【ともかく】と【とにかく】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ともかく」と「とにかく」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ともかく」と「とにかく」という言葉は、どちらも「物事を一度置いておいて」というような意味を表す共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



ともかくととにかくの違い

「ともかく」と「とにかく」の違いを分かりやすく言うと、前に文章がないと使えないのが「ともかく」で、前に文章がなくても使えるのが「とにかく」です。

また、「ともかく」の場合には、少し柔らかい表現になりますが、「とにかく」と使う場合には、押し切るような強引な印象があるという違いもあります。

「ともかく」と「とにかく」は、ほとんど同じ意味を持つ言葉で、辞書で調べた際にも、同じ意味であると記載されていることが多いです。「ともかく」も「とにかく」も漢字で表記すると「兎も角」「兎に角」と同じような漢字で表現されます。

この「兎も角」「兎に角」というのは、文字通り「ウサギのツノ(角)」という意味です。もちろんウサギにツノはありません。そのことから、「兎も角」「兎に角」は、現実に存在しないものを意味しています。

つまり、「ともかく」や「とにかく」は、ある物事を現実には存在しないものと考えて、とりあえず置いておくという意味や、不確かなこと、現実らしくないものはとりあえず置いておいて、先に行動をしてみる、という意味の言葉であると言えます。

では、この二つの言葉の違いはなんでしょうか。「ともかく」という表現について考えると、これは前の文章を受けて「前述したことについては別問題として」という意味で使われるものです。

例えば「美味しいかどうかはともかく、見た目はとても良いね」などのように使われます。前述部分である味わいについては別問題として、とりあえず見た目は良いですね、という意味になります。

他にも、例えば「理由はともかく、こちらに来てください」などのようにも使います。これは「理由」の部分はとりあえず別問題として、とりあえず先にこちらへ来てくださいという表現です。

しかし同時に、理由については、今は置いておくけれど、あとで詳しく聞かせてね、というような意味が含まれており、理由がどうでも良いというわけではありません。ただ、優先順位として、先に来て欲しいということを意味しています。

次に、「とにかく」という表現を考えてみます。「とにかく」の場合には、前文を必要としない場合もあります。いきなり文頭にもってくる場合には「とにかく」と使うのが自然です。

例えば「とにかく暑い」「とにかく忙しい」という風に使うのは自然な表現ですが、「ともかく暑い」「ともかく忙しい」という表現は不自然です。このように、前文を持たなくても使えるのが「とにかく」という表現です。

また、とにかくというのは、例えば「理由は聞かずに、とにかく来てください」などのように使います。これは「来てください」ということを強調して言いたいのであって、前文の「理由は聞かずに」というところに重きは置いていません。

この場合、理由はどうでもよく、来てさえくれれば良いのです。「とにかく」と使う場合には、その後に記述される事柄さえ実行されればそれで良いというような少々強引な意味合いになります。

ともかくの意味

ともかくとは、不確かなことについては、とりあえず置いておいて、まずは実行してみることを意味しています。「ともかく」は「とにかく」と比べて、少し柔らかい表現であると言えます。

「ともかく」という表現は、その言葉の前に文章があることが前提となるものです。突然に「ともかく」という言葉を使うことは出来ません。前述する出来事があり、そのことについては一時期置いておいて、先に行動をするという意味の言葉です。

例えば「ともかく言うことを聞いてください」というように表現する場合があります。この言葉も、唐突に出てくる言葉ではなく、この言葉の前にいろいろとやり取りがあった上での発言です。

この言葉の意味としては「理由は後から説明をしますので、今は先に言うことを聞いてください」というような意味になります。

同じような文言を「とにかく」を使って表現すると、「とにかく言うことを聞きなさい」という風な言い方になります。これは少々強引な印象を受けます。対する「ともかく」を使った表現は、あまり乱暴な物言いには聞こえません。

なにか不確かな物事や、面倒な物事について、ひとまず置いておいて、先に行動をするようなことを表現したい際に「ともかく」と使うようにしましょう。「とにかく」よりも柔らかい表現になるものだと覚えておくと分かりやすいです。

とにかくの意味

とにかくとは、細かいことを考えるのはやめて、まずは行動をしてみようということを意味しています。「とにかく」は「ともかく」と比べて、少し強引な印象を受ける表現であると言えます。

「とにかく」という言葉は、「ともかく」とは違って、前に文章がない状態でも使うことの出来る言葉です。例えば「とにかく暑い」「とにかく忙しい」などのように使うことが出来ます。

「とにかく」というのは、何はともあれ、いずれにしても、というような意味合いがあります。例えば、何はともあれというような意味であれば「許してもらえるかはわからないけれど、とにかく話してみよう」という風に使います。

いずれにしてもという意味であれば、「留守かもしれないけれど、とにかく行ってみよう」という風に使われます。細かい事は置いておいて、まずは行動しようとするときに「とにかく」という言葉を使います。

「とにかく」と「ともかく」は、ほとんど同じ意味ですが、ともかくよりも、少し強い意味を持って使いたい際には「とにかく」と使うのだと覚えておくようにしましょう。

ともかくの例文

1.荷物はともかく、君が無事で何よりだよ。
2.結果はともかく、その頑張りは評価されるべきだと思うよ。
3.性格についてはともかく、頭はとても良い人だから安心してほしい。
4.見た目の好みはともかくとして、彼女は誰にでも好かれる性格だよね。
5.仕事をするなら給料はともかく、人間関係が大切だと思うな。

この言葉がよく使われる場面としては、前述したことについては、いったん置いておいて、とりあえず行動することを伝えたい時などが挙げられます。文頭に用いられることはほとんどなく、前の文章を受けて使われる表現です。

「とにかく」よりも「ともかく」の方が少し柔らかい表現になり、優先順位を示すような言葉であると言えます。「○○はともかくとして、××をしてください」という風に、○○も大切ですが、××を優先してくださいという意味の言葉です。

とにかくの例文

1.とにかく早く出発しないと間に合わないよ!
2.彼の悪いところは、とにかく気分屋であるところかな。
3.怒られるかもしれないけれど、とにかく話すだけ話してみようよ。
4.とにかく先生の言うことだけ聞いておけば良いよ。
5.後の事は気にせず、とにかく今を楽しもう!

この言葉がよく使われる場面としては、何はともあれ、とりあえず先に行動してくださいという意味を含む表現をしたい時などが挙げられます。「とにかく」は文頭で使われることもある表現です。

「とにかく」を文頭で使用する際には、「とにかく大変だった」などのように、後に来る言葉を強調するような意味で使われます。「○○はいいから、とにかく××してください」という風に文中で使う場合にも、強調や押し切るような意味を含む表現です。

「とにかく」は「ともかく」よりも強い表現であり、文頭でも使える表現であると覚えておくようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター