今日の買取件数:20件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:28,206件

【ガチ勢】と【エンジョイ勢】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た言葉である「ガチ勢」(読み方:がちぜい)と「エンジョイ勢」(読み方:えんじょいぜい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。




「ガチ勢」と「エンジョイ勢」の違い

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」の意味の違い

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」の違いを分かりやすく言うと、「ガチ勢」とは真剣にゲームに取り組んで勝ちにこだわる人のこと、「エンジョイ勢」とは勝ち負けにこだわらず純粋にゲームを楽しむ人のことという違いです。

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」の使い方の違い

一つ目の「ガチ勢」を使った分かりやすい例としては、「ガチ勢とマッチしてしまいボコボコにされました」「彼はランキング1位を狙っているのでガチ勢と言えるだろう」「彼は毎月10万円課金しているガチ勢です」などがあります。

二つ目の「エンジョイ勢」を使った分かりやすい例としては、「私はエンジョイ勢なので好きなキャラを使います」「ガチ勢とエンジョイ勢は分かり合えないと思う」「エンジョイ勢なのであまり課金はしていません」などがあります。

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」の使い分け方

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」はどちらもインターネットスラングですが、意味は全く異なっている言葉と覚えておきましょう。

「ガチ勢」は真剣にゲームに取り組んで勝ちにこだわる人のことを表現ているのに対して、「エンジョイ勢」は勝ち負けにこだわらず純粋にゲームを楽しむ人のことを表現しているというのが違いです。

つまり、「ガチ勢」と「エンジョイ勢」の一番の違いは目的が異なっているという点になります。

また、「ガチ勢」と「エンジョイ勢」は元々ゲーム用語でしたが、汎用性が非常に高いためゲーム以外のジャンルでも使われるようになっています。

インターネットスラングとは、インターネット上で使われている俗語のことを意味しています。

そのため、流行語や若者言葉などと同じように、時代ととも意味や使い方にも変化が生じると覚えておきましょう。また、インターネットスラングはビジネスシーンで使うことはできません。

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」はインターネットスラングなので、直訳した英語表現はありません。

「ガチ勢」の意味

「ガチ勢」とは

「ガチ勢」とは、とある物事に本気になって全力で取り組む人のことを意味しています。

「ガチ勢」の読み方

「ガチ勢」の読み方は「がちぜい」です。誤って「がちせい」などと読まないようにしましょう。

「ガチ勢」の使い方

「ガチ勢」を使った分かりやすい例としては、「ガチ勢とエンジョイ勢はお互いに分かり合えないだろう」「ガチ勢としてはこのグッズは絶対に手に入れておきたいです」「彼は人気アイドルのガチ勢です」などがあります。

「ガチ勢」はプラスとマイナスのイメージどちらでも使えるのが特徴です。例えば、本気で取り組んでいて凄いというニュアンスで使う場合にはプラスのイメージになります。

一方、「趣味に力入れすぎ」「現実世界を捨ててゲームにのめり込みすぎ」などのようなニュアンスで使う場合は、マイナスのイメージになると覚えておきましょう。

「ガチ勢」の由来

「ガチ勢」は真剣や本気でのことを意味する「ガチンコ」を省略した「ガチ」に、社会的な集団が持つ他の集団を抑える力のことを意味する「勢力」を省略した「勢」が合わさり、とある物事に本気になって全力で取り組む人のことを意味するインターネットスラングです。

元々はゲーム用語で、ゲーム内のランキング上位を狙ったり、勝負に勝つためにたくさん課金するなどのゲームに対して本気で取り組む人に対して使う言葉でした。

しかし、「ガチ勢」は非常に汎用性が高かったため、「アイドルガチ勢」「キャラクターガチ勢」「ハロウィンガチ勢」「サッカーガチ勢」などのように、ゲーム以外のジャンルでもオタク度が高い場合に使われるようになりました。

「ガチ勢」の類語

「ガチ勢」の類語・類義語としては、ある特定の分野において精通している人のことを意味する「専門家」、特定の趣味に没頭しすぎて日常生活に支障をきたしている人のことを意味する「廃人」、ある物事に熱中している人のことを意味する「マニア」などがあります。

「エンジョイ勢」の意味

「エンジョイ勢」とは

「エンジョイ勢」とは、純粋に楽しむことを目的にする人のことを意味しています。

「エンジョイ勢」の読み方

「エンジョイ勢」の読み方は「えんじょいぜい」です。誤って「えんじょいせい」などと読まないようにしましょう。

「エンジョイ勢」の使い方

「エンジョイ勢」を使った分かりやすい例としては、「エンジョイ勢なので勝敗は気にしていません」「私は自称エンジョイ勢が嫌いです」「ゲームに課金は全然していないがエンジョイ勢なので毎日楽しく遊べています」などがあります。

「エンジョイ勢」は、十分に楽しむことを意味する「エンジョイ」に、社会的な集団が持つ他の集団を抑える力のことを意味する「勢力」を省略した「勢」が合わさり、純粋に楽しむことを目的にする人のことを意味するインターネットスラングです。

「エンジョイ勢」は2010年代から使われた始めた比較的新しい言葉になります。勝敗などにはこだわらずに、気楽にゲームを楽しむライトーユーザー達の名称です。

「エンジョイ勢」はゲームを楽しんでいるというプラスのイメージでのみ使う言葉にみえますが、ゲームを本気でやらない人への煽りや、ゲームで勝てないことの言い訳としてマイナスなイメージでも使われています。

特に、自分で「エンジョイ勢」を名乗る「自称エンジョイ勢」はネット上で非常に嫌われているのが現状です。なぜなら、ガチでやってはいるもののガチ勢になりきれなかった人や、負けることへの予防線を張る人がよく使うワードだからです。

「エンジョイ勢」の類語

「エンジョイ勢」の類語・類義語としては、マイペースにゲームを楽しんでいる人のことを意味する「まったり勢」、とある物事に対して軽く楽しんでいる人のたちのことを意味する「ライト勢」などがあります。

「ガチ勢」の例文

1.彼はこのゲームのガチ勢なので、新キャラがリリースされる度にガチャを回しています。
2.彼女はハロウィンガチ勢なので、毎年手の込んだ衣装を作っています。
3.ガチ勢の動画配信を観てみたが、上手さが私たちとはケタ違いです。
4.彼はガチ勢だけど、エンジョイ勢の私とも遊んでくれるとても優しい人です。
5.彼女はガチ勢なので、推しの地下アイドルのライブには全て参加しています。
6.サッカー好きな彼に連れられてスポーツバーに行ったが、お客さんはガチ勢ばかりでさっぱり話題についていけなかった。
7.アニメの放映が終わると掲示板でガチ勢のファンたちが、エピソードの細かいディテールを分析し討論しています。
8.彼はあの人気アイドルのガチ勢だから、君みたいなミーハーにファンだと公言されると嫌な顔をしてくるだろうな。
9.今まで彼女のことをグラビアアイドルだからと舐めていたが、ガチ勢だとわかるとファンからも一目置かれるようになりました。
10.彼は毎月10万円課金しているガチ勢だが、遊びながらやっている私と比べても大して強くありませんでした。

この言葉がよく使われる場面としては、とある物事に本気になって全力で取り組む人のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ガチ勢」はインターネットスラングになります。

「エンジョイ勢」の例文

1.彼は自称エンジョイ勢だが、自分が弱いことの言い訳をしてるようにしか思えません。
2.私はエンジョイ勢なので勝敗は気にせず、みんなと楽しむことを目的としています。
3.ガチ勢とエンジョイ勢は分かり合えないと思うので、住み分けをした方がいいだろう。
4.とある対戦ゲームが地上波で取り上げられてから、エンジョイ勢が増えたと思います。
5.私はエンジョイ勢なので、高難易度のダンジョンへは挑まないようにしています。
6.彼らは試合の勝敗よりも楽しみに焦点を当てるエンジョイ勢で、競争心よりも友情を大切にします。
7.このオンライン対戦ゲームでは、エンジョイ勢とプロプレイヤーのスキルの違いがはっきりと見られます。
8.私はゲームが大好きだけど、あくまでエンジョイ勢だから本格的な大会に出たりするつもりはありません。
9.オンラインゲームをヒットさせるには、エンジョイ勢とガチ勢が均衡を保つことが、成功の鍵とされています。
10.このゲームは今までモノよりも高難易度でエンジョイ勢にはクリアするのは到底無理だと言われました。

この言葉がよく使われる場面としては、純粋に楽しむことを目的にする人のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「エンジョイ勢」はインターネットスラングになります。

「ガチ勢」と「エンジョイ勢」は似た言葉ですが対義語になっています。

どちらの言葉を使うか迷った場合、真剣にゲームに取り組んで勝ちにこだわる人のことを表現したい時は「ガチ勢」を、勝ち負けにこだわらず純粋にゲームを楽しむ人のことを表現したい時は「エンジョイ勢」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター