今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:29,226件

【ご海容】と【ご容赦】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご海容」(読み方:ごかいよう)と「ご容赦」(読み方:ごようしゃ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご海容」と「ご容赦」という言葉は、どちらも許してもらうことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご海容」と「ご容赦」の違い

「ご海容」と「ご容赦」の意味の違い

「ご海容」と「ご容赦」の違いを分かりやすく言うと、「ご海容」は主に書き言葉として使う、「ご容赦」は書き言葉と話し言葉どちらでも使えるという違いです。

「ご海容」と「ご容赦」の使い方の違い

一つ目の「ご海容」を使った分かりやすい例としては、「今後ご迷惑をおかけすると思いますが悪しからずご海容ください」「料金は全額お返ししますのでご海容のほどお願い申し上げます」「先程のご無礼ご海容くださいませ」などがあります。

二つ目の「ご容赦」を使った分かりやすい例としては、「ご不便をおかけしますがご容赦くださいますようお願い申し上げます」「本日は貸し切りとなりますのでご容赦くださいませ」「私のつたない英語をご容赦ください」などがあります。

「ご海容」と「ご容赦」の使い分け方

「ご海容」と「ご容赦」はどちらも許してもらうことを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「ご海容」は海のように広い寛容な心で相手の過ちや無礼などを許すことを意味しており、手紙や文章などの書き言葉として使います。

一方、「ご容赦」は相手に許しを請うことを意味しており、手紙や文章などの書き言葉だけではなく、口頭や会話などの話し言葉としても使えるというのが違いです。

「ご海容」と「ご容赦」の英語表記の違い

「ご海容」も「ご容赦」も英語にすると「please accept my apology」「please pardon」となり、例えば上記の「私のつたない英語をご容赦ください」を英語にすると「Please pardon my poor English」となります。

「ご海容」の意味

「ご海容」とは

「ご海容」とは、海のように広い寛容な心で相手の過ちや無礼などを許すことを意味しています。

表現方法は「ご海容賜りますよう」「ご海容いただき」「ご海容いただければ」

「ご海容賜りますよう」「ご海容いただき」「ご海容いただければ」「ご海容のほどお願い申し上げます」「ご海容ください」などが、「ご海容」を使った一般的な言い回しになります。

「ご海容」の使い方

「ご海容」を使った分かりやすい例としては、「数々のご無礼をご海容くださいますようお願い申し上げます」「メールでのご連絡になりますがご海容くださいませ」「至らぬ点あると存じますが失礼の段ご海容ください」などがあります。

「ご海容」は海のように広い寛容な心で相手の過ちや無礼などを許すことを意味する「海容」に、接頭語の「ご」が合わさった言葉です。また、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの、目上の人に対しても使うことができます。

ただし、目上の人に対して使う場合は「ご海容」だけではやや敬意に欠ける表現なので、前後の文章に敬語表現を用いる必要があると覚えておきましょう。

「ご海容」は主に3つのパターンで使うことが多いです。一つ目は差出人側が相手に失敗や非礼を詫びる場合、二つ目は相手が快く許したことへのお礼として使う場合、三つ目は相手に恐縮しながら理解を求める場合になります。

「ご海容」の特徴

「ご海容」は手紙やメールなどの書き言葉として使うのが特徴です。したがって、会話などの話し言葉では使うことはできないと覚えておきましょう。

「ご海容」の類語

「ご海容」の類語・類義語としては、過ちなどを咎めだてしないで許すことを意味する「ご寛恕」、他人の気持ちや立場を察することを意味する「ご理解」、大目にみることを意味sる「許容」などがあります。

「ご容赦」の意味

「ご容赦」とは

「ご容赦」とは、相手に許しを請うことを意味しています。

表現方法は「ご容赦ください」「ご容赦願います」「ご容赦いただけますと幸いです」

「ご容赦ください」「ご容赦願います」「ご容赦いただけますと幸いです」などが、「ご容赦」を使った一般的な言い回しになります。

「ご容赦」の使い方

「ご容赦」を使った分かりやすい例としては、「この度はご報告が遅くなりましたことをご容赦くださいませ」「もし行き違いがございましたらご容赦ください」「当日は入場制限する場合がございますのでご容赦ください」などがあります。

「ご容赦」は許すことを意味する「容赦」に、接頭語の「ご」が合わさり、相手に許しを請うことの意味で使われている言葉です。また、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの、目上の人に対しても使うことができます。

ただし、目上の人に対して使う場合は「ご容赦」だけではやや敬意に欠ける表現なので、前後の文章に敬語表現を用いる必要があると覚えておきましょう。

「ご容赦」は過失や不行き届きを謝り、相手に許してもらいたい場合に使いますが、必ずしも許してもらるわけではありません。そのため、期待に添えない詫び言葉として使うのが一般的です。

例えば、とあるイベントであまり人数が多くて入場制限しなければいけない場合に、「当日は入場制限する場合がございますのでご容赦ください」のような軽いお詫びのイメージになります。

「ご容赦」の注意点

「ご容赦」を使う上で注意しなければならないのは、明らかにこちらに非があり、本当に謝罪したい場合は使えないという点になります。相手に多大な迷惑をかけた場合などは、素直な謝罪の言葉である「申し訳ございません」や「深くお詫びいたします」などを使うのがいいでしょう。

「ご容赦」の特徴

「ご容赦」は会話などの話し言葉だけではなく、手紙やメールの書き言葉としても使えるというのが特徴です。

「ご容赦」の類語

「ご容赦」の類語・類義語としては、過失や失敗などを責めないでくれとお願いすることを意味する「お許しください」、怒りを抑えて人の過ちを許すことを意味する「ご堪忍」、他人の過失や要求などを許してやることを意味する「ご勘弁」などがあります。

「ご海容」の例文

1.台風が接近中のため、ご予約商品の配送が遅れることが予想されておりますが、何卒ご海容くださいませ。
2.この度は無礼を働いたにも関わらず、ご海容いただきありがとうございました。
3.こちらの不手際をご海容してくださり、大変感謝しております。後日、改めて御礼に伺います。
4.明日から1週間社員旅行により営業停止おりますので、ご海容のほどお願い申し上げます。
5.長期休暇中はお問合せの対応休止しておりますので、ご海容賜りますようお願い申し上げます。

この言葉がよく使われる場面としては、海のように広い寛容な心で相手の過ちや無礼などを許すことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご海容」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご容赦」の例文

1.当日は駐車スペースをご用意でいませんので、車でのご来場はご容赦ください。
2.期間限定商品の販売終了いたしましたので、ご容赦くださいませ。
3.感染症に罹患してしまったため欠席いたします。何卒ご容赦ください。
4.営業時間外のお問い合わせは対応できますので、ご容赦くださいませ。
5.こちらは数量限定の商品となっておりますので、売り切れの際はご容赦ください。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に許しを請うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご容赦」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご海容」と「ご容赦」はどちらも許してもらうことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、主に書き言葉として使うのが「ご海容」、書き言葉と話し言葉どちらでも使えるのが「ご容赦」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター