今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【お忙しいところ恐縮ですが】と【お忙しいところ恐れ入りますが】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お忙しいところ恐縮ですが」(読み方:おいそがしいところきょうしゅくですが)と「お忙しいところ恐れ入りますが」(読み方:おいそがしいところおそれいりますが)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」という言葉は、どちらも忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」の違い

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味の違い

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」の違いを分かりやすく言うと、「お忙しいところ恐縮ですが」の方が「お忙しいところ恐れ入りますが」よりもかしこまった表現という違いです。

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」の使い方の違い

一つ目の「お忙しいところ恐縮ですが」を使った分かりやすい例としては、「お忙しいところ恐縮ですがご確認のほどよろしくお願いいたします」「お忙しいところ恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます」などがあります。

二つ目の「お忙しいところ恐れ入りますが」を使った分かりやすい例としては、「お忙しいところ恐れ入りますがご参加のほどよろしくお願いいたします」「お忙しいところ恐れ入りますがご検討の程よろしくお願いいたします」などがあります。

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」の使い分け方

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」はどちらも忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しており、大きな違いはありません。

あえて違いを挙げるならば、「お忙しいところ恐縮ですが」の方が「お忙しいところ恐れ入りますが」よりもかしこまった表現という点です。

そのため、「お忙しいところ恐縮ですが」はよ上司や取引先などのより丁寧に表現したい場面で使うと覚えておきましょう。

また、「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」はメールや文章の書き言葉として使うことが多いです。

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」の英語表記の違い

「お忙しいところ恐縮ですが」も「お忙しいところ恐れ入りますが」も英語にすると「I know you’re busy」「I understand you are very busy」となります。

例えば上記の「お忙しいところ恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます」を英語にすると「I understand you are very busy, but I appreciate your help」となります。

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味

「お忙しいところ恐縮ですが」とは

「お忙しいところ恐縮ですが」とは、忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しています。

「お忙しいところ恐縮ですが」を「お忙しい所恐縮ですが」とするのは誤り

「お忙しいところ恐縮ですが」を「お忙しい所恐縮ですが」とするのは誤りなので注意しましょう。「ところ」を「所」を漢字にするのは、具体的な場所や地点、箇所を指す場合のみになります。

表現方法は「お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします」

「お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします」「お忙しいところ恐縮ですが確認お願いします」などが、「お忙しいところ恐縮ですが」を使った一般的な言い回しになります。

「お忙しいところ恐縮ですが」の使い方

「お忙しいところ恐縮ですが」を使った分かりやすい例としては、「お忙しいところ恐縮ですが先日の件ご返答いただけますと幸いです」「お忙しいところ恐縮ですが、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加ください」などがあります。

「お忙しいところ恐縮ですが」は多くの用事に追われて暇がないことを意味する「お忙しい」に、そのような場面や状況のことを意味する「ところ」と、相手に失礼したり迷惑をかけたりしたことに対して申し訳なく思うことを意味する「恐縮ですが」が合わさったクッション言葉です。

クッション言葉とは、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことで、「夜分遅くに」の他にも、「ご確認のほど」「恐れ入りますが」「お手数ですが」などがあります。

「お忙しいところ恐縮ですが」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉で、何かを頼むようなときに、相手の状態をねぎらう意味で使います。また、とてもかしこまった表現なので、上司や取引先などの目上の人に対しても使用することが可能です。

「お忙しいところ恐縮ですが」は、話し言葉よりも社内メールや社外メールなどの書き言葉として使うことが多いと覚えておきましょう。

「お忙しいところ恐縮ですが」の類語

「お忙しいところ恐縮ですが」の類語・類義語としては、用事で忙しくされて申し訳ないですがのことを意味する「ご多用の折お手数をおかけしますが」、相手に迷惑をかけたことに対して非常に申し訳なく思っていることを意味する「大変恐縮ですが」などがあります。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味

「お忙しいところ恐れ入りますが」とは

「お忙しいところ恐れ入りますが」とは、忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しています。

「お忙しいところ恐れ入りますが」を「お忙しい所恐れ入りますが」とするのは誤り

「お忙しいところ恐れ入りますが」を「お忙しい所恐れ入りますが」とするのは誤りなので注意しましょう。「ところ」を「所」を漢字にするのは、具体的な場所や地点、箇所を指す場合のみになります。

表現方法は「お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願いします」

「お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願いします」「お忙しいところ恐れ入りますが確認お願いします」などが、「お忙しいところ恐れ入りますが」を使った一般的な言い回しになります。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の使い方

「お忙しいところ恐れ入りますが」を使った分かりやすい例としては、「お忙しいところ恐れ入りますがお送りした資料をご査収ください」「お忙しいところ恐れ入りますが今月中にご返信いただけると幸いです」などがあります。

「お忙しいところ恐れ入りますが」は、多くの用事に追われて暇がないことを意味する「お忙しい」に、そのような場面や状況のことを意味する「ところ」と、相手に失礼したり迷惑をかけたりしたことに対して申し訳なく思うことを意味する「恐れ入りますが」が合わさったクッション言葉です。

「お忙しいところ恐れ入りますが」は、ビジネスシーンにおいてよく使われています。また、謙った表現なので目上の人に対して使用しても問題ありません。ただし、より敬意を表したい場合はさらに丁寧な表現である「お忙しいところ恐縮ですが」を使った方がいでしょう。

また、「お忙しいところ恐れ入りますが」はビジネスメールなどの書き言葉として使われることが多い言葉です。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の類語

「お忙しいところ恐れ入りますが」の類語・類義語としては、忙しいのに申し訳ないことを意味する「ご多用のところ恐れ入りますが」、忙しくしている人に申し訳ないと伝えることを意味する「ご多忙のところ恐れ入りますが」などがあります。

「お忙しいところ恐縮ですが」の例文

1.お忙しいところ恐縮ですが、折り返しのお電話をいただけると幸いです。
2.お忙しいところ恐縮ですが、一度弊社にお越しいただけますでしょうか。
3.お忙しいところ恐縮ですが、先日ご提案した件ご検討いただけますと幸いです。
4.お忙しいところ恐縮ですが、こちらの資料をご確認いただけますか。
5.お忙しいところ恐縮ですが、ぜひご参加いただけると幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、忙しいのに申し訳ないと伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お忙しいところ恐縮ですが」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文

1.お忙しいところ恐れ入りますが、ご返信いただけると幸いに存じます
2.お忙しいところ恐れ入りますが、こちらのアンケートをご回答のほどよろしくお願いいたします。
3.お忙しいところ恐れ入りますが、来週の水曜日までにご返信くださるようお願い申し上げます。
4.お忙しいところ恐れ入いりますが、ぜひご出席いただきますようお願い申し上げます。
5.お忙しいところ恐れ入りますが、一つご確認していただきたい件がございます。

この言葉がよく使われる場面としては、忙しいのに申し訳ないと伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お忙しいところ恐れ入りますが」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「お忙しいところ恐縮ですが」と「お忙しいところ恐れ入りますが」はどちらも忙しいのに申し訳ないと伝えることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「お忙しいところ恐縮ですが」の方が「お忙しいところ恐れ入りますが」よりもかしこまった表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター