【不倫】と【浮気】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:19件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:2,439件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

似た意味を持つ「不倫」(読み方:ふりん)と「浮気」(読み方:うわき)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「不倫」と「浮気」という言葉は、パートナー以外の人と関係を持つことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



不倫と浮気の違い

不倫と浮気の意味の違い

不倫と浮気の違いを分かりやすく言うと、不倫とは既婚者が配偶者以外と肉体関係をもつこと、浮気とは婚姻や肉体関係の有無を問わずパートナー以外と関係をもつことという違いです。

不倫と浮気の使い方の違い

一つ目の不倫を使った分かりやすい例としては、「実は彼らは不倫の関係にある」「不倫がバレて修羅場になる」「週刊誌が不倫を暴き芸能人が叩かれる」「社内不倫で仕事も家庭も失う」「妊娠中に不倫する夫に三行半を突きつけた」などがあります。

二つ目の浮気を使った分かりやすい例としては、「私は決して浮気をしません」「浮気の離婚慰謝料を確認しておこう」「自分が浮気する夢をよくみる」「浮気がバレない方法を検索する」「浮気相手に連絡を取る」「浮気防止と浮気調査のアプリを入れる」などがあります。

不倫は浮気に含まれる

不倫や浮気という言葉は、テレビのワイドショーやネットニュースなど目にしたり耳にしたりする馴染みのある言葉です。不倫と浮気は、パートナー以外の人と関係を持つことを表す言葉ですが、婚姻の有無と肉体関係の有無により使い分けが必要です。

不倫は、不倫の関係にある二人のどちらか一方でも結婚していて、肉体関係がある場合に使われる言葉です。一方の浮気は、既婚か未婚か、肉体関係があるかどうかに関わらず、パートナー以外の人と恋愛関係を持つ場合に使われる言葉です。

具体的には、既婚者が配偶者以外の人と肉体関係をもつことは不倫です。また、恋人がいる独身者が恋人以外の独身者と肉体関係をもつことは浮気、既婚者が配偶者以外の人と恋愛の情を通じつつ肉体関係をもたないことも浮気になります。

つまり、浮気の方が広い範囲を表し、不倫は浮気に含まれます。不倫という言葉は、既婚者で肉体関係がある場合のみに使うことを覚えておけば良いでしょう。

不倫と浮気の英語表記の違い

不倫を英語にすると「affair」「immorality」「adultery」となり、例えば上記の「不倫の関係」を英語にすると「adulterous relationship」となります。一方、浮気を英語にすると「cheat」「fitful」「caprice」となり、例えば上記の「浮気しない」を英語にすると「never cheat」となります。

不倫の意味

不倫とは

不倫とは、道徳にはずれること、配偶者以外と肉体関係をもつことを意味しています。

不倫の使い方

不倫を使った分かりやすい例としては、「スマホのメッセージで不倫が発覚」「不倫の代償がこんなに大きいとは」「不倫相手と直接対決する」「有名人の不倫報道ばかりが目立つ」などがあります。

その他にも、「ダブル不倫の結末は泥沼だった」「著名人の不倫がメディアで話題になる」「不倫された辛さが復讐心となる」「不倫スキャンダルで仕事を失う」「不倫騒動で世間を騒がせる」などがあります。

不倫の語源

不倫という言葉の「倫」は、同列に並ぶ仲間を意味します。人間関係のきちんと整理された関係を表し、秩序や道徳の意味に派生しました。道徳に反するという意味で不倫が使われたのは、明治時代からと言われ、昨今は男女関係に限定された使い方が多くなっています。

四字熟語「不倫不類」の意味

不倫を用いた四字熟語には「不倫不類」があり、決められた基準に合わず分類で分けられないことを意味します。ここでの不倫は、道徳に外れること、規範に外れることを表します。例えば、「彼の不倫不類の挙動は理解に苦しむ」などと使います。

「ダブル不倫」の意味

上記の例の「ダブル不倫」とは、既婚者同士が不倫することを意味します。不倫とは、どちらか一方でも既婚者である場合に使われる言葉ですが、両者とも既婚している場合、俗に「ダブル不倫」と表現されることがあります。

不倫の対義語

不倫の対義語・反対語としては、女性が夫以外の男性に身や心を許さないことを意味する「貞節」、夫婦や恋人同士が相互に性的純潔を守ることを意味する「貞操」などがあります。

不倫の類語

不倫の類語・類義語としては、ひそかに通じ合うことを意味する「密通」、配偶者以外の異性と肉体関係をもつことを意味する「姦通」(読み方:かんつう)などがあります。

不倫の倫の字を使った別の言葉としては、人として守り行うべき道を意味する「倫理」、技量などが並外れて優れていることを意味する「絶倫」などがあります。

浮気の意味

浮気とは

浮気とは、配偶者や婚約者などがありながら、別の人と情を通じ、関係をもつことを意味しています。

その他にも、一つのことに集中できず心が変わりやすいことの意味も持っています。

浮気の使い方

「彼の浮気性は一生治らないと思う」「浮気女のレッテルを貼られる」「身近で浮気話を聞いたことがない」「芸能人の浮気速報に敏感だ」「どこから浮気と言えるのか」などの文中で使われている浮気は、「配偶者や婚約者とは別の人と情を通じ、関係をもつこと」の意味で使われています。

一方、「浮気な性分で趣味がコロコロ変わる」「飽きっぽくて浮気な性格を直したい」「野球一筋で他のスポーツに浮気することはない」などの文中で使われている浮気は、「心が変わりやすいこと」の意味で使われています。

浮気という言葉は上記の例のように二つの意味を持っているのですが、一般的に使われるのは、「配偶者や婚約者とは別の人と情を通じ、関係をもつこと」の意味です。配偶者や恋人がいながら、他の人と恋愛感情を通じ合わせたり肉体関係をもったりする、男女の関係を表します。

「浮気性」の意味

上記の例の「浮気性」とは、浮気な性質を意味し、何度も浮気を繰り返す多情な性質を表します。似た表現には「浮気者」があり、心の移りやすい人を意味し、浮気性の人を表現する言葉です。

浮気の対義語

浮気の対義語・反対語としては、節義を堅く守って変えないことを意味する「節操」、女性の操がかたいことを意味する「貞淑」などがあります。

浮気の類語

浮気の類語・類義語としては、異性に対する心が移りやすいことを意味する「多情」、興味の対象をたやすく別のものに向けることを意味する「移り気」などがあります。

浮気の浮の字を使った別の言葉としては、はかないこの世の中を意味する「浮世」、あさはかで軽々しいことを意味する「浮薄」などがあります。

不倫の例文

1.究極の不倫映画とも言われる作品を観て、純愛映画のような爽やかさを感じた。
2.リアルな人間関係や心理描写が描かれている不倫小説には、ドキドキさせられる。
3.不倫をしている友人が、カラオケで生々しく不倫ソングを歌ってた。
4.芸能人が不倫は文化だと言って炎上したしことがあるが、なかなかの名言だ。
5.週刊誌による不倫報道が世間で大きな話題になるのは、他人の不幸は蜜の味だからなのか。

この言葉がよく使われる場面としては、配偶者以外と肉体関係をもつことを表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文3にあるように、不倫をテーマにした映画、小説、歌は、それぞれ「不倫映画」「不倫小説」「不倫ソング」と表現され、不倫は感情に訴える作品の素材となっています。例文5の不倫報道とは、有名人や芸能人の不倫をメディアを通して広く一般に知らせることです。

浮気の例文

1.浮気する男の特徴をネットで見たら、旦那にぴったり当てはまって疑ってしまった。
2.浮気する女の特徴のひとつに、貢物狙いの見栄っぱりがあるそうだ。
3.夫の行動が怪しいので、探偵事務所に浮気調査をお願いしようかと思う。
4.彼氏に浮気される夢をみて、思わず夢占いのサイトをチェックした。
5.ゴシップ好きの友人は、周囲のあることないことを浮気事件簿としてしたためている。

この言葉がよく使われる場面としては、パートナー以外の人と恋愛関係をもつことを表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文4で使われている浮気は、パートナー以外の人と恋愛関係をもつことを意味しています。例文1や例文3では既婚者が浮気し、例文4では恋人が浮気しており、浮気は婚姻の有無に関わらず使われる言葉です。例文3にある「浮気調査」とは、浮気が疑われる場合に明らかにする調査です。

不倫と浮気という言葉は、パートナー以外の人と関係を持つことを意味する言葉です。どちらの言葉を使うか迷った場合は、既婚者が配偶者以外と肉体関係をもつことを表現したい時は「不倫」を、婚姻や肉体関係の有無に関わらず表現したい場合は「浮気」を使いましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター