【バグ枠】と【枠ガチャ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:529件/累計買取件数:5,396件

似た意味を持つ「バグ枠」と「枠ガチャ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「バグ枠」と「枠ガチャ」という言葉は、どちらもYoutube用語を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



「バグ枠」と「枠ガチャ」の違い

「バグ枠」と「枠ガチャ」の意味の違い

「バグ枠」と「枠ガチャ」の違いを分かりやすく言うと、「バグ枠」とはYoutubeの生配信をしているのに検索に載らなかったりチャンネル登録者に通知がいかないこと、「枠ガチャ」とは前述の「バグ枠」ではない普通の枠にすることという違いです。

「バグ枠」と「枠ガチャ」の使い方の違い

一つ目の「バグ枠」を使った分かりやすい例としては、「バグ枠が連発して困っています」「彼女をバグ枠から解放したい」「Youtubeのバグ枠にぶち切れてしまった」などがあります。

二つ目の「枠ガチャ」を使った分かりやすい例としては、「いくらやっても枠ガチャが成功しない」「また時間をおいて数回枠ガチャをする予定です」などがあります。

「バグ枠」と「枠ガチャ」の使い分け方

「バグ枠」と「枠ガチャ」はどちらもYoutube用語ですが、意味は異なっており使い方が違います。

「バグ枠」とはYoutubeの生配信をしているのに検索に載らなかったりチャンネル登録者に通知がいかないことを意味しており、「枠ガチャ」とはこの「バグ枠」を通常の枠にするまで配信を切り替えることです。

「バグ枠」と「枠ガチャ」の英語表記の違い

「バグ枠」も「枠ガチャ」も日本で作られたYoutube用語であるため、英語で表現することはほとんどありません。あえて表現するならば、「Bug frame」「Frame gacha」となります。

「バグ枠」の意味

「バグ枠」とは

「バグ枠」とは、Youtubeの生配信をしているのに検索に載らなかったりチャンネル登録者に通知がいかないことを意味しています。

「バグ枠」の使い方

「バグ枠」を使った分かりやすい例としては、「バグ枠により枠を取り直しました」「バグ枠が連発するのでうんざりしてきました」「バグ枠が嫌なのでしばらくはSHOWROOMで配信することにしました」などがあります。

本来、Youtubeでは生配信を開始した場合、検索欄や自分のチャンネルを登録してくれている人に対して通知が行くのですが、何らかのバグにより検索に載らなかったりチャンネル登録者に通知がいかない枠のことを「バグ枠」と言います。

また、「バグ枠」ではなく「枠バグ」という人達もいるようです。

「バグ枠」の原因

「バグ枠」が起こってしまう原因は未だ解明されていないのですが、緊急事態宣言などにより自宅にいる機会が増えたため、Youtubeへアクセス数が増えてネットワーク障害が起きているという説が一番有力になっています。

「バグ枠」の類語

「バグ枠」以外にもYoutube用語は存在しており、ライブ配信中に配信者に対してチャットを通じて投げ銭をする機能のことを意味する「スーパーチャット」、主に嫌がらせを目的とした投稿や差別的なコメントなどのことを意味する「スパム」などがあります。

「枠ガチャ」の意味

「枠ガチャ」とは

「枠ガチャ」とは、「バグ枠」ではない普通の枠にすることを意味しています。

「枠ガチャ」の使い方

「枠ガチャ」を使った分かりやすい例としては、「枠ガチャに疲れてしまったのでしばらくはMirrativで配信することにしました」「枠ガチャに失敗してしまいました」「枠ガチャに負けたので全然人が来ません」などがあります。

「枠ガチャ」とは上記に記載した「バグ枠」ではない普通の枠になるまで何回も配信を切り替えることです。何故起るか分からない原因不明の「バグ枠」の対抗策として生まれたのが「枠ガチャ」になります。

やはり生配信をするからにはみんなに観て欲しいので、視聴者がくるようにするのは配信者として自然の流れです。

現在の日本ではYoutubeはとても流行っており、YoutuberやVtuberに多くの人がなっています。そのため、多数のYoutuber事務所が存在しており、一番有名な事務所が大手Youtuberの大半が所属している「UUUM」でしょう。

また、Vtuberが所属している有名な事務所としては、「ホロライブプロダクション」や「にじさんじ」などがあります。

「バグ枠」の例文

1.チャンネル1周年記念配信が、バグ枠により人が全然来なくて悲しいです。
2.バグ枠の原因は色々考察されているが、未だに分かっていないと言われています。
3.バグ枠ばかりなのでしばらくYoutubeでの配信を辞め、ニコニコ動画で配信することにしました。
4.バグ枠が連発して萎えてしまったので、しばらく配信をお休みすることしました。
5.ライブ配信を観ていたらいきなりぐるぐるし始めたので、バグ枠であることに気付きました。

この言葉がよく使われる場面としては、Youtubeの生配信をしているのに検索に載らなかったりチャンネル登録者に通知がいかないことを表現したい時などが挙げられます。

「バグ枠」はYoutube用語であるため、あまり一般的な言葉ではありません。

「枠ガチャ」の例文

1.枠ガチャをするのがあまり好きではないので、しばらくは生配信を辞めて動画一本で行くことを決めました。
2.枠ガチャをしても一向に変わる気配がないので、配信サイトをニコニコ動画に変更することにしました。
3.枠ガチャはYoutube側に負担をかけるという説もあるため、反対している人が多いのも事実です。
4.枠ガチャにうんざりしてしまったので、生配信を休止することにしました。
5.今のYoutubeはバグっていて枠ガチャをしないと人が来ないことを初めて知りました。

この言葉がよく使われる場面としては、「バグ枠」ではない普通の枠にすることを表現したい時などが挙げられます。

「枠ガチャ」はYoutube用語であるため、あまり一般的な言葉ではありません。

「バグ枠」と「枠ガチャ」どちらの言葉を使うか迷った場合、Youtubeの生配信をしているのに検索に載らなかったりチャンネル登録者に通知がいかないことを表現したい時は「バグ枠」を、「バグ枠」ではない普通の枠にすることを表現したい時には「ガチャ枠」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター