今日の買取件数:20件/今月の買取件数:340件/累計買取件数:27,386件

【イリュージョン】と【マジック】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「イリュージョン」と「マジック」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「イリュージョン」と「マジック」という言葉は、「奇術」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




イリュージョンとマジックの違い

イリュージョンとマジックの意味の違い

イリュージョンとマジックの違いを分かりやすく言うと、イリュージョンはマジックの一種であり、マジックは実現不可能なことが起きていると見せかけるものを表現する時に使うという違いです。

イリュージョンとマジックの使い方の違い

一つ目のイリュージョンを使った分かりやすい例としては、「ミステリー小説の事件のトリックが一種のイリュージョンのようだった」「イリュージョンの種は分からないからこそ夢中になれる」「イリュージョンショー終了後は拍手喝采だった」などがあります。

二つ目のマジックを使った分かりやすい例としては、「大人になってからマジックに夢中になるのは遅かっただろうか」「マジックショーは一度始まれば目を離せなくなる」「マジックナンバーが1となりファンは期待に胸を膨らませている」などがあります。

イリュージョンとマジックの使い分け方

イリュージョンとマジックはどちらも、奇術や手品を意味する言葉ですが、指し示す範囲が異なります。

イリュージョンは、奇術のジャンルの一つで、人間や動物の出現もしくは消失、浮遊といった大掛かりな装置や演出を取り入れた奇術を指す言葉として使われています。その他にも、芸術作品における意図的な錯覚を指す言葉でもあります。

一方のマジックは、魔術や奇術を指しますが、実際には存在しないものの存在するように見えるものに対して広く使われています。その他にも、「魔法のような」「これまでは出来なかった画期的なもの」に対しても使われています。

つまり、イリュージョンはマジックの一種であり、特に大掛かりな演出が用意されているマジックに対して使われ、マジックという言葉はそれ以外の奇術も表すという違いがあります。

イリュージョンとマジックの英語表記の違い

イリュージョンを英語にすると「illusion 」となり、例えば上記の「一種のイリュージョン」を英語にすると「a kind of illusion」となります。

一方、マジックを英語にすると「magic」となり、例えば上記の「マジックに夢中になる」を英語にすると「fall in love with magic」となります。

イリュージョンの意味

イリュージョンとは

イリュージョンとは、大掛かりな舞台装置や演出を用いた奇術を意味しています。

その他にも、幻影や錯覚を意味する言葉として使われています。

イリュージョンの使い方

「イリュージョンには恐ろしくなるような演目もある」「イリュージョンでも無ければ人を消すなんてことは出来ない」「実際にイリュージョンマジックショーを見てみたい」などの文中で使われているイリュージョンは、「大掛かりな奇術」の意味で使われています。

一方、「イリュージョンを用いただまし絵は子どもも大人も見入ってしまうだろう」「一度はイリュージョン性を生かした絵画を描いてみたい」などの文中で使われているイリュージョンは、「錯覚」の意味で使われています。

イリュージョンは英語で「illusion」と表記され、「幻覚」「幻影」「錯覚」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じ意味で使われていますが、特に、手品用語や芸術用語として使われることがほとんどです。

例えば、元々あった場所から別の場所へ移動すること、あるはずのものが消失し、ないはずのものが出現すること、全く別のものに変身や変化すること、傷をつけたものが元通りに復元されることなど、様々な現象で分類され、演出や方法によっても分類されています。

また、目で取り込んだ情報を処理したうえで、周囲の視覚情報から本来とは違う姿に見える錯覚や、存在しない音や本来とは違う高さの音が聞こえる錯聴などをイリュージョンと呼ぶこともあります。

イリュージョンの類語

イリュージョンの類語・類義語としては、感覚の錯誤によって存在しないものが存在するかのように見えるものを意味する「幻影」、想像によって作り上げられた物事を意味する「蜃気楼」、人の目をくらますためのからくりを意味する「トリック」などがあります。

マジックの意味

マジックとは

マジックとは、魔術や奇術を意味しています。

その他にも、「魔法のような」「これまでは出来なかった画期的なもの」を意味する言葉として使われています。

マジックの使い方

「カードマジックやコインマジックには練習方法がまとめられていることもある」「IT関連の仕事でマジックナンバーはご法度だろう」などの文中で使われているマジックは、「奇術や実在しないように見えるもの」の意味で使われています。

一方、「マジックテープは子どもでも怪我をせずに使うことができる」「マジックであればガラスにも文字を描くことができる」などの文中で使われているマジックは、「魔法のような」の意味で使われています。

マジックは英語で「magic」と表記され、「魔法」「魔術」「奇術」といった意味で使われています。日本語でも同じように使われていますが、上記例文の「マジックテープ」のように「魔法のような」という意味で使われることもあります。

「マジックナンバー」の意味

上記例文の「マジックナンバー」とは、IT用語として使われる場合には表面上で設定された設定や処理が分からない数値を表し、野球用語として使われる場合には特定のチームの優勝までの勝利数を表します。

「マジックインキ」の由来

また、マジックという言葉は、特定の油性マーカーを指しますが、紙だけでなくガラスやプラスチック、木材、金属など、どんなものにも書くことができるのが特徴の「マジックインキ」が由来となっています。

マジックの類語

マジックの類語・類義語としては、実際にはない事物をあるものとして考えることを意味する「仮想」、当てもないことを想像することを意味する「夢想」、想像や想像力を意味する「イマジネーション」、空想や幻想を意味する「ファンタジー」などがあります。

イリュージョンの例文と使い方

1.今夜限りのイリュージョンを目を離さずにご覧くださいという挨拶に観客は期待の意味を込めて拍手を送っていた。
2.イリュージョンが終わり帰路についていても、未だに夢の中に居るような感覚が残っている。
3.イリュージョンで人を箱を使って小分けにするという演目があると聞いて一体どうやるのかと不思議に思っている。
4.だまし絵に使われているイリュージョンに気が付かず、大きく見えたもののサイズを見誤ってしまうことはよくあることだろう。
5.音のイリュージョンを自覚したことがないため、どのような感覚になるのかが分からない。

この言葉がよく使われる場面としては、大掛かりな舞台装置や演出を用いた奇術を意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、本来とは違う姿のものとして認識する錯覚や錯聴を表す言葉としても使われています。

マジックの例文と使い方

1.簡単なマジックグッズは手軽に購入することが出来るパーティーグッズとしても扱われている。
2.マジックの種を明かしてやろうと食い入るように見つめていたが、全く分からなかった。
3.練習を重ねてきたことで、ついに人に見せられるようなマジックを披露することができた。
4.優勝へのマジックナンバーが点灯したという話題は多くのメディアで報道されていた。
5.共通認識として理解しているならばいいのだろうが、基本的にマジックナンバーを用いても他のプログラマーに迷惑を掛けるだけだ。

この言葉がよく使われる場面としては、魔術や奇術を意味する時などが挙げられます。

例文4のように「特定のチームの優勝につながる勝利数」を意味する野球用語として使われることや、例文5のように「コードを書いた人にしか意味が理解できないプログラム内の数値」を意味するIT用語として使われることもあります。

イリュージョンとマジックは、どちらも「奇術」を表します。どちらを使うか迷った場合は、実現不可能なことが起きていると見せかける「マジック」の中でも、大掛かりな演出や装置を用いる場合に「イリュージョン」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター