今日の買取件数:20件/今月の買取件数:540件/累計買取件数:28,186件

【一切合切】と【一切合財】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「いっさいがっさい」という読み方の「一切合切」と「一切合財」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「一切合切」と「一切合財」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




一切合切と一切合財の違い

一切合切と一切合財の意味の違い

一切合切と一切合財の違いを分かりやすく言うと、「一切合財」よりも「一切合切」の方が一般的な表現という違いです。

一切合切と一切合財の使い方の違い

一つ目のを使った分かりやすい例としては、「あなたの悪事を一切合切明らかにするつもりです」「私が犯した罪を一切合切白状します」「面倒事は一切合切なし」「定番の曲は一切合切マスターしました」などがあります。

二つ目の一切合財を使った分かりやすい例としては、「火事で一切合財焼けてしまいました」「社会的つながりの一切合財を失うことになった」「この件に関して一切合財の責任をとるつもりです」などがあります。

一切合切と一切合財の使い分け方

一切合切と一切合財という言葉は、どちらも「いっさいがっさい」と読み、「何もかもすべて、残らずすべて」を意味する四字熟語です。

二つの言葉は同音同義語であるため、一切合切と一切合財は互いに置き換えて使うことができます。上記例文にある「一切合切明らかにする」は「一切合財明らかにする」に、「一切合財の責任をとる」は「一切合切の責任をとる」に書き換えることができます。

あえて違いを挙げるならば、一般的には一切合切の方が使われていることでしょう。一切合切と一切合財の意味や使い方に違いはありませんが、世間一般で多用されている一切合切を用いる方が違和感がない表現になります。

一切合切と一切合財の英語表記の違い

一切合切も一切合財も英語にすると「everything」「anything and everything」「the whole lot」となり、例えば上記の「一切合切明らかにする」を英語にすると「reveal everything」となります。

一切合切の意味

一切合切とは

一切合切とは、何もかもすべて、残らずを意味しています。

一切合切の読み方

一切合切の読み方は「いっさいがっさい」です。誤って「いっせつがっせつ」「いっさいごうさい」などと読まないようにしましょう。

一切合切の使い方

一切合切を使った分かりやすい例としては、「調達業務の一切合切を任されています」「英語の教材一切合切を捨てました」「私の心の一切合切あなたにあげる」「一切合切凡庸なあなたじゃ分からないでしょうね」などがあります。

その他にも、「彼女とは一切合切関係ありません「アイテムを一切合切持ち運ぶ」「荷物の一切合切を纏めて入れて棚に押し込んだ」「私利私欲を一切合切捨てる」「言いたいことの一切合切を飲み込んで取り繕う」などがあります。

一切合切は四字熟語

一切合切とは、残らずすべてを意味する四字熟語です。「一切」「合切」はともに残らずみなの意味を持つ熟語であり、同じ意味の語を重ねた強調表現です。「一切合切を任せる」のように肯定文で使用することも、「一切合切関係ない」のように打消しの語を伴って否定文に用いられることもあります。

一切合切の語源

一切合切の語源は、明治時代に流行した「合切袋」にあります。合切袋とは、財布や手ぬぐいなど身の回りの物すべてを入れて持ち歩ける手提げ袋のことであり、多くは織物製の巾着です。「合切袋」は「合財袋」と書かれることもあり、「一切合切」は「一切合財」とも表記されています。

一切合切の対義語

一切合切の対義語・反対語としては、表に現れている事柄は全体のほんの一部分であることを意味する「氷山の一角」などがあります。

一切合切の類語

一切合切の類語・類義語としては、宇宙に存在するすべての事物や現象を意味する「神羅万象」、あらゆることや全てのことを意味する「万事」、あるもの全部や残らずを意味する「皆」、隅々まで行き届いて余すところのないさまを意味する「くまなく」などがあります。

一切合財の意味

一切合財とは

一切合財とは、何もかもすべて、残らずを意味しています。

一切合財の読み方

一切合財の読み方は「いっさいがっさい」です。誤って「いっさいごうざい」「いっせつがっさい」などと読まないようにしましょう。

一切合財の使い方

一切合財を使った分かりやすい例としては、「英語のテキスト一切合切を鞄に詰め込む」「家財の一切合財を売り払ってしまった」「アニソンの歌詞は一切合財覚えました」「彼は一切合財世も末だと悲観している」などがあります。

その他にも、「今後は一切合財こちらから連絡しません」「世の中の一切合財を忘れて夢を見る」「一切合財凡庸な私には理解できません」「それまでの一切合財を棚に上げて偉そうにしている」などがあります。

一切合財とは、残らずすべてを意味し、ある物事の全部を意味する四字熟語です。「合財」という言葉から「財産」をイメージされることがありますが、金銭や資産などの意味合いはなく、日常生活からビジネスシーンまであらゆる物事に対して使用できます。

一切合財という言葉は、あとに打ち消しの語句を伴って「全然、全く」の意味を持ちます。上記例文にある「一切合切こちらから連絡しません」は、こちらからは全く連絡しないことを強調して表現しています。

一切合財の対義語

一切合財の対義語・反対語としては、全体の中のある部分のことを意味する「一部」、ほんの少しの部分や一端を意味する「片鱗」などがあります。

一切合財の類語

一切合財の類語・類義語としては、この世の形のあるものないものすべてを意味する「有象無象」、ある物事のすべてを意味する「全部」、あるだけ全部を意味する「ありったけ」、残したり隠したりせず全てを出すさまを意味する「洗いざらい」などがあります。

一切合切の例文

1.苦手な英語の授業では、先生が話した内容を一切合切ノートにメモするようにしています。
2.一切合切の生きとし生けるもののことを、仏教では何というかご存知でしょうか。
3.先日アプリの使い方を母に教えてあげたのに、一切合切忘れてしまったようだ。
4.一切合切の歌詞を覚えてライブをする歌手は、やはり記憶力が良いのだろうか。
5.代官山を一切合切知り尽くした友人に、デートスポットを教えてもらいました。

この言葉がよく使われる場面としては、何もかも、全部、残らずを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にある「一切合切」は、「一切合財」に置き換えても問題ありません。

一切合財の例文

1.仏教の世界では、現実の一切合財は苦しみであると考えられています。
2.煩悩の一切合財が無くなる脳の使い方があるなら、ぜひとも知りたいです。
3.学生時代は英語が得意でしたが、今は一切合財忘れてしまいました。
4.ニュースを見ていると、一切合財世も末だと思うような事件が多くて嫌になる。
5.ステージに上がった瞬間、覚えていたはずの歌詞が一切合財吹き飛んでしまった。

この言葉がよく使われる場面としては、何もかも、全部、残らずを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にある「一切合財」は、「一切合切」という言葉に置き換えることができます。

一切合切と一切合財という言葉は、どちらも「いっさいがっさい」と読む同音同義語です。どちらの言葉を使うか迷った場合、一般的に用いられている「一切合切」を使えば間違いないでしょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター