今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【ご忠告痛み入ります】と【ご忠告ありがとうございます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご忠告痛み入ります」(読み方:ごちゅうこくいたみいります)と「ご忠告ありがとうございます」(読み方:ごちゅうこくありがとうございます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」という言葉は、どちらも忠告してくれたことに感謝することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」の違い

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」の意味の違い

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」の違いを分かりやすく言うと、「ご忠告痛み入ります」の方が「ご忠告ありがとうございます」よりもフォーマルな表現という違いです。

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」の使い方の違い

一つ目の「ご忠告痛み入ります」を使った分かりやすい例としては、「部長からのご忠告痛み入ります」「先日対処いたしました案件につきましてご忠告痛み入ります」「大変貴重なご忠告痛み入ります」などがあります。

二つ目の「ご忠告ありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「忌憚なきご忠告ありがとうございます」「私のクセに対してのご忠告ありがとうございます」「資料の間違いについてのご忠告ありがとうございます」などがあります。

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」の使い分け方

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」はどちらも忠告してくれたことに感謝することを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご忠告痛み入ります」の方が「ご忠告ありがとうございます」よりもフォーマルな表現という点です。

したがって、「ご忠告痛み入ります」は上司や取引先の相手などの、よりかしこまった場面で使う言葉と覚えておきましょう。

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」の英語表記の違い

「ご忠告痛み入ります」も「ご忠告ありがとうございます」も英語にすると「Thank you for your advice」「Thank you for pointing it out」となります。

「ご忠告痛み入ります」の意味

「ご忠告痛み入ります」とは

「ご忠告痛み入ります」とは、忠告してくれたことに感謝することを意味しています。

「ご忠告痛み入ります」の使い方

「ご忠告痛み入ります」を使った分かりやすい例としては、「課長からのご忠告痛み入ります」「とても親身なご忠告痛み入ります」「新規事業についてのご忠告痛み入ります」「私を思ってのご忠告痛み入ります」などがあります。

「ご忠告痛み入ります」は真心を込めて相手の欠点や過ちを戒めさとすことを意味する「忠告」に、接頭語の「ご」、相手の手厚い配慮や好意などに対して深く感じいることを意味する「痛み入る」、丁寧語の「ます」が合わさった言葉です。

「ご忠告痛み入ります」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うこともできます。

「ご忠告痛み入ります」の特徴

また、「ご忠告痛み入ります」は会話などの話し言葉だけではなく、メールや手紙などの書き言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「ご忠告痛み入ります」の注意点

「ご忠告痛み入ります」を使う上で注意しなければならないのは、言い方によっては皮肉や嫌みに捉えられる可能性があるという点です。したがって、誤解を招かないためにも、態度や声、前後の脈絡でも感謝の気持ちが伝わるようにしましょう。

「ご忠告痛み入ります」の類語

「ご忠告痛み入ります」の類語・類義語としては、気を配ってたことに感謝することを意味する「お心遣い痛み入ります」、心配りに感謝することを意味する「ご高配痛み入ります」などがあります。

「ご忠告ありがとうございます」の意味

「ご忠告ありがとうございます」とは

「ご忠告ありがとうございます」とは、忠告してくれたことに感謝することを意味しています。

「ご忠告ありがとうございます」の使い方

「ご忠告ありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「大変貴重なご忠告ありがとうございます」「先輩からのご忠告ありがとうございます」「ご忠告ありがとうございます大変勉強になりました」などがあります。

「ご忠告ありがとうございます」は真心を込めて相手の欠点や過ちを戒めさとすことを意味する「忠告」に、接頭語の「ご」、感謝したり礼を言ったりするときに用いる言葉のことを意味する「ありがとうございます」が合わさった言葉です。

「ご忠告ありがとうございます」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うこともできます。ただし、よりかしこまった場面においては、さらに丁寧な表現である「ご忠告痛み入ります」を使うのがいいでしょう。

「ご忠告ありがとうございます」の特徴

また、「ご忠告ありがとうございます」は会話などの話し言葉だけではなく、メールや手紙などの書き言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「ご忠告ありがとうございます」の注意点

「ご忠告ありがとうございます」を使う上で注意しなければならないのは、言い方によっては皮肉や嫌みに捉えられる可能性があるという点です。したがって、誤解を招かないためにも、態度や声、前後の脈絡でも感謝の気持ちが伝わるようにしましょう。

「ご忠告ありがとうございます」の類語

「ご忠告ありがとうございます」の類語・類義語としては、気を遣ってくれたことに感謝することを意味する「お気遣いありがとうございます」、心からの深い思いやりの気持ちに感謝することを意味する「ご厚情ありがとうございます」などがあります。

「ご忠告痛み入ります」の例文

1.コラボ商品の件ご忠告痛み入ります。今後このようなことがないよう努めて参ります。
2.この度はご忠告痛み入ります。丁寧なご指摘やご批判を真摯に受け止めていく所存です。
3.今後へ向けてのご指導大変参考になりました。ご忠告痛み入ります。
4.本件につきまして、社長からのご忠告痛み入ります。
5.ご忠告痛み入りますと言われたが、少し皮肉が混じっているように聞こえました。

この言葉がよく使われる場面としては、忠告してくれたことに感謝することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご忠告痛み入ります」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「ご忠告ありがとうございます」の例文

1.この度はご忠告ありがとうございます。今後も精進いたします。
2.先日の資料に間違えがあったことを、ご忠告ありがとうございます。
3.私に緊張すると目を瞑るクセがあることを、ご忠告ありがとうございます。
4.ご忠告ありがとうございます。今後に役立てていく所存です。
5.ご忠告ありがとうございます。ですがこの件に関しては私に任せてください。

この言葉がよく使われる場面としては、忠告してくれたことに感謝することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご忠告ありがとうございます」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「ご忠告痛み入ります」と「ご忠告ありがとうございます」はどちらも忠告してくれたことに感謝することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「ご忠告痛み入ります」の方が「ご忠告ありがとうございます」よりもフォーマルな表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター