今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【そうですか】と【そうなんですか】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「そうですか」と「そうなんですか」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「そうですか」と「そうなんですか」という言葉は、どちらも相手の話に対しての相槌のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「そうですか」と「そうなんですか」の違い

「そうですか」と「そうなんですか」の意味の違い

「そうですか」と「そうなんですか」の違いを分かりやすく言うと、「そうですか」は相手の言うことを理解や納得した時に使う、「そうなんですか」は相手の言ったことに驚いた時に使うという違いです。

「そうですか」と「そうなんですか」の使い方の違い

一つ目の「そうですか」を使った分かりやすい例としては、「そうですか、それは初耳でした」「そうですか、経過が順調でよかったです」「そうですか、先方にも確認してみます」「そうですか、それは残念でしたね」などがあります。

二つ目の「そうなんですか」を使った分かりやすい例としては、「そうなんですか、知りませんでした」「そうなんですか、海外旅行へ行くなんて羨ましいです」「そうなんですか、私も北海道出身ですよ」「そうなんですか、少しでも力になれて良かったです」などがあります。

「そうですか」と「そうなんですか」の使い分け方

「そうですか」と「そうなんですか」はどちらも相手の話に対しての相槌のことを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「そうですか」は主に相手の言うことを理解や納得した時に使う言葉になります。

一方、「そうなんですか」は相手の言ったことについて知らなくて、とても驚いた場合に使うというのが違いです。

そのため、「そうですか」よりも「そうなんですか」の方がインパクトは強い表現になります。

「そうですか」と「そうなんですか」の英語表記の違い

「そうですか」も「そうなんですか」も英語にすると「Oh I see」となります。

「そうですか」の意味

「そうですか」とは

「そうですか」とは、相手の話に対しての相槌のことを意味しています。

「そうですか」の使い方

「そうですか」を使った分かりやすい例としては、「そうですか、私も同じ考えを持っておりました」「そうですか、とても美味しいデザートだったのですね」「そうですか、それは災難でしたね」「そうですか、何をご購入なさったんですか」「などがあります。

「そうですか」は様態の意を表すことを意味する「そう」に、丁寧語の「です」、そのような状態や性質であることを表す「か」が合わさり、相手の話に対しての相槌のことの意味で使われている言葉です。

「そうですか」は日常生活とビジネスシーンにおいて様々な場面で使うことができる言葉になります。ただし、丁寧な言い方ではあるものの、人によっては不快に思う人もいるので、位の離れた上司や、外部の人対して使うのはあまり適していません。

もし、よりかしこまった場面で使いたいのであれば、さらに丁寧な表現である「左様でございますか」を使うようにしましょう。

「そうですか」の注意点

「そうですか」を使う上で注意しなければならないのは、会話などの話し言葉でしか使えないう点です。そのため、手紙やビジネスメールなどの文章では使えないと覚えておきましょう。

「そうですか」の類語

「そうですか」の類語・類義語としては、相手の言ったことに対して強く賛同することを意味する「左様ですか」があります、

「そうなんですか」の意味

「そうなんですか」とは

「そうなんですか」とは、相手の話に対しての相槌のことを意味しています。

「そうなんですか」の使い方

「そうなんですか」を使った分かりやすい例としては、「そうなんですか、教えていただきありがとうございます」「そうなんですか、いつからこちらにお住まいなんですか」「そうなんですか、至急対応いたしますね」などがあります。

「そうですか」は様態の意を表すことを意味する「そう」に、「なのだ」の丁寧語である「なんです」、そのような状態や性質であることを表す「か」が合わさり、相手の話に対しての相槌のことの意味で使われている言葉です。

「そうなんですか」は日常生活とビジネスシーンにおいて様々な場面で使うことができる言葉になります。ただし、丁寧な言い方ではあるものの、人によっては不快に思う人もいるので、位の離れた上司や、外部の人対して使うのはあまり適していません。

したがって、「そうなんですか」は正しい言葉ですが、相手との関係や場面を考えて使うことが大切になります。

「そうなんですか」の注意点

「そうなんですか」を使う上で注意しなければならないのは、会話などの話し言葉でしか使えないう点です。そのため、手紙やビジネスメールなどの文章では使えないと覚えておきましょう。

「そうなんですか」の類語

「そうなんですか」の類語・類義語としては、相手の話に対しての相槌のことを意味する「そうなのですか」があります。

「そうですか」の例文

1.そうですか、私も行こうと思うので何がオススメか教えてくれませんか。
2.そうですか、そんな目にあったなんてとても災難でしたね。
3.そうですか、それは残念でしたね。でもあなたなら次は合格できると思いますよ。
4.そうですか、あなたも私と同じようなことを考えていたんですね。
5.そうですか、プロジェクトが計画通り順調に進んでいてよかったです。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の話に対しての相槌のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「そうですか」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「そうなんですか」の例文

1.そうなんですか、私も沖縄の那覇出身なので奇遇ですね。
2.そうなんですか、とてもお若いので私と同じ年くらいだと思っていました。
3.そうなんですか、そんな大きな事件があったなんて知りませんでした。
4.そうなんですか、私もそのお店のパンケーキが大好きです。今度一緒に食べにいきましょう。
5.そうなんですか、その試験に合格できるよう応援してますね。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の話に対しての相槌のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「そうなんですか」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「そうですか」と「そうなんですか」はどちらも相手の話に対しての相槌のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、相手の言うことを理解や納得した時に使うのが「そうですか」、相手の言ったことに驚いた時に使う「そうなんですか」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター