今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【サプライチェーン】と【バリューチェーン】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「サプライチェーン」と「バリューチェーン」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「サプライチェーン」と「バリューチェーン」という言葉は、「製品が生み出されるプロセス」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




サプライチェーンとバリューチェーンの違い

サプライチェーンとバリューチェーンの意味の違い

サプライチェーンとバリューチェーンの違いを分かりやすく言うと、サプライチェーンは複数の企業が関与するモノの流れ方を表現する時に使い、バリューチェーンは一つの企業内での価値の生まれ方を表現する時に使うという違いです。

サプライチェーンとバリューチェーンの使い方の違い

一つ目のサプライチェーンを使った分かりやすい例としては、「サプライチェーンの障害は生産活動に大きな影響を与えるだろう」「都市の封鎖はサプライチェーンの強靭化という課題を突き付けてきた」などがあります。

二つ目のバリューチェーンを使った分かりやすい例としては、「バリューチェーンを図示している資料が配布される」「業界によってバリューチェーンの区分も異なる」「バリューチェーンを上手く活用して利益を高めていきたい」などがあります。

サプライチェーンとバリューチェーンの使い分け方

サプライチェーンとバリューチェーンはどちらも、製品やサービスの繋がりに関する言葉ですが、指し示す部分が若干異なります。

サプライチェーンは、原料の状態から製品やサービスが消費者の元へ届くまでの過程を指します。そのため複数の企業で役割を分担した場合でもサプライチェーンという言葉で表すことができます。

一方のバリューチェーンは、企業における開発、資材調達、製造、販売、そして出荷までの過程を指す言葉で、効率化を目指すために一つの企業の中でこれらの業務を分割します。

つまり、サプライチェーンは原材料から製品となって消費者の元へ届くまでのモノの流れを重視し、バリューチェーンは製品やサービスが消費者の元へ届くまでの価値が付加される流れを重視する考え方であり、明確な違いがあります。

また、他企業が担う部分も視野に入れて複数の企業が関与する過程を表すサプライチェーンに、一つの企業の中での開発から出荷までの過程を表すバリューチェーンが含まれているとも言えます。

サプライチェーンとバリューチェーンの英語表記の違い

サプライチェーンを英語にすると「supply chain」となり、例えば上記の「サプライチェーンの障害」を英語にすると「supply chain troubles」となります。

一方、バリューチェーンを英語にすると「value chain」となり、例えば上記の「バリューチェーンを図示している」を英語にすると「One illustrates a value chain」となります。

サプライチェーンの意味

サプライチェーンとは

サプライチェーンとは、原料の状態から製品やサービスが消費者の元へ届くまでのプロセスを意味しています。

サプライチェーンの使い方

サプライチェーンを使った分かりやすい例としては、「サプライチェーン・マネジメントはICTの発達によって行いやすくなった」「サプライチェーンの脆弱性を確認した」「サイバー犯罪によってサプライチェーンが脅かされることもある」などがあります。

その他にも、「サプライチェーンの強靭化には時間が掛かるだろう」「サプライチェーンの途絶が今後大きなリスクになることは分かり切っている」「サプライチェーンを構築することは必要不可欠なことだ」などがあります。

サプライチェーンは英語で「supply chain」と表記され、供給連鎖という意味で使われています。日本語でも同じように、資材の調達や製品の販売、配送などの供給の流れを表す言葉として使われています。

「サプライチェーン・マネジメント」の意味

上記例文の「サプライチェーン・マネジメント」とは、原料や部品の調達、製造、流通、販売といった一製品が消費者の元まで辿り着くまでの過程の情報を管理することで、企業の利益を高めようとする経営手法を意味する言葉です。

「サプライチェーン・プランニング」の意味

また、これら過程におけるそれぞれの計画を立てることを「サプライチェーン・プランニング」と呼び、そのためのシステムやアプリケーションも同じように呼ばれることがあります。

サプライチェーンの対義語

サプライチェーンの対義語・反対語としては、消費者を軸にして開発、生産、流通、販売などの管理を行う方法を意味する「デマンドチェーン」があります。

サプライチェーンの類語

サプライチェーンの類語・類義語としては、生産者から消費者の手元に届くまでの商品の流れを意味する「物流」、商品や生産者から消費者に渡ることを意味する「流通」などがあります。

バリューチェーンの意味

バリューチェーンとは

バリューチェーンとは、企業における開発や製造から販売や出荷までのプロセスを意味しています。

バリューチェーンの使い方

バリューチェーンを使った分かりやすい例としては、「バリューチェーンマネジメントによって効率化や最適化が目指されている」「バリューチェーンは企業の強みと弱みを発見するために適した方法だ」などがあります。

その他にも、「有名な旅客機はグローバル・バリューチェーンによって生み出されている」「バリューチェーンを活用する企業は少なくない」「サービス業の多くは企画から後々のサポートまでをバリューチェーンとしている」などがあります。

バリューチェーンは英語で「value chain」と表記され、価値連鎖という意味で使われています。1985年に『競争優位の戦略』でマイケル・ポーターが用いたことから使われるようになりました。

「バリューチェーンマネジメント」の意味

上記例文の「バリューチェーンマネジメント」とは、商品やサービスが消費者に提供されるまでの流れを管理することです。どういった価値が付与されたのか、その価値に見合うコストなのかなどのバリューチェーン分析を行うことで、より多くの利益を生み出します。

「グローバル・バリューチェーン」の意味

また、上記例文の「グローバル・バリューチェーン」は、製品を構成する部品を複数の国で役割を分担して製造を行う流れを指す言葉です。部品を製造する国、その部品を使って組み立てる国、さらにそれを完成品に組み立てる国など複数の国をまたいで製造されます。

バリューチェーンの対義語

バリューチェーンの対義語・反対語としては、業界全体において価値が生み出されるプロセスを意味する「ビジネスチェーン」があります。

バリューチェーンの類語

バリューチェーンの類語・類義語としては、消費者に製品を届けるまでにどのような活動が必要なのかなどを分析する手法を意味する「ビジネスシステム」、複数の企業が共存共栄していく仕組みを意味する「エコシステム」などがあります。

サプライチェーンの例文と使い方

1.自然災害だけでなく人的災害でもサプライチェーンの混乱は起きるため、万が一の場合を考えておくことは悪いことではないだろう。
2.デジタル化が進んでからサプライチェーンに大きな変革がもたらされたのは言うまでもない。
3.都市が封鎖されたことによってサプライチェーンが寸断および停滞したため、企業の移転や回帰などの動きが見られるようになった。
4.持続可能なサプライチェーンの構築ができなければ破綻してしまうため、戦略の策定からしっかりと行うべきだ。
5.サプライチェーンの脆弱性が明るみになったことで、補助金の申請を受け付けるなどの対策が取られることとなった。

この言葉がよく使われる場面としては、原料の状態から製品やサービスが消費者の元へ届くまでのプロセスを意味する時などが挙げられます。

どの例文のサプライチェーンという言葉もモノの流れを重視しているため、バリューチェーンという言葉に置き換えて使うことはできません。

バリューチェーンの例文と使い方

1.バリューチェーンではまず、主活動と支援活動に分類されて考えられ、どの部分で価値が生み出されているかが考えられる。
2.バリューチェーン分析を行うことで、コストの把握や無駄の削減をすることができ、自社の強みなども見えてくる。
3.バリューチェーンを活用する企業としては、スターバックスコーヒーやユニクロが有名だが、多くの企業が導入している。
4.企業の活動が多ければ多いほど、バリューチェーンを意識した経営を行う方が管理がしやすいのではないだろうか。
5.もともとはバリューチェーンは製造業にて使われていた手法であるため、分析方法も業種が変われば異なるのだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、企業における開発や製造から販売や出荷までのプロセスを意味する時などが挙げられます。

例文1の主活動は購買および出荷物流、製造、広告や販売、そしてサービスで構成され、支援活動は企業のインフラ、人材資源の管理、技術開発、そして調達で構成されています。

サプライチェーンとバリューチェーンは、どちらも「製品が生み出されるプロセス」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、モノの流れ方を表す場合は「サプライチェーン」を、価値の生まれ方を表す場合は「バリューチェーン」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター