今日の買取件数:60件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:26,486件

【にも関わらず】と【にもかかわらず】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「にもかかわらず」という読み方の「にも関わらず」と「にもかかわらず」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「にも関わらず」と「にもかかわらず」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「にも関わらず」と「にもかかわらず」の違い

「にも関わらず」は「にもかかわらず」の間違い

「にも関わらず」と「にもかかわらず」の違いを分かりやすく言うと、「にも関わらず」とは「にもかかわらず」の間違った使い方、「にもかかわらず」とは前述の事柄を受けてそれと相反する行動をとることです。

「にも関わらず」は誤字

一般的には「にも関わらず」という言葉は存在しません。読み方が同じなことから、「にもかかわらず」のことを間違えて「にも関わらず」を使っている人がほとんどです。

「にもかかわらず」は正しい日本語

正しい言葉である「にもかかわらず」を使った分かりやすい例としては、「努力したにもかかわらず志望校に合格しませんでした」「ダイエットしたのにもかかわらず体重が増えてしまいました」「反対されてるのにもかからわず一人暮らしを始めました」などがあります。

「にもかかわらず」という言葉はあっても、「にも関わらず」という言葉は存在しません。同時に「にもかかわらず」という単語の意味について「前述の事柄を受けてそれと相反する行動をとること」と覚えておきましょう。

「にもかかわらず」の英語表記

「にもかかわらず」を英語にすると「even though」「even if」となります。

「にも関わらず」の意味

「にも関わらず」とは

「にも関わらず」とは、「にもかかわらず」の間違った使われ方です。

「にも関わらず」が間違っている理由

「にも関わらず」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が同じなため、「にもかかわらず」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「にも関わらず」と「にもかかわらず」を間違ってしまう理由としては、同音の言葉というのが原因です。ただし、正しい日本語はひらがな表記の「にもかかわらず」なので、混同しないように注意しましょう。

ではなぜ「にも関わらず」が間違った言葉かというと、「にもかかわらず」は前述の事柄を受けてそれと相反する行動をとることを意味する逆接の言葉になります。そのため、関係をもつことを意味する「関わる」とは全く関連性がないのです。

もし、漢字で表現したいのであれば「にも拘わらず」となりますが、新聞社などの報道機関ではひらがなので記載するというのが一般的となっているため、ひらがなの「にもかかわらず」を使うのがいいでしょう。

また、「関」は元々、「カン」と「せき」と読み方しか常用漢字表に載っておらず、「かかわる」と読むようになったのは2010年11月の常用漢字表改定以降なので、比較的新しい読み方なのです。

「にもかかわらず」の意味

「にもかかわらず」とは

「にもかかわらず」とは、前述の事柄を受けてそれと相反する行動をとることを意味しています。

「にもかかわらず」の漢字表記

「にもかかわらず」を漢字にすると、「にも拘わらず」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。余程の理由がない限り、ひらがなの「にもかかわらず」を使うようにしましょう。

「にもかかわらず」の使い方

「にもかかわらず」を使った分かりやすい例としては、「休日にもかかわらずご参加いただきありがとうございます」「この銭湯は居心地がいいのにもかかわらずあまりお客さんがいません」「必死に説得したのにもかかわらず彼はチームを辞めてしまいました」などがあります。

「にもかからわず」は前述の事柄を受けてそれと相反する行動をとることを意味する連語です。連語とは二つ以上の単語が連結して一つの単語と似たような働きをもつもののことを意味しています。

例えば休日でゆっくりで休みたいはずなのに地域のボランティア清掃に参加してくれた人に対して、「休日にもかかわらずボランティア清掃に参加してちあだき誠にありがとうございます」のように、休日なのにボランティア活動に参加するという相反する行動を取ってる場合に使います。

「にもかかわらず」の特徴

「にもかかわらず」は日常生活だけではなく、ビジネスシーンにおいても使うことができるというのが特徴です。

「にもかかわらず」の類語

「にもかかわらず」の類語・類義語としては、前に述べた事柄と相反する内容を導くことを意味する「とはいうものの」、であることを考えてものことを意味する「にしても」、という理由があってものことを意味する「からといって」などがあります。

「にも関わらず」の例文

1.「にも関わらず」という言葉は存在しないので、おそらく「にもかかわらず」の言い間違いだろう。
2.「にもかかわらず」という言葉は前述の事柄を受けてそれと相反する行動をとることで、「にも関わらず」という言葉はない。
3.「にも関わらず」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.雨が降っているのにも関わらず試合が開始されましたという言葉を使う人はいるが、正しくは雨が降っているのにもかかわらず試合が開始されましたです。
5.ご多忙にもかかわらず足を運んでいただきありがとうございましたという言葉はあるが、ご多忙にも関わらず足を運んでいただきありがとうございましたという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「にもかかわらず」という言葉を間違えて「にも関わらず」と表現している時などが挙げられます。

「にも関わらず」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「にもかかわらず」を間違えて使っている可能性が高いです。

「にも関わらず」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「にも関わらず」ではなく、「にもかかわらず」と表現するのが正しい使い方になります。

「にもかかわらず」の例文

1.彼は怪我で1ヶ月プレーをしていなかったが、それにもかからわず今年のホームラン王に輝きました。
2.アメリカに2年間住んでいるのにもかかわらず、英語を話すことができません。
3.今年で結婚20周年にもかかわらず、相変わらず仲の良い夫婦です。
4.一生懸命勉強したのにもかかわらず、資格試験は不合格でした。
5.彼は高校生にもかかわらず、プロサッカーチームと契約を結びました。

この言葉がよく使われる場面としては、 前述の事柄を受けてそれと相反する行動をとることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「にもかかわらず」は逆接として使うのが一般的な言葉です。

「にも関わらず」と「にもかかわらず」どちらを使うか迷った場合は、「にも関わらず」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「にもかかわらず」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター