も得られないこと」の意味で使われています。

一方、「この辺りはみんな不毛な土地だよ」「土壌の不毛化が始まってしまった」「不毛な半砂漠地域を大農業地帯へと変貌させた」などの文中で使われている不毛は「土地が痩せていて草木や作物が育たない」の意味で使われています。

不毛という言葉は上記の例のように二つの意味を持っているのですが、一般的に使われるのは、「何の成果も得られないこと」の意味です。「何も成果も得られないこと」の意味は日常生活やビジネスシーンなど幅広い範囲で使われています。

一方の「土地が痩せていて草木や作物が育たない」意味の場合、農業関係者や農作物を趣味で育ててる人にとっては馴染みの深い意味なはずです。しかし、普段農業と縁のない人々にとってはあまり馴染みのない意味になります。

「何の成果も得られない」という意味で不毛を使う場合は、マイナスなイメージになります。よく使われるフレーズとしては、「これ以の不毛な議論は辞めよう」や「不毛な作業はやりたくない」などがあります。

上記の「これ以上の不毛な議論を辞めよう」の分かりやすい意味としては、これ以上議論しても平行線のままいつまでも結論が出ないということです。「不毛な作業はやりたくない」を分かりやすい意味としては、時間が無駄になる作業はやりたくないとなります。

不毛の対義語

不毛の対義語・反対語としては、土地が肥えていて農作物がよく出来ることを意味する「肥沃」(読み方:ひよく)などがあります。

不毛の類語

不毛の類語・類義語としては、土地が荒れていて、雑草が生い茂っていること意味する「荒蕪」(読み方:こうぶ)、空虚であり内容がないことを意味する「虚しい」、束の間であっけなく消えていくことを意味する「儚い」、利益がないことを意味する「無益」などがあります。

不毛の不の字を使った別の言葉としては、状態が一定していないことを意味する「不安定」、動かないことを意味する「不動」、妊娠しないことを意味する「不妊」、滅びないことを意味する「不滅」、必要がないことを意味する「不要」などがあります。

無駄の意味

無駄とは

無駄とは、役に立たないことを意味しています。

表現方法は「無駄な会議」「無駄な時間」「無駄な動き」

「無駄な会議」「無駄な時間」「無駄な動き」などが、無駄を使った一般的な言い回しです。

無駄の使い方

無駄を使った分かりやすい例としては、「努力が無駄になることはない」「無駄な動きを減らそう」「時間を無駄にしがちな人もいる」「無駄使いが中々辞められない」「無駄口の多い人は仕事が遅い」「無駄な作業を減らして効率化を図りたい」などがあります。

その他にも、「無駄知識は人生を豊かにする」「仕事中に無駄話をしてしまった」「無駄口を叩いていたら怒られた」「無駄なことをするのが嫌いだ」「無駄な経費を減らそう」「遠回りでも全てが無駄にはならない」などがあります。

無駄という言葉は、日常生活やビジネスシーンなど幅広い場面で使われており、とても馴染みのある言葉です。「役に立たないこと」の意味を持っているためマイナスなイメージになりがちですが、使い方によってはプラスなイメージにもなります。

上記の「努力が無駄になることはない」や「遠回りでも全てが無駄にならない」は、無駄なことを経験したことにより、それが次に活きたというプラスナイメージになっています。

反対に、上記の「無駄使いが中々辞められない」や「無駄口を叩いていたら怒られた」などは、役に立たないことをしたというマイナスなイメージになっています。

四字熟語「無駄方便」の意味

無駄を使った四字熟語としては、「無駄方便」(読み方:むだほうべん)があります。無駄方便とは、無駄なことと思えるものでも、使い方ややり方次第で何かの役に立つこともあるということを意味しています。

無駄方便を使った分かりやすい例としては、「人生に無駄方便などはない」などがあります。この例文は人生に無駄なことなんて何もないという意味になります。

無駄の類語

無駄の類語・類義語としては、効果がないことを意味する「駄目」、物事がすっかりダメになることを意味する「台無し」、全くなくなることを意味する「ふい」、物事が途中でダメになることを意味する「おじゃん」、技術が劣っていることを意味する「へっぽこ」などがあります。

無駄の無の字を使った別の言葉としては、物事の道筋が立たず道理に合っていないことを意味する「無理」、価値がなくつまらないことを意味する「無意義」、縁がないことを意味する「無縁」、定まった職がないことを意味する「無職」などがあります。

不毛の例文

1.ネット上の不毛な論争はもう見飽きてしまった。
2.恋に恋してる自分が好きな人は、素敵な恋愛ではなく不毛な恋愛をするだろう。
3.この議論はいつ終わるか分からない不毛な争いだ。
4.不毛な仕事ばかりさせられていると、前向きな気持ちになれません。
5.議題が設定されていない会議は不毛な会議になりやすいので、毎度議題を設定するようにしよう。

この言葉がよく使われる場面としては、何の成果も得られないことを表現したい時などが挙げられます。

例文1や例文3のように「不毛な争い」という言葉を使う場合は、いつまでも終わらないという意味になります。「不毛な争い」という言葉は日常生活でもビジネスシーンでも使うことがあるため、目にしたことのある言葉なはずです。

無駄の例文

1.私は、人生に無駄なことは一つもないと思っている。
2.古いものを壊そうとしていくのは無駄な骨折りである。
3.毎月無駄使いをしてしまっているので、貯金が中々貯まらない。
4.普段の仕事で無駄な作業があると感じているので、それ失くす努力をしたい。
5.この世の中に何一つ無駄事はないはずだと考えて日々を過ごしている。

この言葉がよく使われる場面としては、役に立たないことを表現したい時などが挙げられます。

例文3の「無駄使い」という言葉は日常生活でよく使われるので、馴染みのある言葉なはずです。
また例文1や例文5のように、「無駄」という言葉を否定する文章にすると、役に立たないことはないという意味なりプラスなイメージで使われます。

無駄という言葉は人生の中ので数えきれないほど、使ったり聞いたりする言葉なはずです。正しい意味を理解し使いましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター