今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【ご容赦願います】と【ご容赦ください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご容赦願います」(読み方:ごようしゃねがいます)と「ご容赦ください」(読み方:ごようしゃください)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」という言葉は、どちらも相手に許しを請うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご容赦願います」と「ご容赦ください」の違い

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」の意味の違い

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」の違いを分かりやすく言うと、「ご容赦願います」よりも「ご容赦ください」の方がやや一般的な表現という違いです。

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」の使い方の違い

一つ目の「ご容赦願います」を使った分かりやすい例としては、「状況によってはご注文をお引き受けかねますのでご容赦願います」「至らぬ点も多いと思いますが何卒ご容赦願います」「只今入場制限を行なっておりますのでご容赦願います」などがあります。

二つ目の「ご容赦ください」を使った分かりやすい例としては、「当店は現金のみでのお支払いとなっていますのでご容赦ください」「休日の連絡となってしまいご容赦ください」「私のつたない英語をご容赦ください」などがあります。

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」の使い分け方

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」はどちらも相手に許しを請うことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご容赦願います」よりも「ご容赦ください」の方がやや一般的な表現という点です。

ただし、「ご容赦願います」と「ご容赦ください」は同じ意味で同じ使い方をするので、基本的には好きな方を使って問題ありません。

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」の英語表記の違い

「ご容赦ください」も英語にすると「please accept my apology」「please pardon」となり、例えば上記の「私のつたない英語をご容赦ください」を英語にすると「Please pardon my poor English」となります。

「ご容赦願います」の意味

「ご容赦願います」とは

「ご容赦願います」とは、相手に許しを請うことを意味しています。

表現方法は「何卒ご容赦願います」「どうかご容赦願います」

「何卒ご容赦願います」「どうかご容赦願います」などが、「ご容赦願います」を使った一般的な言い回しになります。

「ご容赦願います」の使い方

「ご容赦願います」を使った分かりやすい例としては、「無料配布分は終了いたしましたので何卒ご容赦願います」「お振込み後の返金はご容赦います」「行き違いでお手続きを完了していた場合は何卒ご容赦願います」などがあります。

「ご容赦願います」は、許すことを意味する「容赦」に、お願いすることを意味する「願います」と接頭語の「ご」が合わさり、相手に許してくださいと謙ってお願いする場合に使う言葉です。

「ご容赦願います」は相手に許しを請うことを意味する言葉ですが、こちらの不手際で相手に迷惑をかけてしまった時には使うのに適していません。その場合は、「大変申し訳ござせません」「心より謝罪申し上げます」のようなシンプルな謝罪の言葉を述べるようにしましょう。

ではどういう場面で使うのが適しているのかというと、「開封済み商品の返品には対応いたしかねますこと何卒ご容赦願います」「商品がなくなり次第販売を終了させていただきますのでご容赦願います」などのように、事前に断りを入れたい場合になります。

「ご容赦願います」は目上の親しい上司などに対して使える

「ご容赦願います」はビジネスシーンで目上の人に対しても使える言葉ですが、顔なじみの取引先や親しい上司などの近い間柄でのみ使うようにしましょう。謙譲語ですがやや敬意が薄れている言葉なので、社外の人や役職の離れた上司などに使うのは適していません。

もし、社外の人や役職の離れた上司などの目上の人に使いたいおであれば、「ご容赦いただきますようお願い申し上げます」のように、さらに丁寧な表現にする必要があると覚えておきましょう。

「ご容赦願います」の類語

「ご容赦願います」の類語・類義語としては、相手に謝罪の気持ちを述べることを意味する「お許しください」があります。

「ご容赦ください」の意味

「ご容赦ください」とは

「ご容赦ください」とは、相手に許しを請うことを意味しています。

表現方法は「何卒ご容赦ください」「どうかご容赦ください」

「何卒ご容赦ください」「どうかご容赦ください」などが、「ご容赦ください」を使った一般的な言い回しになります。

「ご容赦ください」の使い方

「ご容赦ください」を使った分かりやすい例としては、「その日は予定があるため参加することができませんのでご容赦ください」「メンテナンス中は当サイトをご利用できませんのでご容赦ください」「至らぬ点も多いと思いますが何卒ご容赦ください」などがあります。

「ご容赦ください」は、許すことを意味する「容赦」に、丁寧語の「ください」と接頭語の「ご」が合わさり、相手に許してくださいと謙ってお願いする場合に使う言葉です。

「ご容赦ください」は相手に許しを請うことを意味する言葉ですが、こちらの不手際で相手に迷惑をかけてしまった時には使うのに適していません。その場合は、「大変申し訳ござせません」「心より謝罪申し上げます」のようなシンプルな謝罪の言葉を述べるようにしましょう。

ではどういう場面で使うのが適しているのかというと、「こちらの商品は返品には対応いたしかねますこと何卒ご容赦ください」「お時間になり次第終了させていただきますのでご容赦ください」などのように、事前に断りを入れたい場合になります。

「ご容赦ください」は目上の親しい上司などに対して使える

「ご容赦ください」はビジネスシーンで目上の人に対しても使える言葉ですが、顔なじみの取引先や親しい上司などの近い間柄でのみ使うようにしましょう。謙譲語ですがやや敬意が薄れている言葉なので、社外の人や役職の離れた上司などに使うのは適していません。

もし、社外の人や役職の離れた上司などの目上の人に使いたいのであれば、「ご容赦いただければ幸いです」のように、さらに丁寧な表現にする必要があると覚えておきましょう。

「ご容赦ください」の類語

「ご容赦ください」の類語・類義語としては、相手に対して理解を得ることを意味する「ご理解ください」、相手に対して了承を得ることを意味する「ご了承ください」などがあります。

「ご容赦願います」の例文

1.当店では現金のみのお支払いとなっております。大変申し訳ございませんが予めご容赦願います。
2.感染防止対策のため、営業時間を短縮しております。何卒ご容赦願います。
3.貰った全てのメッセージに返信できるわけではないので、ご容赦願います。
4.当日は会場近辺の混雑が予想されますので、お車でのご来場は何卒ご容赦願います。
5.来週からは夏季休業となりますので、何卒ご容赦願います。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に許しを請うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご容赦願います」はビジネスシーンにおいても使える言葉です。

「ご容赦ください」の例文

1.こちら限定商品となっており数に限りがございますので、売り切れの際は何卒ご容赦ください。
2.私用により明日から1週間休業とさせていただきます。どうかご容赦ください。
3.ご相談内容によっては回答が難しい場合もございますので、何卒ご容赦ください。
4.お間違いのないよう細心の注意を払っていますが、万一、メールの内容にお心当たりがない場合は、ご容赦くださいますようお願いいたします。
5.本人には厳重に注意いたしますので、何卒ご容赦ください。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に許しを請うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご容赦ください」はビジネスシーンにおいても使える言葉です。

「ご容赦願います」と「ご容赦ください」はどちらも相手に許しを請うことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、基本的に同じ使い方をするので、好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター