今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:16,446件

【今一度】と【再度】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「今一度」(読み方:いまいちど)と「再度」(読み方:さいど)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「今一度」と「再度」という言葉は、どちらも「もう一度」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




今一度と再度の違い

今一度と再度の意味の違い

今一度と再度の違いを分かりやすく言うと、再度よりも今一度の方が丁寧でかしこまった印象を与えるという違いです。

今一度と再度の使い方の違い

一つ目の今一度を使った分かりやすい例としては、「忘れ物がございませんか今一度ご確認ください」「今一度お二人に盛大な拍手をお送りくださいませ」「今一度心からお詫び申し上げます」「今一度お金の使い方を見直そう」などがあります。

二つ目の再度を使った分かりやすい例としては、「再度資料を送付させていただきます」「念のためメールを再度転送いたします」「再度にわたる値上げで家計が厳しい」「再度の注意喚起を行う」などがあります。

今一度と再度の使い分け方

今一度と再度という言葉は、どちらも「もう一度、もう一回」を意味する同義語です。「もう一度」よりも改まった表現であり、多くはビジネスシーンで用いられています。そのため、上記の例文にある「今一度」と「再度」を互いに入れ替えても、意味そのものは変わりません。

あえて違いを挙げるならば、再度よりも今一度の方が、かしこまった印象を与えることでしょう。今一度という言葉は、百人一首にも登場する古くからある表現であり、丁寧で改まったイメージを持つ言葉です。相手により丁寧でかしこまった印象を与えたい時には、今一度を使うと良いでしょう。

今一度と再度の英語表記の違い

今一度も再度も英語にすると「once more」「again」「for the second time」となり、例えば上記の「今一度ご確認ください」を英語にすると「Please check again」となります。

今一度の意味

今一度とは

今一度とは、もう一度、 もう一回を意味しています。

表現方法は「今一度ご確認のほどよろしくお願いいたします」「今一度ご確認ください」

「今一度ご確認のほどよろしくお願いいたします」「今一度ご確認ください」などが、今一度を使った一般的な言い回しです。

今一度の使い方

今一度を使った分かりやすい例としては、「今一度ご連絡をいただけると幸いです」「今一度、時間の使い方を考えてみましょう」「今一度気を引き締めて課題に取り組む」「英語を今一度勉強しようとテキストを購入しました」などがあります。

その他にも、「今一度ご確認いただけますでしょうか」「今一度ビジネスマナーを確かめる」「身の回りを今一度ご確認ください」「今一度改めてご注文ください」「今一度メールを送っていただけませんか」などがあります。

今一度とは、「もう一度」「もう一回」を意味し、「もう一度」というのを強調したり、堅苦しく表現する言い回しです。今一度の「今」は「さらに」「そのうえ」の意味で副詞的に用いられる言葉です。

今一度という言葉は、日常会話よりもビジネスシーンで使われ、特にかしこまった表現をしたい場面で用いられています。ただし、今一度は敬語ではないので、目上の方に使用する時には「今一度ご確認のほどお願いいたします」のように、敬語を組み合わせて使うといいでしょう。

「今一度お待ちください」は誤り

今一度を用いた誤った表現には「今一度お待ちください」があります。正しくは「今しばらくお待ちください」であり、少しの時間待ってもらうことを丁寧に依頼する言い回しです。

今一度の対義語

今一度の対義語・反対語としては、その時限りで後には続かないことを意味する「一度きり」などがあります。

今一度の類語

今一度の類語・類義語としては、、再び新しく行うさまを意味する「改めて」、前にあったことがもう一度繰り返されるさまを意味する「また」、同じ状態や動作を繰り返すことを意味する「ふたたび」、二度や再度を意味する「両度」などがあります。

再度の意味

再度とは

再度とは、ふたたび、二度を意味しています。

表現方法は「再度ご確認いただけますでしょうか」「再度お送りいたします」

「再度ご確認いただけますでしょうか」「再度お送りいたします」などが、再度を使った一般的な言い回しです。

再度の使い方

再度を使った分かりやすい例としては、「ビジネス英語の講座を再度申し込みました」「彼女と出会った公園に再度訪れた」「再度山登りにチャレンジするつもりです」「前回気に入った山荘に再度泊まろうと思います」などがあります。

その他にも、「再度ご連絡させていただきます」「請求書を再度お送りいたします」「再度メールを送るときは件名を工夫するように」「再度の執行猶予は要件が厳格になっています」などがあります。

再度の「再」は訓読みで「ふたたび」と読み、同じ動作や状態を繰り返すことを表します。回数や度数を表す「度」と組み合わさり、再度とは、同じことをさらに一度繰り返すさまを意味します。再度は少々固い表現のため、日常会話よりもビジネスシーンで使われる傾向があります。

「再度の執行猶予」の意味

上記の例文にある「再度の執行猶予」とは、現在執行猶予中の者が、再度刑の執行を猶予されることをいいます。刑法第25条に規定されており、その要件はきわめて厳格なものになっています。

再度の対義語

再度の対義語・反対語としては、一度きりであとの続かないものを意味する「単発」などがあります。

再度の類語

再度の類語・類義語としては、ある動作が二度も三度も行われることを意味する「再三」、ある動作が繰り返し行われるさまを意味する「再々」、度数の多いことを意味する「幾度」、同じことを繰り返すさまを意味する「重ねて」などがあります。

今一度の例文

1.緊急避難経路については、配布した小冊子を今一度ご確認ください。
2.経営が苦しいのであれば、今一度ビジネスモデルを見直した方がよいでしょう。
3.坂本龍馬が姉の乙女あてに送った手紙には、「今一度日本を洗濯致し候」と書かれていました。
4.インフルエンザの流行が予想されます。今一度正しい手洗いうがいを確認しましょう。
5.感染状況は落ち着いていますが、今一度気を引き締めて感染防止対策を徹底しましょう。

この言葉がよく使われる場面としては、もう一度、もういっぺんを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、今一度という言葉は、「もう一度」を強調したり、かしこまった表現をしたい時に用いられています。

再度の例文

1.台風や地震などによる災害に備えるために、防災用品や備蓄品を再度確認しておこう。
2.はじめは何も見ずに英文を聞いて、次にテキストを見ながら再度聞いて英語の発音を確認しましょう。
3.取引先からメールの返信がないので、再度メールを送るか否かで悩んでいます。
4.修正した見積書を再度お送りいたしますので、ご確認いただけますでしょうか。
5.この件に関しては社内で検討を行ったのち、再度ご連絡させていただきます。

この言葉がよく使われる場面としては、同じことが繰り返されるさまを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、再度という言葉は「もう一度」「もう一回」の意味を持ち、ビジネスシーンでよく使用される表現です。

今一度と再度という言葉は、どちらも「もう一度」を表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、より丁寧でかしこまった表現したい時は「今一度」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター