今日の買取件数:60件/今月の買取件数:520件/累計買取件数:26,406件

【啓示】と【天啓】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「啓示」(読み方:けいじ)と「天啓」(読み方:てんけい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「啓示」と「天啓」という言葉は、どちらも「神の教え」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




啓示と天啓の違い

啓示と天啓の意味の違い

啓示と天啓の違いを分かりやすく言うと、啓示とは神の教えだけでなく分かるように示すことも表し、天啓とは神の教えのみを表すという違いです。

啓示と天啓の使い方の違い

一つ目の啓示を使った分かりやすい例としては、「旧約聖書には神の啓示が記されています」「不変の真理を啓示することは難しい」「その結果は啓示的で驚くべきものであった」「ムハンマドは神から啓示を受けた預言者です」などがあります。

二つ目の天啓を使った分かりやすい例としては、「天啓を受けた聖女は騎士団を率いて戦った」「聖書を読めば天啓が降りるだろうか」「修行の末に天啓に打たれた」「スピリチュアルな世界で天啓を得る」「天啓に導かれるように山頂を目指した」などがあります。

啓示と天啓の使い分け方

啓示と天啓という言葉は、どちらも宗教的なニュアンスがあり「神の教えや導き」を表します。この意味で使われている上記例文の「啓示を受けた預言者」「天啓を受けた聖女」の啓示と天啓は、互いに置き換えて使うことができます。

さらに啓示という言葉は、「よく分かるように、あらわし示すこと」の意味も持っています。この意味は天啓という言葉にはないため、「不変の真理を啓示する」「啓示的で驚くべきものであった」の啓示は、天啓に置き換えることはできません。

二つの言葉を比べると、啓示という言葉は天啓よりも多くの意味を持ち、幅広く使える言葉だと言えるでしょう。

啓示と天啓の英語表記の違い

啓示も天啓も英語にすると「revelation」「epiphany」「apocalypse」となり、例えば上記の「神の啓示」を英語にすると「a revelation of God」となります。

啓示の意味

啓示とは

啓示とは、よく分かるように、あらわし示すことを意味しています。

その他にも、「人間の力では知ることのできない宗教的真理を、神が神自身または天使など超自然的存在を介して人間へ伝達すること」の意味も持っています。

啓示の読み方

啓示の読み方は「けいじ」です。「けいじ」と読む熟語には「刑事」「慶事」「掲示」などあり、啓示の同音異義語はたくさんあるので、書き間違いに注意しましょう。

表現方法は「啓示を受ける」「啓示が降りる」「神の啓示」

「啓示を受ける」「啓示が降りる」「神の啓示」などが、啓示を使った一般的な言い回しです。

啓示の使い方

「子どもに真偽を啓示することは容易ではありません」「いじめは悪いことだと啓示する」「他人に啓示する前に自分に問いかける」などの文中で使われている啓示は、「よく分かるように、あらわし示すこと」の意味で使われています。

一方、「ジャンヌダルクは神の啓示を受けて革命を起こした」「英語圏には啓示宗教を基盤とする国が多い」「超越的な存在から啓示を受ける」「キリスト教は啓示宗教です」などの文中で使われている啓示は、「宗教的真理を伝達すること」の意味で使われています。

啓示とは、上記の例文にあるように二つの意味がありますが、一般的には「宗教的真理を伝達すること」の意味で用いられています。啓示の「啓」は気付かずにいるところを教え示して高い理解に導くこと、「示」は訓読みで「しめす」と読み、相手によくわかるように見せたりすることを表します。

「啓示宗教」の意味

啓示を用いた日本語には「啓示宗教」があります。啓示宗教とは、人間を超えた存在者からの教えに基礎をおく宗教のことであり、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などはその一つです。対する「自然宗教」とは、人間の本性である理性に基づく宗教を意味します。

啓示の類語

啓示の類語・類義語としては、模範を見せて教えることを意味する「示し」、宗教の教えを意味する「教義」、神仏のお告げや神託を意味する「諭し」、神仏が霊験を示し現すことを意味する「示現」、神仏が人にのりうつったりして意志を告げることを意味する「託宣」などがあります。

天啓の意味

天啓とは

天啓とは、天の啓示、天の導き、神の教えを意味しています。

天啓の読み方

天啓の読み方は「てんけい」です。同じ読み方をする熟語に「天恵」や「典型」がありますが、意味が異なるので書き間違いに注意してください。

表現方法は「天啓が降りる」「天啓を得る」「天啓を受ける」

「天啓が降りる」「天啓を得る」「天啓を受ける」などが、天啓を使った一般的な言い回しです。

天啓の使い方

天啓を使った分かりやすい例としては、「ある日ひとりの女に天啓が降りた」「実験を重ねているうちに天啓を得ることもあるでしょう」「天啓に打たれて英語圏に移住しました」「明朝の第16代皇帝は天啓帝と呼ばれました」などがあります。

その他にも、「教会で賛美歌を歌えば天啓が降りるかもしません」「この辺りには天啓の谷と呼ばれる渓谷があります」「開祖は天啓を受けて宗教を始めた」「一般大衆は天啓説を受け入れませんでした」などがあります。

天啓とは、天の啓示を意味し、天の神が真理を人間に示すことを表す言葉です。それぞれの宗祖は、天啓を受けてその宗教を始めたといわれています。天啓は神のお告げとも言えますが、転じて、画期的なアイデアがひらめくことや、インスピレーションが刺激されることを「天啓」ということもあります。

「天啓説」の意味

天啓を用いた日本語には「天啓説」があります。天啓説とは、啓示が人間の力では知ることができない内容であるとして、宗教が人間を超えたところに起源と根拠をもつと主張する説を意味します。

天啓の類語

天啓の類語・類義語としては、神仏がその意思や預言などを人間に告げ知らせることを意味する「お告げ」、神が自分の判断や意志を仲介者夢などによって知らせることを意味する「神託」、天が人に伝える声を意味する「天声」などがあります。

啓示の例文

1.宗教画には、神の啓示を受けた人や伝説をモチーフにして描かれた絵が多くあります。
2.すべての知識は神の啓示により引き出されたものだと、牧師は説教しました。
3.神からの啓示を受けるとは、神から大事な真理を与えられることです。
4.伝説の聖獣は、大きな宿命を持った者の前に現れ啓示を与えると言われています。
5.英語の先生は、家庭での効果的な学習方法を啓示してくださいました。
6.スピリチュアル好きな友人は、たまたま神社で貧血で倒れたのを神様からの啓示と受け取ったようだった。
7.近所のお寺は掲示板にいつも分かりやすく且つ面白く仏様の言葉が啓示されていて、それを見るのが朝の楽しみの一つになっている。
8.静かな湖畔で瞑想する人々は、まるで水面が彼らに内なる平穏を啓示しているような安らぎを感じた。
9.賢者は山岳地帯で数日間の瞑想を通じて、まるで山々が彼に宇宙の智慧を啓示しているかのような感覚に襲われた。
10.古代の神殿で修行を積んでいた僧侶は、神聖な場所から霊感に満ちた啓示を受け、教えを広めた。

この言葉がよく使われる場面としては、諭し示すこと、人知ではわからないような事を神があらわし示すことを表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文4にある啓示は、人知ではわからないような事を神があらわし示すことの意味で用いられています。例文5の啓示は、諭し示すことの意味で用いられています。

天啓の例文

1.神から天啓が降りることを待つのではなく、自ら悟りを開こうと思う。
2.小学生で初めて飛行機に乗った時、天啓が降りたようにパイロットになりたいと強く願いました。
3.クラシック音楽の演奏会で、天啓のように心地よいスピリチュアルな曲に聴き入ってしまいました。
4.奇抜なアイデアは天啓を得ることで誕生するものもあれば、試行錯誤から生まれるものもあります。
5.ゴッホの名画を目の当たりにして、天啓に打たれるような感覚を抱きました。
6.古本屋でたまたま手に取った写真集を見ていたら天啓のようなものを感じてこの場所に行かなければならないと強く感じた。
7.大病から奇跡的に生還して以来不思議な夢を見るようになったが、まさかそれが天啓だったとはその時は知る由もなかった。
8.明治時代の日本で、ある宗教家は山中で修行を積んでいたところ、天啓を受け、新しい宗教を興した。
9.彼はガラス工房に訪れたときに、突然天啓に打たれた気がして、会社をやめてガラス職人の門を叩いた。
10.彼は散歩をしているといいアイデアが天啓のごとくひらめくのだというが、脳の血行が良くなるからではないかと思っている。

この言葉がよく使われる場面としては、天の導き、天の教え、神の示しを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、天啓の慣用的な言い回しには「天啓にうたれる」「天啓が降りる」「天啓を得る」などがあります。

啓示と天啓という言葉は、どちらも「神の教え」を表します。さらに「啓示」には、「よく分かるように、あらわし示すこと」の意味もあることを覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター