今日の買取件数:60件/今月の買取件数:520件/累計買取件数:26,406件

【鼻をくすぐる】と【鼻腔をくすぐる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「鼻をくすぐる」(読み方:はなをくすぐる)と「鼻腔をくすぐる」(読み方:びこうをくすぐる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」という言葉は、どちらも良い匂いがすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」の違い

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」の意味の違い

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」の違いを分かりやすく言うと、「鼻をくすぐる」は「鼻腔をくすぐる」を省略した言葉、「鼻腔をくすぐる」とは良い匂いがすることという違いです。

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」の使い方の違い

一つ目の「鼻をくすぐる」を使った分かりやすい例としては、「松茸の香りが鼻をくすぐる」「行きつけの喫茶店の紅茶は鼻をくすぐる絶品です」「美味しそうな匂いが鼻をくすぐりお腹がなりました」などがあります。

二つ目の「鼻腔をくすぐる」を使った分かりやすい例としては、「鼻腔をくすぐる香りに惹かれてカレー屋さんに入りました」「彼女と手を繋ぐと香水が鼻腔をくすぐる」「焼き鳥屋さんの出店に鼻腔をくすぐられ思わず購入してしまいました」などがあります。

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」の使い分け方

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」はどちらも良い匂いがすることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「鼻をくすぐる」は「鼻腔をくすぐる」の省略した表現という点です。

したがって、どちらも正し表現であるので、基本的には好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」の英語表記の違い

「鼻をくすぐる」も「鼻腔をくすぐる」も日本語特有の表現なので直訳した表現はありませんが、近い表現として良い匂いがするを英語にすると「Something smells good」「I smell something good」などとなります。

「鼻をくすぐる」の意味

「鼻をくすぐる」とは

「鼻をくすぐる」とは、良い匂いがすることを意味しています。

「鼻をくすぐる」の使い方

「鼻をくすぐる」を使った分かりやすい例としては、「鰻の香りが鼻をくすぐるのでお店に入りました」「何か分からないが甘い香りが鼻をくすぐる」「柑橘系のシャンプーの香りが鼻をくすぐる」「窓を開けた瞬間に爽やかな香りが鼻をくすぐる」などがあります。

「鼻をくすぐる」は脊椎動物の嗅覚 の受容器の「鼻」に、人の心を軽く刺激してそわそわさせたり良い気持ちにさせたりすることを意味する「くすぐる」が合わさり、良い匂いがすることの意味で使われている言葉です。

「鼻をくすぐる」の特徴

「鼻をくすぐる」はただ良い匂いがするだけなくその香りを嗅いただことで、食欲が増える、リラックスする、気分が良くなるなどの付加価値のある匂い対して使うのが特徴です。

そのため、基本的にプラスのイメージで使う言葉と覚えておきましょう。

では「鼻をくすぐる」はどういう場面で使うのかというと、強い香りが長時間漂う場合に使うのではなく、ふわりとした香りが短い時間にした場合に使います。

「鼻をくすぐる」の類語

「鼻をくすぐる」の類語・類義語としては、良い香りがすることを意味する「香ばしい」があります。

「鼻腔をくすぐる」の意味

「鼻腔をくすぐる」とは

「鼻腔をくすぐる」とは、良い匂いがすることを意味しています。

「鼻腔をくすぐる」の使い方

「鼻腔をくすぐる」を使った分かりやすい例としては、「炭火でこんがりと焼いたトウモロコシ匂いが鼻腔をくすぐる」「すれ違った人のシャンプーの香りが鼻腔をくすぐる」「タオルで顔を拭くと柔軟剤の香りが鼻腔をくすぐる」などがあります。

「鼻腔をくすぐる」は鼻の穴の中のことを意味する「鼻腔」に、人の心を軽く刺激してそわそわさせたり良い気持ちにさせたりすることを意味する「くすぐる」が合わさり、良い匂いがすることの意味で使われている言葉です。

「鼻腔をくすぐる」の特徴

「鼻腔をくすぐる」はただ良い匂いがするだけなくその香りを嗅いただことで、食欲が増える、リラックスする、気分が良くなるなどの付加価値のある匂い対して使うのが特徴です。

そのため、基本的にプラスのイメージで使う言葉と覚えておきましょう。

では「鼻腔をくすぐる」はどういう場面で使うのかというと、強い香りが長時間漂う場合に使うのではなく、ふわりとした香りが短い時間にした場合に使います。

「鼻腔をくすぐる」の別表記

「鼻腔をくすぐる」の別の漢字表記として「鼻孔をくすぐる」がありますが、結論からいうとどちらも正しい日本語です。また、現代においてどちらがお勧めかという指針も校閲も出ていません。そのため、基本的にどちらの漢字を使用しても問題ないと覚えておきましょう。

「鼻腔をくすぐる」の類語

「鼻腔をくすぐる」の類語・類義語としては、匂いが良いことを意味する「芳しい」があります。

「鼻をくすぐる」の例文

1.彼女を抱きしめると、石鹸の良い香りが鼻をくすぐってテンションが上がりました。
2.シャンプーの香りが鼻をくすぐり、別れた彼女との思い出が蘇ってきました。
3.全く買うつもりはなかったが、炭火の匂い鼻をくすぐられて、思わず購入してしまいました。
4.盛りつけられた料理から漂うバターの香りは鼻をくすぐり、食欲を増加させます。
5.炭火焼肉の香りに鼻をくすぐられ、ずっとお腹が鳴ってしまっている。

この言葉がよく使われる場面としては、良い匂いがすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「鼻をくすぐる」はプラスのイメージで使われている言葉です。

「鼻腔をくすぐる」の例文

1.新しく購入したシャンプーは、ほのかにみかんの香りが鼻腔をくすぐるので、とてもお気に入りです。
2.このお店のフレーバーティーは、口にする前から鼻腔をくすぐる。
3.デミグラスソースの匂いに鼻腔をくすぐられたので、思わず入店してしまいました。
4.クッキー缶を開けた時の鼻腔をくすぐる香りが好きなので、旅行へ行ったら必ず購入しています。
5.石鹸とは別の鼻腔をくすぐる香りがあるが、これの正体はなんなのだろうか。

この言葉がよく使われる場面としては、良い匂いがすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「鼻腔をくすぐる」はプラスのイメージで使われている言葉です。

「鼻をくすぐる」と「鼻腔をくすぐる」はどちらも良い匂いがすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、意味に差はないので好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター