今日の買取件数:20件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:28,206件

【アバター】と【キャラクター】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「アバター」と「キャラクター」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「アバター」と「キャラクター」という言葉は、「作品において操作可能な人物」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




アバターとキャラクターの違い

アバターとキャラクターの意味の違い

アバターとキャラクターの違いを分かりやすく言うと、アバターは利用者の分身である時に使い、キャラクターは利用者の分身ではない時に使うという違いです。

アバターとキャラクターの使い方の違い

一つ目のアバターを使った分かりやすい例としては、「アバターが移動する後ろからついてきてくれるペットが可愛い」「アバターの細部をこだわることができるキャラメイクは楽しい」「見たことのないアバターの人は自分で用意しているのだろうか」などがあります。

二つ目のキャラクターを使った分かりやすい例としては、「キャラクターデザインにこだわっている作品は見ていて面白い」「好きなキャラクターが人気投票で1位に輝いていた」「彼女のキャラクターはまるで人が変わったかのように変化した」などがあります。

アバターとキャラクターの使い分け方

アバターとキャラクターはどちらも、ゲーム作品などにおいて操作可能な人物を指す言葉ですが、指すものが異なります。

アバターは、仮想的な空間における自分の分身を指す言葉です。自分自身の好みで作り上げたり、デフォルトで用意されているものの中から選択したりと様々ですが、自分自身の代わりのキャラクターとして動かす行動や指針が用意されていないです。

一方のキャラクターは、小説や映画など物語の登場人物を指す言葉です。人物とは言え、犬猫などヒト型ではないものも表すことができます。その他にも、性格や人格を意味する言葉として使われています。

つまり、アバターはユーザーの理想を投影して思い通りに動かすことができる人物を指し、キャラクターは定められている登場人物をある程度の行動指針などに沿ってしか動かせない人物を指すという違いがあり、後者の方が汎用的であると言えます。

アバターとキャラクターの英語表記の違い

アバターを英語にすると「avatar」となり、例えば上記の「アバターが移動する」を英語にすると「the avatars move」となります。

一方、キャラクターを英語にすると「character」となり、例えば上記の「キャラクターデザイン」を英語にすると「character design」となります。

アバターの意味

アバターとは

アバターとは、仮想的な空間における自分の分身を意味しています。
h3>アバターの使い方

アバターを使った分かりやすい例としては、「アバターがいくつも用意されているため選んで使わせてもらった」「デフォルトのアバターは白いシャツに白いズボンを着用している」「アバターを着せ替える遊び方もあるが大体は課金アイテムのようだ」などがあります。

その他にも、「選べるアバターの人種もいくつかあり、それぞれ特徴が異なるのが面白い」「最初に選んだアバターは変更ができないのだろうか」「アバターから向こう側の人間がどんな人かはあまり分からない」などがあります。

アバターは英語で「avatar」と表記され、「化身」「権化」といった意味を持つ言葉です。サンスクリット語の「アヴァターラ」が「神仏の化身」という意味であることから転じて使われるようになりました。日本語では「アヴァター」と表記されることもあります。

今日では、ゲームやネット上に登場する利用者の分身を表し、分身の姿を理想の者にした上で操作するようなゲームやSNSにて用いられています。メタバースやリモートワークが社会になじんでからは、ウェブ会議でもアバターが用いられています。

アバターの類語

アバターの類語・類義語としては、自分とそっくりな姿をした分身を意味する「ドッペルゲンガー」、本物と同等に機能する代替品を意味する「クローン」などがあります。

キャラクターの意味

キャラクターとは

キャラクターとは、小説や映画など物語の登場人物を意味しています。

その他にも、性格や人格、持ち味を意味する言葉として使われています。

キャラクターの使い方

「好きなキャラクターが人気だと私も嬉しい」「モブキャラクターのように扱われていることが悲しい」「ゆるキャラはゆるいマスコットキャラクターの略称らしい」などの文中で使われているキャラクターは、「登場人物」の意味で使われています。

一方、「彼のキャラクターを考えるときっと悪いことはしない」「キャラクター性が押し出される作品が好きだ」「キャラクターのことばかり考えては先に進めない」などの文中で使われているキャラクターは、「性格や人格」の意味で使われています。

キャラクターは英語で「character」と表記され、「性質」「特質」といった意味を持つ言葉です。また、「フィクション作品に登場する人物」を指すこともあり、日本語でも同じように使われています。

物語における登場人物を指しますが、動物やロボットなどにもキャラクターという言葉は使われ、非常に汎用性の高い言葉として扱われ、「キャラ」と省略して使われることが多くあります。

キャラクターは略称に含まれている場合もある

物語内の群衆を表す「モブ」や、団体や商品などの認知度を高める「マスコット」などは、「モブキャラクター」「マスコットキャラクター」など、一般的に使われている略称に含まれている場合も多くあります。

キャラクターの類語

キャラクターの類語・類義語としては、持って生まれた気質を意味する「性質」、その人に備わる性質や品格を意味する「人柄」、生まれつきの性質や才能を意味する「資質」、人の個性を意味する「パーソナリティ」などがあります。

アバターの例文

1.男性が女性の、女性が男性のアバターを使っても好みの問題であり、全く不思議な話ではない。
2.リモートワーク中は、用意されたアバターを使用してオンライン上で会議を行うユニークな会社だ。
3.Vtuberがブームとなっている昨今、アバターを制作する企業や個人も増加傾向にあると思う。
4.ゲーム内でアバターを作り上げて仲間たちと戦闘を楽しむことができる作品は多くある。
5.アバターでもおしゃれを楽しみたいが、衣装を制作するための素材が高価であるためまだ自分には早いと感じた。

この言葉がよく使われる場面としては、仮想的な空間における自分の分身を意味する時などが挙げられます。

特にゲームにて自身が操作するキャラクターを指すことが多くありましたが、仮想空間でオンライン会議などが行われるようになってからは仮想空間で動かすキャラクターも指すようになりました。

キャラクターの例文

1.この物語のキャラクターは、どの人も不幸な境遇から抜け出そうとする話だった。
2.町おこし目的以上にご当地キャラクターの名が知れ渡り、関連商品は全国的に売り出されていた。
3.知っている作品のはずなのにキャラクター一覧を見て知らない登場人物がいると不思議に感じた。
4.彼女の胸を張って堂々としている立ち姿からはキャラクター性が伝わってくる。
5.彼のキャラクターから鑑みるに、多くの人の前に立って指揮を執るような展開にはならないだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、小説や映画など物語の登場人物を意味する時などが挙げられます。

例文4や5のように、性格や人格、その人自身の持ち味を意味する言葉としても使われています。

アバターとキャラクターは、どちらも「作品において操作可能な人物」を表します。どちらを使うか迷った場合は、利用者の分身である場合は「アバター」を、利用者の分身ではない場合は「キャラクター」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター