【楽観的】と【楽天的】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:18件/今月の買取件数:416件/累計買取件数:2,320件

似た意味を持つ「楽観的」(読み方:らっかんてき)と「楽天的」(読み方:らくてんてき)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「楽観的」と「楽天的」という言葉は、どちらも前向きな思考を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



楽観的と楽天的の違い

楽観的と楽天的の意味の違い

楽観的と楽天的の違いを分かりやすく言うと、楽観的とは物事が上手くいくと考えて心配しないこと、楽天的とは物事を前向きに考えることという違いです。

楽観的と楽天的の使い方の違い

一つ目の楽観的を使った分かりやすい例としては、「彼女は楽観的な性格です」「楽観的な人は嫌われやすい」「楽観的な性格の人が羨ましい」「私の長所は楽観的な所です」「楽観的に生きるようになれば人生が楽しいはずだ」などがあります。

二つ目の楽天的を使った分かりやすい例としては、「楽天的な性格な人が羨ましい」「楽天的な生き方をするために人の目を気にするのは辞めよう」「楽天的な性格になりたい」などがあります。

楽観的と楽天的の意味の違いは、楽観的が物事が上手くいくと考えて心配しないこと、楽天的が物事を前向きにに考えることとなります。また、楽観的はこれから起こる物事に対して使い、楽天的はすで起こってしまった物事に対して使うことが多いです。

「楽観的な性格」と「楽天的な性格」の違い

例えば上記の「彼女は楽観的な性格です」は、彼女はこれから起こる物事が上手くいくと考えて心配しない性格という意味になります。楽観的を楽天的に置き換えると「彼女は楽天的な性格です」となり、彼女は起こってしまった物事を前向きに考える性格となります。

また、物事が起こる前に楽観的であっても、物事が起こったあとに楽天的とは限りません。そのため、楽観的よりも楽天的の方がプラスのイメージで使われることが多いです。

楽観的と楽天的の英語表記の違い

楽観的も楽天的も英語にすると「optimistic」「positive」となり、例えば上記の「彼女は楽観的な性格です」を英語にすると「She has an optimistic personality」となります。

楽観的の意味

楽観的とは

楽観的とは、物事が上手くいくと考えて心配しないことを意味しています。

表現方法は「楽観的な人」「楽観的すぎる人」「楽観的な考え」

「楽観的な人」「楽観的すぎる人」「楽観的な考え」「楽観的な思考」などが、楽観的を使った一般的な言い回しです。

楽観的の使い方

楽観的を使った分かりやすい例としては、「楽観的な人はストレスが少ないので羨ましい」「楽観的な人を見ているとイライラする」「楽観的な人は少し苦手です」「楽観的な性格は短所になることもある」などがあります。

その他にも、「楽観的に生きることを学びました」「幸せになりたいのなら楽観的になることが大切です」「楽観的な性格な人は嫌いです」「楽観的ロックを使用しました」「楽観的な見通しです」などがあります。

楽観的という言葉は、使い方によってプラスのイメージにもマイナスのイメージにもなる言葉です。物事が上手くいくと考えて心配しないことを意味しているので、前向きやポジティブ的なニュアンスで使われている場合はプラスのイメージになります。

反対に、物事に対して何も考えずに心配してないようなニュアンスで使われる場合は、マイナスのイメージになっています。

楽観的は性格や生き方など人に対して使う言葉になります。ただし、目上の人に対して使ってはいけないと覚えておきましょう。

楽観的の楽観を使った有名な言葉としては、「楽観視(読み方:らっかんし)」「楽観主義(読み方:らっかんしゅぎ)」などがあります。

「楽観視」の意味

楽観視とは、事の先行きが良い方向に向かっているとみなすことを意味しています。

「楽観主義」の意味

一方の楽観主義とは、物事や事態の成り行きをすべて良い方向に考える心理的傾向のことを意味しています。

楽観的の対義語

楽観的の対義語・反対語としては、先行きに望みがないと考えることを意味する「悲観的」があります。

楽観的の類語

楽観的の類語・類義語としては、心身の苦痛や生活の苦労がなくて楽々としていることを意味する「安楽」、性格や気分がのんびりしていることを意味する「呑気」、心配や苦労がなくのんびりしていることを意味する「気楽」などがあります。

楽観的の観の字を使った別の言葉としては、当事者ではなく第三者の立場から観察して考えることを意味する「客観」、広く大きな見通しを持っていることを意味する「達観」、本質をはっきり見極めることを意味する「諦観」などがあります。

楽天的の意味

楽天的とは

楽天的とは、物事を前向きにに考えることを意味しています。

表現方法は「楽天的な人」「楽天的に考える」「楽天的に生きる」

「楽天的な人」「楽天的に考える」「楽天的に生きる」などが、楽天的を使った一般的な言い回しです。

楽天的の使い方

楽天的を使った分かりやすい例としては、「楽天的な生き方に憧れています」「楽天的になる秘訣を教えてください」「楽天的な性格の人は立ち直りが早い」「彼はとても楽天的な人です」などがあります。

楽天的という言葉は、物事を前向きに考えることを意味しているため、基本的にプラスのイメージで使われます。また、失敗した出来事に対しても前向きに考えることの意味で楽天的と使うことがあります。

楽天的は英語でポジティブ

楽天的という言葉はあまり聞きなれない言葉ですが、ポジティブと聞いたら一度は聞いたことがあるはずです。楽天とポジティブはほぼ同じニュアンスを持っています。また、楽天的は基本的に人に対して使う言葉になります。

楽天的の対義語

楽天的の対義語・反対語としては、人生に悲観し生きているのが嫌になることを意味する「厭世的」(読み方:えんせいてき)があります。

楽天的の類語

楽天的の類語・類義語としては、気掛かりのないことを意味する「屈託の無い」があります。

楽天的の楽天を使った有名な言葉としては、「楽天主義」があります。楽天主義とは、くよくよしないで、何事も楽天的に考えていく傾向のことを意味しています。

楽天的の天の字を使った別の言葉としては、呑気で馬鹿げていることを意味する「能天気」、人の力で変えることのできない運命のことを意味する「天命」、自然のままであることを意味する「天然」などがあります。

楽観的の例文

1.常にマイペースで楽観的な性格な人は、ストレスに強いと一般的に言われている。
2.物事に対して無責任なことが多いので、楽観的な人は嫌いです。
3.私は悲観的に考えることが多いので、物事を楽観的に考えられる人が羨ましいです。
4.楽観的な性格は長所にも短所にもなるので、面接で答える時は注意しよう。
5.失敗を楽観的に捉えることによって、ストレスを軽減させることはとても重要です。
6.現実的には問題が山積みだが、今は楽観的に捉えることで、気持ちに余裕を持つことが先決だ。
7.日頃からなるべく楽観的でいるようにしたら、笑顔でいられる時間が増え、周囲との人間関係もいい方向に変化してきた気がする。
8.楽観的な自分と現実的な自分、この二つのバランスが良ければ、生きることがもっと楽に感じられるのかもな。
9.私は、物事を無理にでも楽観的に捉えるようにしないと、元々の悲観的な性格が邪魔して身動きが取れなくなるんだよね。
10.以前取材で100歳を越えた方々に長寿の秘訣についてインタビューをしたことがあるが、彼らは口をそろえて人生において常に楽観的であることを強調していた。
11.この本は楽観的な歴史観を通して20世紀を俯瞰したものである。

この言葉がよく使われる場面としては、物事が上手くいくと考えて心配しないことを表現したい時などが挙げられます。

楽観的という言葉は、使い方によってプラスのイメージにも、マイナスのイメージにもなると覚えておきましょう。例文1はプラスのイメージで楽観的を使い、例文2はマイナスのイメージで楽観的を使っています。

楽天的の例文

1.楽天的な考え方をしている人は人生楽しいだろうなぁ、私もいつかそうなれると信じている。
2.楽天的な生き方を目指すために、小さいことでクヨクヨするのを辞めました。
3.私はどちらかというと厭世的な性格なので、楽天的な性格の人に憧れています。
4.先日、動物占いを行ったら、楽天的なトラという結果になりました。
5.楽天的な性格になるために、マイナスな思考はなるべくしないように心掛ける。
6.妻はどうにも楽天的なところがあり、若干浪費癖があって困っている。
7.最近楽天的な彼女の近くにいるお陰か、私もよく、楽天的になったね、と言われるようになった。
8.祖父は、昔とても厭世的な人だったらしいが、艱難辛苦を乗り越えて今の楽天的な性格を勝ち得た、僕の尊敬すべき人だ。
9.彼の人生は、いつもその楽天的な性格によって支えられてきたと言っても過言ではない。

この言葉がよく使われる場面としては、物事を前向きにに考えることを表現したい時などが挙げられます。

楽天的は物事を前向きに考えることを表現しているため、上記の例文のようにプラスのイメージで使われることが多いです。また、楽天的は基本的に人に対して使う言葉になります。

楽観的と楽天的は意味が似ているためどちらを使うか迷いやすいですが、物事をあまり深く考えていない時には「楽観的」を、物事を前向きに考える時には「楽天的」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター