今日の買取件数:20件/今月の買取件数:240件/累計買取件数:28,486件

【バウチャー】と【クーポン】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「バウチャー」と「クーポン」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「バウチャー」と「クーポン」という言葉は、「割引券や引換券」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




バウチャーとクーポンの違い

バウチャーとクーポンの意味の違い

バウチャーとクーポンの違いを分かりやすく言うと、バウチャーは金銭の代わりに使えない時に使い、クーポンは金銭の代わりに使える時に使うという違いです。

バウチャーとクーポンの使い方の違い

一つ目のバウチャーを使った分かりやすい例としては、「期限切れのバウチャーは払い戻しはできない」「バウチャーコードの入力が必要だ」「バウチャーを印刷したものではなくメール内に届いたQRコードで入場するようだ」などがあります。

二つ目のクーポンを使った分かりやすい例としては、「印刷可能のクーポンがあることに気が付かなかった」「クーポンコードを友人の招待でもらうことができた」「債権に関するクーポンの知識が全くない」などがあります。

バウチャーとクーポンの使い分け方

バウチャーとクーポンはどちらも、割引券や引換券を表す言葉ですが、使い方が若干異なります。

バウチャーは、サービスの利用券を指す言葉で、領収書や証明書を表す言葉として使われることもあります。バウチャーを提示することでサービスを受けることができる場合もあれば、バウチャーは使えず別のチケットと引き換える場合もあります。

一方のクーポンは、割引券や優待券を指す言葉で、本来は債権の利息を受け取ることのできる金券や利息そのものを表す言葉として使われていました。

つまり、バウチャーは金銭の代わりに使えない証明書に対して使われ、クーポンは金銭の代わりに使える引換券に対して使われるという違いがあります。ただし、バウチャーの中には金銭と同じように使われるものもあります。

バウチャーとクーポンの英語表記の違い

バウチャーを英語にすると「voucher」となり、例えば上記の「期限切れのバウチャー」を英語にすると「expired voucher」となります。

一方、クーポンを英語にすると「coupon」となり、例えば上記の「印刷可能のクーポン」を英語にすると「printable coupon」となります。

バウチャーの意味

バウチャーとは

バウチャーとは、各種サービスの利用券を意味しています。

その他にも、領収書や証明書を意味する言葉として使われています。

バウチャーの使い方

「教育バウチャーではなく無償化などが日本では進められている印象だ」「バウチャーコードはスマホを見なければ入力できない」「電子バウチャーの利用をオススメされた」などの文中で使われているバウチャーは、「利用券」の意味で使われています。

一方、「ツアーの予約バウチャーをコンビニで事前に印刷しておきたい」「ホテルのバウチャーが迷惑メールに振り分けられていた」「バウチャーではなく入場券が必要だ」などの文中で使われているバウチャーは、「証明書」の意味で使われています。

バウチャーは英語で「voucher」と表記され、「保証人」「証明書類」「領収書」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われていますが、金券の代わりとして使えない場合もあります。

「教育バウチャー」の意味

上記例文の「教育バウチャー」とは、学費や学校教育のためにのみ使われる割引券を指す言葉です。基本的には学費負担の軽減のために支給されますが、日本においては塾や習い事など学校外での教育のためのバウチャーを提供する団体が存在します。

また、顧客が予約や購入をしたサービスの内容が記載された証明書を指す言葉として使われています。それ自体に価値が付与されていないこともありますが、ホテルなど観光業ではバウチャーを提示することでサービスを受けることができる場合もあります。

バウチャーの類語

バウチャーの類語・類義語としては、領収書を意味する「レシート」、診療報酬明細書を意味する「レセプト」、贈答用の商品券を意味する「ギフトカード」などがあります。

クーポンの意味

クーポンとは

クーポンとは、一定の条件で利用できる割引券や優待券を意味しています。

その他にも、国や銀行などに資金を貸した場合に発行される利札を意味する言葉として使われています。

クーポンの使い方

「無料クーポンは期間限定配布だ」「スペシャルクーポンのおかげでいつもと同じ値段で豪華なものを食べれた」「クーポンアプリには毎週お世話になっている」などの文中で使われているクーポンは、「割引券」の意味で使われています。

一方、「ゼロクーポン債に関する知識が自分にはない」「クーポン収入を定期的に受け取っている」「クーポンレートは情勢などが反映される」などの文中で使われているクーポンは、「債権の利札」の意味で使われています。

クーポンは英語で「coupon」と表記され、「切り取り切符」「回数券」「優待券」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われていますが、特に割引券を表す言葉として使われています。

「クーポン券」の意味

金券を表すため、上記例文の「クーポン券」には券という意味が二重に含まれることになりますが、誤りとされることもないため問題なく使われています。

語源が「切り取る」であることから、利息がない反面本来の金額よりも安く発行される債権を表す「ゼロクーポン債」などのように、切り離すことのできる利札や利息を意味する言葉として使われています。

これが転じて、今日では「切り離しのできる金券」を意味し、上記例文の「無料クーポン」「スペシャルクーポン」などのように割引券や優待券を指す言葉として使われており、「クーポンアプリ」などのように電子化されているものも多くあります。

クーポンの類語

クーポンの類語・類義語としては、割引や値引きを意味する「ディスカウント」、質屋が質を入れた人に対して金銭を貸すと同時に発行する証券を意味する「質札」などがあります。

バウチャーの例文

1.アプリ内メッセージでバウチャーコードが届いていないため、今すぐ使いたいのに使えずに困ってしまった。
2.バウチャーの有効期限が切れる前であれば、キャンセル料は掛かるが手続きができるため、ある程度返金もされるだろう。
3.ポイントを貯めてバウチャーに交換することもできるため、今はコツコツ貯めている段階だ。
4.本来必要な入場券を忘れてしまったため、バウチャーで特別に入場させてもらった。
5.メールにバウチャーが届いたことでようやく海外旅行に行くという実感が湧いてきた。
6.旅行先でチェックイン手続きをスムーズに行いたいなら、バウチャーをすぐに提示できる状態にしておいた方がいいよ。
7.就職に有利になる資格を取るために、行政が行ってるバウチャー事業に活用してみることにした。
8.デジタル教育格差をなくすため、政府はPCバウチャーを配布して自宅PCを整備させることに力を入れてほしい。
9.バウチャーコードを持参して、テーマパークの入場券を手に入れた。長蛇の列に並ぶ必要がなく、スムーズに入場できて時間を節約できた。
10.バウチャービジネスとは、飲食店などから手数料をもらい、バウチャーを消費者に提供するビジネスモデルである。

この言葉がよく使われる場面としては、各種サービスの利用券を意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、領収書や証明書を意味する言葉として使われても使われています。

クーポンの例文

1.今ではクーポンサイトが存在するため、上手く使うことができれば安く買い物をすることができる。
2.三つのボタンから一つ選ぶだけでクーポンが当選するかもしれないというキャンペーンをやっているようだった。
3.使用額に応じて無料クーポンをプレゼントしてくれると聞いていたが、自分では使わないような額が最低ラインだった。
4.クーポンレートの計算に関してはプロに任せてしまったため、自分はその結果から判断するしかなかった。
5.証券取引に関して調べていた時にクーポン利率という言葉を目にしたが、いまいち仕組みを理解できていない。
6.今の若い子はしっかりしていて、クーポンが使えたりポイントが付いたりと特典がないと買い物しないらしい。
7.ネットではギフト券が当たると言ってくじを引いてみるも、使わないであろうクーポン券ばかりが当たる。
8.ゴールデンウィーク中なら、割引クーポンをつかって、お得に美味しいものを食べることができる。
9.サービスのアンケートに回答したところ、クーポンをプレゼントしてもらえましたが、使わないのですぐに捨てました。
10.クーポンコードを入力する欄がありましたが、残念ながら私はもらってないので空欄のままにしておきました。

この言葉がよく使われる場面としては、一定の条件で利用できる割引券や優待券を意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、国や銀行などに資金を貸した場合に発行される利札や利息そのものを意味する言葉として使われることもあります。

バウチャーとクーポンは、どちらも「割引券や引換券」を表します。どちらを使うか迷った場合は、金銭の代わりに使えない場合は「バウチャー」を、金銭の代わりに使える場合は「クーポン」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター