今日の買取件数:20件/今月の買取件数:280件/累計買取件数:27,326件

【根を上げる】と【音を上げる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「ねをあげる」という読み方の「根を上げる」と「音を上げる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「根を上げる」と「音を上げる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「根を上げる」と「音を上げる」の違い

「根を上げる」は「音を上げる」の間違い

「根を上げる」と「音を上げる」の違いを分かりやすく言うと、「根を上げる」とは「音を上げる」の間違った使い方、「音を上げる」とは苦しさに耐えられず声を立てることです。

「根を上げる」は誤字

一般的には「根を上げる」という言葉は存在しません。読み方が同じなことから、「音を上げる」のことを間違えて「根を上げる」を使っている人がほとんどです。

「音を上げる」は正しい日本語

正しい言葉である「音を上げる」を使った分かりやすい例としては、「つらい練習に音を上げる」「この程度で音を上げるようであればプロになるのは厳しいだろう」「部活の練習が厳しくて音を上げる」「あまりの重労働に音を上げる」などがあります。

「音を上げる」という言葉はあっても、「根を上げる」という言葉は存在しません。同時に「音を上げる」という単語の意味について「苦しさに耐えられず声を立てること」と覚えておきましょう。

「音を上げる」の英語表記

「音を上げる」を英語にすると「give up」「complain」となり、例えば上記の「あまりの重労働に音を上げる」を英語にすると「The work was so hard that he give up」となります。

「根を上げる」の意味

「根を上げる」とは

「根を上げる」とは、「音を上げる」の間違った使われ方です。

「根を上げる」が間違っている理由

「根を上げる」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が同じなため、「音を上げる」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「根を上げる」と「音を上げる」を間違ってしまう理由としては、「根」と「音」の発音が同じなので勘違いして覚えてしまっているのが原因です。

また、「音を上げる」は苦しさに耐えられず声を立てることを意味しているので、 物事をあくまでやり通すたくましい精神のことを意味する「根性」を連想して、「音」ではなく「根」の方を使用していると言われています。

ではなぜ「根を上げる」が間違った言葉かというと、「根」と「音」の意味の違いです。「根」とは、植物の基本器官の一つや物事の土台のことを意味しています。一方、「音」は声や泣き声のことを意味しています。

したがって、苦しさに耐えられず声を立てることを意味する「ねを上げる」は「音」を使用し、「音を上げる」が正しい日本語になると覚えておきましょう。

間違った言葉である「根を上げる」の「根」を使った例文としては、「彼は見た目が怖いけど根は優しい人です」「悪の根を絶つために警察官になりました」「木の根っこを切る作業をしています」などがあります。

「音を上げる」の意味

「音を上げる」とは

「音を上げる」とは、苦しさに耐えられず声を立てることを意味しています。

「音を上げる」の読み方

「音を上げる」の読み方は「ねをあげる」です。誤って「おとをあげる」などと読まないようにしましょう。

「音を上げる」の使い方

「音を上げる」を使った分かりやすい例としては、「この仕事は過酷なので音を上げる人も多いです」「野球が大好きなのでどんな厳しい練習でも音を上げることはないだろう」「ゴールまでもう少しなのでここで音を上げるわけにはいきません」などがあります。

「音を上げる」は苦しさに耐えられず声を立てることを意味する慣用句です。慣用句とは二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表す言葉のことを指しています。

「音を上げる」は厳しい部活の練習やきつい仕事などで、「もう無理だ」のような弱音を吐いた状態のことを指しています。ただし、実際に悲鳴を上げるわけではないので、黙っていても使うことができると覚えておきましょう。

「音を上げる」はマイナスなイメージで使われている

「音を上げる」は基本的にマイナスのイメージで使う言葉ですが、「音を上げることなく頑張るつもりです」などのように、「音を上げる」ことを否定することによって、プラスのイメージで使うことも可能です。

「音を上げる」の類語

「音を上げる」の類語・類義語としては、弱い言葉をもらすことを意味する「弱音を吐く」、もう希望や見込みがないと思ってやめることを意味する「諦める」、物事を成就しないうちに諦めて止めることを意味する「投げ出す」などがあります。

「根を上げる」の例文

1.「根を上げる」という言葉は存在しないので、おそらく「音を上げる」の言い間違いだろう。
2.「音を上げる」という言葉は苦しさに耐えられず声を立てることで、「根を上げる」という言葉はない。
3.「根を上げる」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.とても辛い仕事に根を上げるという言葉を使う人はいるが、正しくはとても辛い仕事に音を上げるです。
5.彼女はこんなことで音を上げるような人ではありませんという言葉はあるが、彼女はこんなことで根を上げるような人ではありませんという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「音を上げる」という言葉を間違えて「根を上げる」と表現している時などが挙げられます。

「根を上げる」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「音を上げる」を間違えて使っている可能性が高いです。

「根を上げる」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「根を上げる」ではなく、「音を上げる」と表現するのが正しい使い方になります。

「音を上げる」の例文

1.彼はどんな厳しい練習でも音を上げることはないので、将来はプロサッカー選手になるだろう。
2.この程度で音を上げるようでは、そのうち辞めると思いますよ。
3.ここまで価格競争が激しいと、利益が出なくて音を上げる会社も出てくるだろう。
4.初めてのプロジェクトリーダーですが、音を上げることなく前向きに取り組みたいと思います。
5.すぐに音を上げると思っていたのに、未だに頑張っているのをみて少し見直しました。

この言葉がよく使われる場面としては、苦しさに耐えられず声を立てることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文あるように、「音を上げる」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「根を上げる」と「音を上げる」どちらを使うか迷った場合は、「根を上げる」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「音を上げる」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター