今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【矮小化】と【歪曲化】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「矮小化」(読み方:わいしょうか)と「歪曲化」(読み方:わいきょくか)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「矮小化」と「歪曲化」という言葉は、どちらも「物事の本質がわからなくなること」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




矮小化と歪曲化の違い

矮小化と歪曲化の意味の違い

矮小化と歪曲化の違いを分かりやすく言うと、矮小化とは物事を小さく取り上げること、歪曲化とは物事の本質をゆがめることという違いです。

矮小化と歪曲化の使い方の違い

一つ目の矮小化を使った分かりやすい例としては、「教育格差の問題を矮小化するべきではない」「問題を矮小化することは間違っている」「ウィルスの危険性を認識しつつ矮小化を図る」「様々な植物種の矮小化現象が報告されている」などがあります。

二つ目の歪曲化を使った分かりやすい例としては、「彼はいつも斜に構えて歪曲化した見方ばかりする」「戦争の歴史事実が歪曲化されている」「意図的に歪曲化されたデータに惑わさてはいけません」などがあります。

矮小化と歪曲化の使い分け方

矮小化と歪曲化という言葉は、どちらも物事の捉え方や伝え方に関して使われ、本質が正しく把握できないさま表しますが、意味や使い方には違いがあります。

矮小化とは、物を小さくすること、物事の重要性を小さくして些末なものにしたり、物事の一部だけを断片的に捉えることを意味します。「問題を矮小化する」とは、問題の小さく取り上げて重要でないとすることであり、問題の本質が明らかなっていない状態です。

歪曲化とは、物事や事実などをわざとゆがめて伝えることを意味します。自分の都合のいいように故意に真実をゆがめてしまったり、ありのままの情報を伝えずに個人的な価値観を交えて話をすることなどを表します。

つまり、二つの言葉は結果的に物事の本質がわからなくなることを意味しますが、矮小化は物事を小さくみせることであり、歪曲化は物事をゆがめることを表す点に違いがあります。

矮小化と歪曲化の英語表記の違い

矮小化を英語にすると「trivialize」「minimization」「playing down」となり、例えば上記の「問題を矮小化する」を英語にすると「trivialize the problem」となります。

一方、歪曲化を英語にすると「distorted」「twisted」となり、例えば上記の「歪曲化した見方」を英語にすると「a distorted perspective」となります。

矮小化の意味

矮小化とは

矮小化とは、物事の重要性を些末なものにすること、物を小さくすることを意味しています。

矮小化の読み方

矮小化の読み方は「わいしょうか」です。誤って「あいしょうか」「いしょうか」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「問題を矮小化」「矮小化する」「矮小化される」

「問題を矮小化」「矮小化する」「矮小化される」などが、矮小化を使った一般的な言い回しです。

矮小化の使い方

矮小化を使った分かりやすい例としては、「矮小化することなく環境問題に取り組もう」「感染状況を矮小化して発表することは問題です」「痴漢はよくあることと矮小化されがちです」「英語のケアレスミスを矮小化してはいけません」などがあります。

その他にも、「遺伝子の欠損が植物の矮小化を引き起こす」「小さな島では動物が矮小化する傾向にあります」「事態を矮小化しようとしているのではないか」「戦争責任を矮小化しようとする答弁だ」などがあります。

矮小化の「矮小」は、丈が低く形の小さいこと、こぢんまりしていることを意味します。状態が変わることを表す「化」と組み合わさり、矮小化とは、実際の状態よりも小さく見せること、物事の重要性を縮小して些末にすることの意味で使われている言葉です。

矮小化という言葉の使い方は、大きく二通りあります。ひとつは「植物の矮小化」「動物が矮小化する」のように、目に見える物体が小さく変化することを表現する使い方です。

もうひとつの使い方は「事態を矮小化」「責任を矮小化」のように、目に見えない物事に対して、その本質を正しく捉えずに断片的に把握したり、実態よりも小さな事柄とみなすことを表します。ビジネスにおける議論の場でも、よく使用されている表現です。

矮小化の対義語

矮小化の対義語・反対語としては、元の状態から規模が増すことを意味する「巨大化」、実際よりも大げさに表現することを意味する「誇張」、物事を実質以上に誇張するさまを意味する「大袈裟」、物事を実際よりも高く見積もったり評価したりすることを意味する「過大評価」などがあります。

矮小化の類語

矮小化の類語・類義語としては、物事を実際よりも低く見積もったり評価したりすることを意味する「過小評価」、言動を遠慮がちにすることを意味する「控え目」、最小化することを意味する「ミニマイズ」などがあります。

歪曲化の意味

歪曲化とは

歪曲化とは、物事をわざとゆがめて伝えること、物をゆがめることを意味しています。

歪曲化の読み方

歪曲化の読み方は「わいきょくか」です。誤って「わんきょくか」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「歪曲化する」「歪曲化されている」

「歪曲化する」「歪曲化されている」などが、歪曲化を使った一般的な言い回しです。

歪曲化の使い方

歪曲化を使った分かりやすい例としては、「話を歪曲化しないでくれないか」「事実が歪曲化されているので何が本当かわかりません」「英語留学の思い出を歪曲化して話す」「歴史の記録が歪曲化されている」などがあります。

その他にも、「科学的事実を歪曲化してはいけません」「真相は意図的に歪曲化され闇に葬られた」「記憶の歪曲化には精神を安定させる効果があります」「戦況を歪曲化して国民に伝えている」などがあります。

歪曲化の「歪曲」は、物をゆがめ曲げること、事実をわざとゆがめて伝えることを意味します。以前と違った姿や状態になることを表す「化」と結び付き、歪曲化とは、物をゆがめること、物事の本質を故意にゆがめて伝えることを意味します。

歪曲化という言葉は、目に見える物体に対して使われることは少なく、ほとんどの場合は目に見えない概念や事実に対して使用されています。特に、物事を良くない方向にゆがめて伝えるさまを表すことが多い言葉です。

歪曲化の対義語

歪曲化の対義語・反対語としては、正しくて嘘や偽りのないことを意味する「正直」、ありのままで隠すところがないことを意味する「率直」、実際にあるとおりの偽りのない姿を意味する「ありのまま」などがあります。

歪曲化の類語

歪曲化の類語・類義語としては、真実ではないのに真実のように見せかけることを意味する「虚偽」、正直でないことを意味する「不正直」、事実を曲げて説明することを意味する「曲説」、事実を曲げて書くことを意味する「曲書」などがあります。

矮小化の例文

1.いじめ問題を矮小化したり無視してしまうと、取り返しのつかないことになるかも知れません。
2.人権問題が矮小化されることのないよう、人権啓発活動に取り組んでいます。
3.親から褒められずに叱られて育った子どもは、自己矮小化の傾向があります。
4.本当に困っている人ほど、自分の状況を矮小化しようとする心理が働くようです。
5.生物は、生態系や環境に応じて体のサイズが巨大化もしくは矮小化すると考えられています。

この言葉がよく使われる場面としては、実態よりも小さく見せること、物事を些末にすること、物体を小さくすることを表現したい時などが挙げられます。

例文3にある「自己矮小化」とは、自分の長所や成功を過小評価する考え方であり、自分の短所や失敗を大きく捉えるような自己肯定感の低さを表します。

歪曲化の例文

1.現実を歪曲化して、自分の都合の良いように解釈することはとても危険です。
2.侵略の歴史を美化し、過去の行為の事実を歪曲化することは、未来のためにはなりません。
3.事実を歪曲化する人は、他人から批判されたくないという気持ちが大きいようです。
4.実際の出来事を歪曲化することで、彼女は面目を保とうとしているのかもしれない。
5.クラスメイトは周囲から悪い印象を持たれないよう、後ろめたい事実は歪曲化しているようだ。

この言葉がよく使われる場面としては、事実などを偽ってゆがめることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、歪曲化という言葉は物事をゆがめて伝えることを表し、マイナスイメージを伴います。

矮小化と歪曲化という言葉は、どちらも「物事の本質がわからなくなるさま」を表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、物事を小さく捉えるさまを表現したい時は「矮小化」を、事実をゆがめるさまを表現したい時は「歪曲化」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター