今日の買取件数:20件/今月の買取件数:300件/累計買取件数:29,146件

【デリバリー】と【テイクアウト】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「デリバリー」と「テイクアウト」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「デリバリー」と「テイクアウト」という言葉は、「飲食店における商品の提供方法」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




デリバリーとテイクアウトの違い

デリバリーとテイクアウトの意味の違い

デリバリーとテイクアウトの違いを分かりやすく言うと、デリバリーは客のもとへ商品が届られることを表現する時に使い、テイクアウトは客が商品を持って帰ることを表現する時に使うという違いです。

デリバリーとテイクアウトの使い方の違い

一つ目のデリバリーを使った分かりやすい例としては、「デリバリーシステムはいくつも存在するようになった」「デリバリーでからあげやポテトなどが盛りつけられたパーティーセットを注文した」などがあります。

二つ目のテイクアウトを使った分かりやすい例としては、「テイクアウトのメニューは通常メニューとは異なるらしい」「次テイクアウトしたい料理も決まってしまった」「日替わり商品はテイクアウトでしか食べられないそうだ」などがあります。

デリバリーとテイクアウトの使い分け方

デリバリーとテイクアウトはどちらも、飲食店における商品の提供方法を指し、店舗内で飲食をしない場合に使われますが、使い方が若干異なります。

デリバリーは、料理や食材を配達する業者やその商品を表します。また、料理だけでなく、手紙や荷物などの配達や配送を表す言葉として使われています。

一方のテイクアウトは、レストランなどの飲食物を買って持ち帰ることを表します。一度は客が注文のために店舗へと訪れている点が特徴です。

つまり、デリバリーは店舗側が客のもとへ商品を届けることを指し、テイクアウトは客が商品を店舗から持って帰ることを指すという違いがあります。

デリバリーとテイクアウトの英語表記の違い

デリバリーを英語にすると「delivery」となり、例えば上記の「デリバリーシステム」を英語にすると「a delivery system」となります。

一方、テイクアウトを英語にすると「takeout」となり、例えば上記の「テイクアウトのメニュー」を英語にすると「the takeout menu」となります。

デリバリーの意味

デリバリーとは

デリバリーとは、手紙や荷物などの配達や配送を意味しています。

その中でも特に、料理や食材を配達する業者やその商品を指す言葉として使われています。

デリバリーの使い方

デリバリーを使った分かりやすい例としては、「デリバリーサービスには荷物の宅配と料理の宅配の二種類がある」「ホームパーティーの時デリバリーでピザを頼んだ」「今では温かい汁物もデリバリーすることができる」などがあります。

その他にも、「風邪を引いたためデリバリーで薬を頼むことにした」「飲料水のデリバリーを行う時は横に倒さないようにしてほしかった」「週に一度はデリバリーで食事を済ませているため食費がかさんでいる」などがあります。

デリバリーは英語で「delivery」と表記され、「配達」「引き渡し」「明け渡し」といった意味を持ち、日本語でも同じように使われています。特に調理済みの料理を注文者の自宅まで届ける方式を指す言葉として使われています。

日本では江戸時代から出前配達が行われてきましたが、ピザや寿司などが有名なフードデリバリーとされてきました。昨今では感染症の流行によって外食産業が停滞することになり、デリバリーサービスを行うようになった企業や店舗が増加しました。

それに伴いデリバリーを専門とする仲介業者も増加し、オンラインで金銭を支払い、家から出なくとも美味しい食事を気軽にとることが出来ると魅力的な点が多いことから、外食ができるようになってからも多くのユーザーに利用されています。

また、コンビニやスーパーマーケットによる日用品などのデリバリーや、薬局による薬などのデリバリーといった、料理だけではない多様なデリバリーも存在します。

デリバリーの対義語

デリバリーの対義語・反対語としては、荷物や品物などを受け取ることを意味する「受取」があります。

デリバリーの類語

デリバリーの類語・類義語としては、新聞や荷物などを顧客の家へと配達することを意味する「宅配」、調理した料理を注文先へと届けることを意味する「出前」、注文に応じて料理を作って配達することを意味する「仕出し」などがあります。

テイクアウトの意味

テイクアウトとは

テイクアウトとは、レストランなどの飲食物を持ち帰ることを意味しています。

テイクアウトの使い方

テイクアウトを使った分かりやすい例としては、「昼ご飯はハンバーガーとポテトをテイクアウトして家で食べる予定だ」「天気がいい日はコーヒーをテイクアウトして公園でのんびりする」「テイクアウト用に商品を包んでもらった」などがあります。

その他にも、「テイクアウトしたものが冷めないうちに家に帰りたい」「テイクアウトをするには家から遠い」「友人宅へと遊びに行く前に駅前で夕食をテイクアウトしてから向かうことにした」「子どもの頃はテイクアウトのお使いを頼まれていた」などがあります。

テイクアウトは英語で「takeout」と表記され、「持ち帰り用の」を意味する言葉です。「取り出す」「持ち出す」「買って持って帰る」といった意味を持つ「take out」とは、それぞれ形容詞と動詞として分けて考えられています。

日本語でも同じように「持ち帰り用の商品」を意味する言葉として使われており、「テークアウト」と表記されることもありますが、どちらでも意味は同じです。

また、日本語の「お持ち帰り」は、商品を持ち帰るだけでなく、気に入った人を自宅などへ連れ込むことを表すことから、テイクアウトも同じように使われることがあります。

テイクアウトの対義語

テイクアウトの対義語・反対語としては、買った食べ物を店内で飲食することを意味する「イートイン」があります。

テイクアウトの類語

テイクアウトの類語・類義語としては、自動車に乗ったまま飲食物の提供を受けることのできる方式を意味する「ドライブスルー」、店外に料理を持ち出して食べることを意味する「キャリーアウト」などがあります。

デリバリーの例文

1.デリバリーサービスを利用して先に使わない荷物を自宅に郵送してもらうことにした。
2.デリバリーシールには可愛いものも多く、荷物や手紙を送る際に使うのが楽しみになっている。
3.引っ越した直後で荷ほどきが終わっていないため、夕食はデリバリーを頼むことにした。
4.初回利用の場合に使えるクーポンを利用するために別のデリバリー業者を使ってみることにした。
5.仲介業者を挟まずともデリバリーをその店舗自らやってくれる場合もある。

この言葉がよく使われる場面としては、手紙や荷物などの配達や配送を意味する時などが挙げられます。

例文3から例文5のように、調理された料理を配達することや、それに関わる業者、その商品を指す時に使われることが多い言葉です。

テイクアウトの例文

1.テイクアウトOK!とチラシに書いてあったためメニューを見てみたら非常に美味しそうだったため昼食を頼むことにした。
2.駅前にはテイクアウトできるお店が多いが、店内が混んでいることが多くテイクアウトをせざるを得ないことも多い。
3.母親が毎日料理を作るのが大変そうだったため、何かテイクアウトして帰ろうかと提案したら喜んでくれた。
4.テイクアウトであれば自分ではなかなか作らないような料理が食卓に並ぶ。
5.レストランで食事を楽しんだ後、デザートをテイクアウトして家で食べることにした。

この言葉がよく使われる場面としては、レストランなどの飲食物を持ち帰ることやその料理を意味する時などが挙げられます。

店外で食べることを重視しているため、例文5の「家で食べる」といった場所の指定がない場合は、必ずしも自宅で食事をとるとは限りません。

デリバリーとテイクアウトは、どちらも「飲食店における商品の提供方法」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、店舗側が客のもとへ商品を届けることを表す場合は「デリバリー」を、客が商品を店舗から持って帰ることを表す場合は「テイクアウト」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター