今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【スーパーバイザー】と【エリアマネージャー】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「スーパーバイザー」と「エリアマネージャー」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「スーパーバイザー」と「エリアマネージャー」という言葉は、「管理者や指導者」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




スーパーバイザーとエリアマネージャーの違い

スーパーバイザーとエリアマネージャーの意味の違い

スーパーバイザーとエリアマネージャーの違いを分かりやすく言うと、スーパーバイザーは仕入れ商品の管理者を表現する時に使い、エリアマネージャーは担当地域の管理者を表現する時に使うという違いです。

スーパーバイザーとエリアマネージャーの使い方の違い

一つ目のスーパーバイザーを使った分かりやすい例としては、「優秀なスーパーバイザーを上司に持つため安心して仕事ができる」「スーパーバイザーからの指導はわかりやすかった」「スーパーバイザーとして流行には敏感だ」などがあります。

二つ目のエリアマネージャーを使った分かりやすい例としては、「エリアマネージャーとして働くことが決まって親も安心したようだった」「エリアマネージャーとして複数の店舗を巡っている」などがあります。

スーパーバイザーとエリアマネージャーの使い分け方

スーパーバイザーとエリアマネージャーはどちらもビジネスシーンにて監視者や管理者を意味する言葉ですが、若干意味が異なります。

スーパーバイザーは、管理者としての役割を表す場合もありますが、流行に沿う消費者の需要に適した商品を仕入れる役割を指すこともある言葉です。

一方のエリアマネージャーは、担当する地域の店舗やそこで働く人たちの管理や監督を行う者や役割を指す言葉で、店舗責任者である店長の直属の上司とされる立場です。

そのため、どちらも複数の店舗を巡回して監督および責任者への指導を行いますが、スーパーバイザーは業種によっては商品の仕入れ管理を行う者も指し、エリアマネージャーは店舗やその店舗のスタッフに関する管理を行う者だけを表すという違いがあります。

また、職種によってはエリアマネージャーの方が広範囲の職務を負うことから、スーパーバイザーよりもポジションとして上と区別されることもあります。

スーパーバイザーとエリアマネージャーの英語表記の違い

スーパーバイザーを英語にすると「supervisor」となり、例えば上記の「優秀なスーパーバイザー」を英語にすると「a distinguished supervisor」となります。

一方、エリアマネージャーを英語にすると「area manager」となり、例えば上記の「エリアマネージャーとして働く」を英語にすると「work as an area manager」となります。

スーパーバイザーの意味

スーパーバイザーとは

スーパーバイザーとは、管理者や監督者を意味しています。

その他にも、商品の仕入れ担当をする人やその役職を指す言葉としても使われています。

スーパーバイザーの使い方

「スーパーバイザーとしてクレーム対応にあたる」「職場にたまにやってくるスーパーバイザーは気が付いたら去っていることが多い」などの文中で使われているスーパーバイザーは、「監督者」の意味で使われています。

一方、「スーパーバイザーに陳列時のコツも教えてもらった」「素敵なPOPはスーパーバイザーが置いてくれたものらしい」などの文中で使われているスーパーバイザーは、「商品の仕入れ管理者」の意味で使われています。

スーパーバイザーは英語で「supervisor」と表記され、監督者や管理人、指導者を意味する言葉として使われています。日本語でも同じように使われており、「SV」と省略されて使われることもあります。

具体的な業務は業種によって異なりますが、飲食店などでは複数の店舗を巡回して監督を行い、責任者への指導を行います。

ただし、小売業においては消費者の間での流行を把握し、商品の仕入れ管理を行う担当者を指し、コールセンターにおいては現場でオペレーターを管理する者を指します。

スーパーバイザーの類語

スーパーバイザーの類語・類義語としては、物事の管理を行うことやその役割を意味する「主管」、現場で指揮監督をする人を意味する「職長」、取り締まりや指示を出すことを意味する「監督」、指導者や演出家を意味する「ディレクター」などがあります。

エリアマネージャーの意味

エリアマネージャーとは

エリアマネージャーとは、担当地区の支店などを管理する役職を意味しています。

エリアマネージャーの使い方

エリアマネージャーを使った分かりやすい例としては、「エリアマネージャーとして店舗に来店する客層の分析などをする」「エリアマネージャーに求められる能力に関して学ぶ」「店長として培った経験をエリアマネージャーとして生かしたい」などがあります。

その他にも、「エリアマネージャーが店に来ると聞いて緊張してきた」「他のエリアマネージャーと情報交換をしたい」「自分がエリアマネージャーに向いているとは思えない」「エリアマネージャーと店長を兼ねる企業もあることを知った」などがあります。

エリアマネージャーは英語で「area manager」と表記され、地区支配人や支部長を意味する言葉で、日本語でも同じように使われています。「manager」という言葉は課長や部長を表す言葉として使われているため、エリアの部分を変えれば規模も変わります。

また、Appleなどの海外企業では英語で「regional manager」と表記されることもありますが、この読み方を和製英語として使うことはありません。

具体的な業務は企業によって様々ですが、社員やスタッフの勤怠管理などの管理や店舗状況の確認および把握などが主な仕事で、問題があった場合はその店舗の責任者に対して指導を行います。

似た言葉に「エリアマネジメント」がありますが、この言葉は企業内の役職や役割ではなく、民間による積極的なまちづくりのための取り組みを意味する言葉として使われているため、混同しないよう注意が必要です。

エリアマネージャーの類語

エリアマネージャーの類語・類義語としては、店の中で一番地位が上である人を意味する「店長」、課長などの現場を直接監督する役職を意味する「中間管理職」、管理や監督する立場にある職種を意味する「管理職」などがあります。

スーパーバイザーの例文と使い方

1.先ほど到着したばかりのスーパーバイザーは次の店舗に行かなければならないと足早に去っていった。
2.スーパーバイザーの養成のためのプログラムが発表され、後日オンライン研修に参加することにした。
3.スーパーバイザーという仕事についてあまり知らないが、業種によって異なるらしい。
4.並べられる商品にはスーパーバイザーの特色が表れるのかもしれないが、基本的には売上向上に繋がっていると言える。
5.売れ筋商品などを把握したり、そういった商品を販売する方法などもスーパーバイザーは考えなければならないらしい。

この言葉がよく使われる場面としては、管理者や監督者を意味する時などが挙げられます。

例文4と例文5のスーパーバイザーは、商品の仕入れをする担当を指す言葉として使われています。

エリアマネージャーの例文と使い方

1.アルバイト先の店長はごくまれに訪れるエリアマネージャーを信頼しているようだった。
2.店舗に顔を出すのに足を運ぶ時間がもったいなく感じていたが、最近はテレビ会議ができるツールがいくつもあるため重宝している。
3.将来的にエリアマネージャーから昇進することもあると思うと、今のうちに多くの経験を積んでおくべきだ。
4.担当地区に属する店舗の管理だけだと思っていたら、来年から指導まで担うことになったため何度も研修に参加している。
5.今月エリアマネージャーが別の人になった話を聞いたが、店長と同期の人らしく、業務外に和気あいあいと話をすることができた。

この言葉がよく使われる場面としては、担当地区の支店などを管理する役職を意味する時などが挙げられます。

どの例文のエリアマネージャーという言葉も、スーパーバイザーに置き換えて使うことができますが、企業によっては業種などが異なる場合もあるため、全く同じとは言えません。

スーパーバイザーとエリアマネージャーは、どちらも「管理者」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、仕入れ商品の管理者も表す場合は「スーパーバイザー」を、担当地域の管理者だけを表す場合は「エリアマネージャー」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター