【業者】と【業社】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「ぎょうしゃ」という読み方、似た意味を持つ「業者」と「業社」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「業者」と「業社」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。



業者と業社の違い

業者と業社の意味の違い

業者と業社の違いを分かりやすく言うと、業務を行っているのが人か、会社かの違いです。

業社は誤字

しかし、注意しておかなくてはいけないのは、本来「業社」という言葉は存在しないということです。

この間違いは、近年、専門的な業務を行っているのが「人」ではなく「会社」という集団であることが多いからであると考えられます。一昔前は、専門的な業務を行うのは、技術を習得している一部の「人」であったので「業者」と書きます。

業者の「業」という漢字は「なすべきこと」「わざ」という意味があります。なすべきことをするのは「人」であり、わざを駆使するのは「人」です。会社ではありません。

専門的な業務を行う集団である会社のことを指す場合は「業社」ではなく、「業者の所属する法人、または企業」というように表現します。

業者の人だけでなく、その人の所属する全体のことを言い表したい場合は、法人や企業という言葉を一緒に使うようにしましょう。

業者の英語表記

正しい方の言葉である業者を英語にすると「trader」「merchant」となり、例えば「業者に依頼する」を英語にすると「Ask a trader」となります。

業者の意味

業者とは

業者とは、商工業を含めて、専門的な事業を営んでいる人を意味しています。

また、業者が属している会社を法人や企業と呼びます。漢字表記にする際、「業社」という風に間違えられがちですが、「業社」という言葉は存在しません。

その他にも、同じ種類の専門的な事業をしている人のことを「同業者」と呼んだりもします。

業者の使い方

業者を使った分かりやすい例としては、「家をリフォームしてもらう業者選びをしている」「仲介業者を挟まなければならない」「大手宅配業者は3つある」「ここの運営業者が夜逃げしたらしい」「青森県には優良産廃処理業者認定制度がある」「業者の方はお断りです」などがあります。

業者の類語

業者の類語・類義語としては、特定の分野に精通している人を意味する「専門家」、プロフェッショナルの略語を意味する「プロ」、販売業者を意味する「ディーラー」、貿易業者や取引業者を意味する「トレーダー」などがあります。

業者の「業」が用いられた言葉には、事業や学術研究の上でなしとげた仕事という意味の「業績」、偉大な事業や立派な仕事を意味する「偉業」、功績のすぐれた事業を意味する「功業」、学問を修めることを意味する「学業」などがあります。

業社の意味

業社とは、業務を行っている会社を指す言葉と考えられがちですが、業社という言葉はありません。

また、同業他社という言葉はありますが、「同業社」という言葉はありません。

同じ種類の事業をしている人については「同業者」という漢字を使用します。

業社の「社」という漢字は、組合や団体などの機関を指す言葉です。「社」という字が用いられている言葉には、同じ目的を持つ人々で構成される組織を意味する「社中」、詩歌を作るために結成された集団を意味する「吟社」などがあります。

業者の例文

1.出入りの業者と挨拶をする。
2.彼と君は同業者だよ。
3.土木業者になるには、体力が必要不可欠だ。
4.出版業者はいつも忙しいイメージがある。
5.同業者だけが集う飲み会に参加した。
6.下請け業者だと思い、偉そうな態度を取っていたら、学生時代の先輩の知り合いだったことが分かり、かなり反省した。
7.排水管が詰まり自分では修理できそうになかったので配管業者の人に来て直してもらった。
8.同じ個人事業者でも、事業の種類や規模によって助成金の額が異なる。
9.私の祖父は毎年夏に家の生垣の手入れを1日かけて行っていたが、年齢による体力の衰えを感じるようになり今年から専門業者に頼むことにするそうだ。
10.引越しをする際は業者に頼むよりも友人に手伝ってもらう方が安く済むだろうが、友人に手伝ってもらう場合は運搬中に家具が壊れてしまっても補償がされないことがあるので注意が必要である。

業者の使い方としては、専門的な業務を行っている人に対して使います。仲卸業者や運送業者、出版業者などの言葉が良く使われます。また、事業を行う人という意味では事業者という言葉もよく使われます。

業社の例文

1.運送業社という漢字を使う人がいるが、正しくは運送業者だ。
2.業者さんも会社に所属している人が多いが、所属会社のことを業社とは言わない。
3.仕事を紹介してくれるのは派遣業者であって、派遣業社ではない。
4.業者という言葉は人を表現する言葉で、業社という言葉はない。
5.同業他社とは言うが、同業社という言葉は聞いたことがない。
6.「業社」という言葉は今は存在しない間違った言葉だが、言葉の意味や使われ方は時代とともに変化していくものなので、数十年後には正しい日本語として認められるようになっているかもしれない。
7.ある業務を営んでいる会社ということを意味させようと「業社」という言葉を使うのは理解できなくもないが、実在しない日本語であるので使用は不適切である。
8.書類を取引先に提出する前に誤字のトリプルチェックを行ったものの、確認したすべての人が「業社」という誤字を見逃してしまっていたようだ。
9.彼に業社という言葉は存在しないよと優しく指摘したところ、彼はこちらの意味せんとすることは大体伝わるのだからいいじゃないかとふてくされたように言い訳をした。
10.日本語に業社という単語自体は存在しないものの、会社名に業社という言葉が入っている会社はいくつか存在しているので業社という言葉があっても全てが誤表示というわけではない。

前述した通り、業社という言葉は存在しません。「ぎょうしゃ」という言葉は「会社」などの集団ではなく、業務を行っている「人・者」を指すからです。

会社という意味を持つのは、法人や企業という言葉です。

間違えられやすい言葉としては「配送業社」や「派遣業社」などがあります。日本語としては間違っているので、使わないように注意しましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター