今日の買取件数:20件/今月の買取件数:580件/累計買取件数:28,226件

【またの機会に】と【また別の機会に】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「またの機会に」(読み方:またのきかいに)と「また別の機会に」(読み方:またべつのきかいに)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「またの機会に」と「また別の機会に」という言葉は、どちらも相手の誘いをやんわりと断る決まり文句のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「またの機会に」と「また別の機会に」の違い

「またの機会に」と「また別の機会に」の意味の違い

「またの機会に」と「また別の機会に」の違いを分かりやすく言うと、「またの機会に」の方が「また別の機会に」よりも一般的に使われているという違いです。

「またの機会に」と「また別の機会に」の使い方の違い

一つ目の「またの機会に」を使った分かりやすい例としては、「またの機会に参加したいと思っています」「こちらの商品は再販の可能性もあるのでまたの機会によろしくお願いします」「ではまたの機会にお声掛けください」などがあります。

二つ目の「また別の機会に」を使った分かりやすい例としては、「今回は参加できないのでまた別の機会によろしくお願いいたします」「また別の機会にお会いできるのを楽しみにしております」「また別の機会に参加するのをお待ちしております」などがあります。

「またの機会に」と「また別の機会に」の使い分け方

「またの機会に」と「また別の機会に」はどちらも相手の誘いをやんわりと断る決まり文句のことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「またの機会に」の方が「また別の機会に」よりも一般的に使われているという点です。

ただし、どちらの言葉も意味に違いはないので、基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「またの機会に」と「また別の機会に」の英語表記の違い

「またの機会に」も「また別の機会に」も英語にすると「Maybe some other time」「How about a rain check」となります

「またの機会に」の意味

「またの機会に」とは

「またの機会に」とは、相手の誘いをやんわりと断る決まり文句のことを意味しています。

「またの機会に」の漢字

「またの機会に」を漢字にすると「又の機会に」となりますが、あまり一般的ではありません。余程の理由がない限り、ひがらなの「またの機会に」を使うようにしましょう。

表現方法は「またの機会によろしく」「またの機会によろしくお願いします」

「またの機会によろしく」「またの機会によろしくお願いします」「またの機会にさせていただきます」「またの機会に誘ってください」などが、「またの機会」を使った一般的な言い回しになります。

「またの機会に」の使い方

「またの機会に」を使った分かりやすい例としては、「今回はお席を用意することができませんでしたがまたの機会によろしくお願いいたします」「急用が入ったのでまたの機会に電話します」「今回は参加することはできないのでまたの機会にお誘いいただければ幸いです」などがあります。

「またの機会に」は、相手の誘いをやんわりと断る決まり文句として使われいます。相手に何か誘われた際に、行けないと直接言うと角が立つ可能性がありますが、「またの機会に」を使うことによって相手に不快な印象を与えることがありません。

「またの機会に」は社交辞令としても使う

「またの機会に」は社交辞令としても使われるので、実際に事が行われるとは限りません。そのため、「またの機会に」を実現したいのであれば、詳細な日程を決めることが大切です。

社交辞令とは、付き合いをうまく進めるための儀礼的な褒め言葉や挨拶のことを意味しています。

「またの機会に」はビジネスシーンでも使える言葉ですが敬語表現ではないので、目上の人に対して使う場合は、前後の文章を敬語表現にするようにしましょう。

「またの機会に」の類語

「またの機会に」の類語・類義語としては、やんわる断る表現のことを意味する「またご縁がありましたら」、相手の誘いをやんわりと断る言い回しのことを意味する「また何かの折には」などがあります。

「また別の機会に」の意味

「また別の機会に」とは

「また別の機会に」とは、相手の誘いをやんわりと断る決まり文句のことを意味しています。

「また別の機会に」の漢字

「またの機会に」を漢字にすると「又別の機会に」となりますが、あまり一般的ではありません。余程の理由がない限り、ひがらなの「また別の機会に」を使うようにしましょう。

表現方法は「また別の機会によろしくお願いします」「また別の機会にお願いします」

「また別の機会によろしくお願いします」「また別の機会にお願いします」「また別の機会に誘ってください」などが、「また別の機会に」を使った一般的な言い回しになります。

「また別の機会に」の使い方

「また別の機会に」を使った分かりやすい例としては、「今回は欠席となりますがまた別の機会によろしくお願いします」「本日は予定がありますのでまた別の機会にお誘いいただければ幸いです」「また別の機会にお会いできるのを楽しみにしております」などがあります。

「また別の機会に」は、事をするのに最も都合のよい時機のことを意味する「機会」に、そのものと別であることを意味する「また」、それぞれ違っていることを意味する「別」が合わさり、相手の誘いをやんわりと断ることの意味で使われている言葉です。

「また別の機会に」は、相手の誘いをやんわりと断る決まり文句として使われいます。相手に何か誘われた際に、行けないと直接言うと角が立つ可能性がありますが、「また別の機会に」を使うことによって相手に不快な印象を与えることがありません。

「また別の機会に」は社交辞令としても使う

「また別の機会に」は社交辞令としても使われるので、実際に事が行われるとは限りません。そのため、「また別の機会に」を実現したいのであれば、詳細な日程を決めることが大切です。

「また別の機会に」はビジネスシーンでも使える言葉ですが敬語表現ではないので、目上の人に対して使う場合は、前後の文章を敬語表現にするようにしましょう。

「また別の機会に」の類語

「また別の機会に」の類語・類義語としては、今回ではなくまた次のことを意味する「また今度」、行く気があまりないことの社交辞令のことを意味する「行けたら行くわ」などがあります。

「またの機会に」の例文

1.今回は日程が合わず参加できませんが、またの機会にぜひよろしくお願いします。
2.女性を食事に誘ったらまたの機会にと返事が返ってきたので、脈がないのだろう。
3.今回はすべて売り切れとなってしまいますので、またの機会によろしくお願いいたします。
4.今回はあまりお話しできず残念でしたが、またの機会を楽しみにしております。
5.現在は体調を崩してしまっているので、申し訳ございませんがまたの機会にご一緒させてください。
6.残念ながら、お席を用意することができませんでしたが、またの機会によろしくお願いいたします。
7.もし資料や参考文献があれば、後日お送りいただけると幸いです。またの機会にお会いできることを楽しみにしています。
8.能書きを披露するのはまたの機会にすることとして、そろそろ話の本題に入りましょうか。
9.ゼミの同窓会なのですが、都合により行くことが叶いません。よってまたの機会にさせていただきます。
10.せっかくお電話いただいて申し訳ないのですが、予約席が埋まってしまったのでまたの機会にお願いします。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の誘いをやんわりと断る決まり文句のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「またの機会に」は非常に肯定的な断り文句です。

「また別の機会に」の例文

1.明日は先約があり参加することができないので、また別の機会によろしくお願いいたします。
2.不参加の件承知いたしました。また別の機会にお待ちしております。
3.今回は参加できず非常に申し訳ないのですが、またの機会にお誘いいただければ幸いです。
4.その日はあいにく外せない予定がありますので、また別の機会にご一緒させてください。
5.今回は参加することができないとのことで残念です。またの別の機会にお待ちしております。
6.イベントには参加できませんが、また別の機会に一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
7.お誘いに感謝しますが、私のスケジュール上、参加することができません。また別の機会にお声がけいただければ幸いです。
8.今回の飲み会は仕事があって欠席となりますが、また別の機会によろしくお願いします。
9.私は何度も彼女をデートに誘ったが、彼女はまた別の機会にとはぐらかすだけはぐらかしてきた。
10.大学の学費の問題はまた別の機会に論じるとして、今日は相対性理論の功績について論じてみたいと思う。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の誘いをやんわりと断る決まり文句のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「また別の機会に」は非常に肯定的な断り文句です。

「またの機会に」と「また別の機会に」はどちらも相手の誘いをやんわりと断る決まり文句のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、意味に大きな違いはないので、好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター