今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【レイアウト】と【デザイン】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「レイアウト」と「デザイン」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「レイアウト」と「デザイン」という言葉は、「製品などの見た目」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




レイアウトとデザインの違い

レイアウトとデザインの意味の違い

レイアウトとデザインの違いを分かりやすく言うと、レイアウトは素材を配置することを表現する時に使い、デザインは図案を作ることを表現する時に使うという違いです。

レイアウトとデザインの使い方の違い

一つ目のレイアウトを使った分かりやすい例としては、「レイアウトを変更するだけならすぐできる」「参考レイアウトを見ても自分では上手くできない」「レイアウトする際にはどのように見られたいかを考えるべきだ」などがあります。

二つ目のデザインを使った分かりやすい例としては、「より魅力的なグラフィックデザインを作り上げるため努力する」「彼女がデザインしたドレスは非常に綺麗だ」「キャリアデザインが必要なのは大学生だけではない」などがあります。

レイアウトとデザインの使い分け方

レイアウトとデザインはどちらも、製品などの見た目を指す言葉ですが、意味合いが若干異なります。

レイアウトは、配置や配列することを意味します。具体的には、文字や図、写真などを紙面上でどのように配置するかや、建物の配置、その建物内部の部屋の配置をすることを指す言葉として使われています。

一方のデザインは、図案や模様を考案することや考案された図案を意味します。その他にも、具体的な立案や設計を行うことやその計画を指す言葉として使われています。

つまり、レイアウトは素材を配置することやそれらの配置を表し、デザインは図案を作ることや具体的な立案や設計を表すという違いがあります。

レイアウトとデザインの英語表記の違い

レイアウトを英語にすると「layout」「lay out」となり、例えば上記の「レイアウトを変更する」を英語にすると「change the layout」となります。

一方、デザインを英語にすると「design」となり、例えば上記の「グラフィックデザイン」を英語にすると「graphic design」となります。

レイアウトの意味

レイアウトとは

レイアウトとは、配置や配列することを意味しています。

レイアウトの使い方

レイアウトを使った分かりやすい例としては、「レイアウト画面の操作方法が分からない初心者だ」「レイアウト案を各々提出してより良いものを作り上げていく」「キッチンレイアウトを家族で考えることになった」などがあります。

その他にも、「レンタルレイアウトを初めて知った」「写真をレイアウトするためにスペースを空けた」「オブジェクトがレイアウトされたはずの場所に何もない」「サーキット内のコースレイアウトを確認するために地図を見た」などがあります。

レイアウトは英語で「layout」「lay out」と表記され、「設計」「見取り図」「段取りを決める」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように、文字や図などを紙面上でどのように配置するかや、その配置そのものを指す言葉として使われています。

その他にも、建物の配置や建物内部の部屋の配置を指す言葉としても使われています。どのような場合でも、上記例文の「レイアウト画面」のように名詞として使われることも、「レイアウトする」のように動詞として使われることもあります。

「レンタルレイアウト」の意味

上記例文の「レンタルレイアウト」とは、利用者自身の鉄道模型を走らせるために設備を貸し出すサービスや、貸し出される模型の運転施設を指す言葉で、「貸しレイアウト」とも呼ばれています。

レイアウトの類語

レイアウトの類語・類義語としては、仕上がりを考えて文字の大きさや図の配置などを指定することを意味する「割り付け」、物を配置したり新たに取り付けることを意味する「セッティング」、仕上がりを配慮した画面の構成を意味する「構図」などがあります。

デザインの意味

デザインとは

デザインとは、図案や模様を考案することや考案された図案を意味しています。

その他にも、目的達成のために具体的な立案や設計を行うことを意味する言葉として使われています。

デザインとは

「ユニバーサルデザインは身の回りにいくつも存在している」「ファッションデザインに関しては全くの無知だ」「デザインに必要なセンスを培うためにはどうすべきか」などの文中で使われているデザインは、「作品の姿形を考えること」の意味で使われています。

一方、「暮らしをデザインするために必要とするものを書き出してみる」「未来をデザインすることは国民も投票という形で行うことができる」などの文中で使われているデザインは、「計画や設計を行うこと」の意味で使われています。

デザインは英語で「design」と表記され、「下図を作る」「設計する」「計画する」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われ、作品の見た目やその構造を考えることや図や模様を考えること、計画や設計を行うことを表します。

「ユニバーサルデザイン」の意味

上記例文の「ユニバーサルデザイン」とは、年齢や性別、文化、言語などの違いに関わらず多くの人々が利用できるような設計を指す言葉です。使い方が簡単であること、利用者に負担を強いないことなど7つの原則が定義されています。

「デザイナー」の意味

また、デザインから派生した言葉として「デザイナー」という言葉があり、「グラフィックデザイナー」「ファッションデザイナー」「プロダクトデザイナー」「建築デザイナー」など様々な分野で用いられています。

デザインの類語

デザインの類語・類義語としては、絵画や催し物などで工夫をめぐらすことを意味する「意匠」、絵を描くことを意味する「描画」、装飾として施される絵や形を意味する「模様」、図案や模様を意味する「パターン」などがあります。

レイアウトの例文

1.パソコンとスマホといった環境の違いでレイアウトの見え方が異なるため、様々な端末で確認をしてからリリースをするべきだ。
2.レイアウトが崩れた原因は、編集していたソフトとは異なるソフトでファイルを開いたからだろうか。
3.ゲーム内レイアウトの設定をユーザーが任意で変えられるため、自分の見やすい場所に必要なものが見えるようになっている。
4.実際にマイホームのレイアウトするために色々な資料を集めたことがある。
5.レイアウトしたものをいくつか提出して、さらに調整を重ねていく。

この言葉がよく使われる場面としては、配置や配列することを意味する時などが挙げられます。

例文1から例文3のように名詞として使われることもあれば、例文4や5のように動詞として使われることもあります。

デザインの例文

1.グッドデザイン賞を受賞した作品が展示される時は是非その会場に足を運びたいものだ。
2.独学でどこまでグラフィックデザインを学ぶことができるのか分からないが、やれることはやってみようと思っている。
3.デザインフェスタは経歴関係なしに自由に創作物を提供することができる貴重な場だと思う。
4.夢がなく、ライフデザインがまだ明確にできていなくても、とりあえず勉強しておくべきだと母は言う。
5.大学でキャリアデザインに関してのアドバイスをもらってから、自分が本当に将来したいことは何だろうかと悩み始めた。

この言葉がよく使われる場面としては、図案や模様を考案することや考案された図案を意味する時などが挙げられます。

例文4や5のように、目的のために具体的な立案や設計を行うことを意味する言葉としても使われています。

レイアウトとデザインは、どちらも「製品などの見た目」を表します。どちらを使うか迷った場合は、素材を配置することを表す場合は「レイアウト」を、図案を作ることを表す場合は「デザイン」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター