【腹黒い】と【性格悪い】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:19件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:2,439件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

似た意味を持つ「腹黒い」(読み方:はらぐろい)と「性格悪い」(読み方:せいかくわるい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「腹黒い」と「性格悪い」という言葉は、どちらも性格が良くないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



腹黒いと性格悪いの違い

腹黒いと性格悪いの意味の違い

腹黒いと性格悪いの違いを分かりやすく言うと、腹黒いとは表面上は善人に見える、性格悪いとは表面上も悪人に見えるという違いです。

腹黒いと性格悪いの使い方の違い

一つ目の腹黒いを使った分かりやすい例としては、「腹黒い女性は人によって態度が変わる」「腹黒い人は頭が良いことが多い」「腹黒い行動をする人は好きになれない」「彼はとても腹黒い性格です」などがあります。

二つ目の性格悪いを使った分かりやすい例としては、「彼女は性格悪いので有名です」「性格悪い上司の下で働くのは大変です」「あなた性格悪いよねと言われてしまった」「私は性格悪い自覚があります」などがあります。

腹黒いと性格悪いはどちらも性格が良くないという共通の意味を持つ言葉です。腹黒いは表面上は善人に見えるので外面では判断できない場合に使い、性格悪いは誰が見ても悪い印象を持つ人に使うというのが違いになります。

どちらの言葉も人に対してのみ使い、マイナスなイメージを持っています。

腹黒いと性格悪いの英語表記の違い

腹黒いを英語にすると「scheming」「evil-minded」となり、例えば上記の「腹黒い女性」を英語にすると「a scheming woman」となります。

一方、性格悪いを英語にすると「bad personality」「bad character」となり、例えば上記の「彼女は性格悪いので有名です」を英語にすると「She is famous for her bad personality」となります。

腹黒いの意味

腹黒いとは

腹黒いとは、心に何か悪巧みを持っていることを意味しています。

腹黒いの使い方

腹黒いを使った分かりやすい例としては、「腹黒い人は他人を利用するのが上手い」「腹黒い女性には気を付けよう」「腹黒い男性は苦手です」「腹黒い人は本心を隠していることが多い」などがあります。

腹黒いの由来

腹黒いの由来は、サヨリという魚からきています。サヨリはサンマに似ていて、とても綺麗な外見をしているのですが、腹を捌いてみると腹膜は真っ黒なのです。これが転じて、外面は良いけど内面では悪いことを考えてる人を腹黒いと言うようになりました。

そのため、腹黒いは外見では判断できない悪意を持っている人に対して使う言葉です。表面上では悪い人と分かりにくいので、腹黒い人には注意しましょう。また、悪い意味しか持っていない言葉なので、マイナスなイメージになっています。

表現方法は「腹黒い人」「腹黒い男性」「腹黒い女性」

腹黒いは人に対してのみ使う言葉なので、「腹黒い人」「腹黒い男性」「腹黒い女性」「腹黒い先輩」「腹黒い後輩」などのように、腹黒い+人を指す言葉で表現するのが一般的になります。

腹黒いの類語

腹黒いの類語・類義語としては、ずるくて抜け目がないことを意味する「悪賢い」、悪知恵が働くことを意味する「狡賢い」(読み方:ずるがしこい)、利口ぶっていて差し出がましいことを意味する「こざかしい」、ずるく悪賢いことを意味する「狡猾」などがあります。

腹黒いの黒の字を使った別の言葉としては、社会の秩序が乱れ悪事や不安が蔓延ることを意味する「暗黒」、純粋に黒いことを意味する「真っ黒」、非常に黒いことを意味する「黒黒」(読み方:くろぐろ)などがあります。

性格悪いの意味

性格悪いとは

性格悪いとは、悪い印象を持つ性格のことを意味しています。

性格悪いの使い方

性格悪いを使った分かりやすい例としては、「性格悪い男性とは仲良くなりたくない」「新しく入社してきた後輩がとても性格悪い」「性格悪い人と一緒にいると自分も性格が悪くなることが多い」「性格悪い女性に引っ掛からないようにしよう」などがあります。

性格悪いは誰が見ても悪い印象を持つ人に対して使う言葉です。外面も内面も悪いことを意味しているので、マイナスなイメージでしか使いません。他人から好かれなかったり、人が嫌がることをする人と覚えておけばイメージしやすいはずです。

表現方法は「性格悪い」「彼は性格悪い」「彼女は性格悪い」

性格悪いは人に対して使う言葉なので、「性格悪い」「彼は性格悪い」「彼女は性格悪い」「性格悪い上司」のように、前後は問わないのですが、性格悪い+人を指す言葉で表現するのが一般的になります。

性格悪いの対義語

性格悪いの対義語・反対語としては、行動の仕方が良い人のことを意味する「性格が良い」があります。

性格悪いの類語

性格悪いの類語・類義語としては、性格がねじけていて素直ではない者のことを意味する「捻くれ者」、性質の悪いことを意味する「性悪」、意地悪そうに見えることを意味する「陰険」、心が捻じ曲がって悪いことを意味する「邪悪」などがあります。

性格悪いの悪の字を使った別の言葉としては、わざと人を困らせたりつらく当たったりすることを意味する「意地悪」、他に災いを与えるような良くないことを意味する「害悪」、最も悪い状態であることを意味する「最悪」などがあります。

腹黒いの例文

1.腹黒い女性は男性にチヤホヤされる行動ばかりとるので、同性の友達が少ない。
2.職場に上司の前ではヘコヘコしているのに、同僚の前では偉そうにするとても腹黒い人がいる。
3.自分で腹黒いと言う人は、あまり腹黒くないことが多い。
4.腹黒い人は外面だけは良いので、騙されないように気を付けよう。
5.腹黒い人の末路は、いつか誰からも信用されなくなることです。

この言葉がよく使われる場面としては、心に何か悪巧みを持っていることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、腹黒いは表面上は善人に見えるが、心の中に悪巧みを持っている人に対して使います。そのため、マイナスのイメージでしか使いません。

性格悪いの例文

1.悪口と愚痴が多い人は性格悪いので、深く付き合うのは辞めた方が良い。
2.性格悪い男に引っ掛かって、人生の時間を無駄にしないようにしたい。
3.性格悪い人と一緒にいても何も良いことはないので、距離を置くようにしよう。
4.性格悪い女性は同性には嫌われるが、男性にはモテることが多い。
5.今テレビに映ってる男性は、性格悪い芸能人と週刊誌で取り上げられているが、本当かどうかは分からない。

この言葉がよく使われる場面としては、悪い印象を持つ性格のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、悪い印象を持つ性格の人に対して使う言葉です。そのため、マイナスなイメージでしか使いません。

腹黒いと性格悪いどちらを使うか迷った場合は、表面上は善人に見えるが、実は悪い性格の人に対しては「腹黒い」を使い、誰が見ても良い印象を持たない人に対しては「性格悪い」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター