【絶対】と【絶体】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「ぜったい」という読み方、似た意味を持つ「絶対」と「絶体」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「絶対」と「絶体」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。



絶対と絶体の違い

絶対と絶体の違いを分かりやすく言うと、「絶対」というのは他に比較したり対立したりするものがない様子などを示し、「絶体」というのは絶体絶命という四字熟語または占いで凶を示す場合にのみ使われるという違いです。

「絶対」という言葉は、様々な場面で使用されます。「絶体~する」「絶体~ない」というように、なにか意志を強調するような表現として使われることもありますし、「絶対的な」という風に他とは比較できないほどの様子を示したりもします。

対する「絶体」という言葉は、絶体絶命という四字熟語で使用されるか、占いで凶を表現する際に使われるかのどちらかです。それ以外の場面では、絶体という漢字は一般的には使用されません。

絶体絶命というのは、体も命も絶たれてしまうような窮地に陥っている状態のことを意味しています。その言葉の意味を考えると、絶体か絶対かで迷った際にも間違えずに「絶体」と書くことが出来ます。

絶対と絶体の両方に含まれる「絶」という字は、打ち切る、途切れる、滅びる、遠く離れる、隔たるという意味を持っているものです。「絶交」や「拒絶」などの言葉を想像するとその意味がわかりやすいでしょう。

絶対と絶体は漢字の意味や字面もよく似ているものです。大変間違えやすい言葉ですので、使う際には十分に気を付けるようにしましょう。普段の生活では「体」を使う方の「絶体」は使用しないのだと覚えておくと良いでしょう。

絶対の意味

絶対とは、他に比較するものや、対立できるものがない様子を意味しています。また、他のどんなものにも制約や制限をされない様子、なにがあっても曲げない意志などを表現する場合もあります。

絶対という言葉は、形容動詞や副詞として使われることの多い言葉です。「絶対的な」という表現や「絶対~する」「絶体~ない」などの表現で使用されることの多いものです。これらは他に制約や制限をされない様子や強い意志を示したりするものです。

絶対の「対」という漢字は、向き合う、つり合う、見合う、応じる、などの意味を持つ言葉です。または、二つで一組である様子なども「対」(つい)という表現で示したりします。

つまり、漢字の意味だけで考えると「絶対」というのは、他に向き合うものがないほどに遠く離れている、つり合うものがないほど隔たっている、という意味を持っている言葉であると言えます。

例えば「絶対君主」という言葉や「絶対的な権力」などのように使用されます。また、打消しの「ない」という言葉を一緒に使うことで「絶対~ない」という表現で「何があっても」「どうしても」という強い意志を示すことが出来ます。

絶対の「対」という字を使った言葉としては、顔を合わせて会うことを意味する「対面」、両者が面と向かい合って事の決着をつけることを意味する「対決」、二つのものを並べ合わせて比べることを意味する「対比」などがあります。

絶体の意味

絶体とは、絶体絶命という四字熟語で使用される言葉で、逃げることのできない窮地に立たされていることを意味しています。絶体という漢字は、絶体絶命という四字熟語以外では使用されることはあまりありません。

絶体絶命とは、逃げることの出来ない苦境に立たされていることや、進むことも戻ることもできないような状態に立たされていること、命の危険にさらされていることなどを意味する言葉です。

この絶体という言葉が、絶体絶命以外で使われるのは「九星術」と呼ばれる運勢判断の占いです。この占いで吉凶の「凶」を示す言葉として「絶体」という言葉が使われることがあります。

上記の二つ以外の場面で「絶体」という言葉が使われることは、まずないと考えて良いでしょう。強い意志などを示す「ぜったい」については「絶体」ではなく「絶対」の方を使うのだと覚えておくようにします。

反対に、絶体絶命という四字熟語を書く際には「絶対」と書かないように注意をする必要があります。絶体絶命という言葉を書く際に、どちらの字を使うか迷った場合には、「体」と「命」の危機であると考えると分かりやすいでしょう。

絶体の「体」という字は、からだ、かたち、様子、元となるもの、身をもってという意味を持つ言葉です。絶体という言葉で使われる場合には、「からだ」という意味で使われていて、身体の危機であることを示します。

絶体の「体」という字を使った別の単語としては、各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態を意味する「体制」、船の形や船そのものを意味する「船体」、人間のからだを意味する「人体」などがあります。

絶対の例文

1.私はこの試合、絶対に勝ちます!
2.世の中には「絶対」なんていうことはないんだと思うよ。
3.センター試験前、塾の壁に「絶対合格」のポスターが貼られた。
4.社会人になる前に、絶対に覚えておいたほうが良いことがあったら、教えてください!
5.この服は絶対あなたに似合うから、買って損はないと思うよ!

この言葉がよく使われる場面としては、他に比較できるものがない様子や、揺るがない意思や自信があることなどを表現したい時が挙げられます。

また「絶対」という言葉に打消しの「ない」を付けて、「何があっても」「どうしても」という意味を表現することが出来ます。例えば「絶対に忘れない」と表現すれば、それは「何があっても忘れない」という意味になります。

絶対という言葉は、文章を強調する意味を持つ言葉です。強く主張したいことがある場合などにこの言葉を有効利用するようにすると良いでしょう。

絶体の例文

1.絶体絶命のピンチには、必ずヒーローが助けてくれると決まっている。
2.絶体という言葉と絶対という言葉は、とても間違えやすいものだ。
3.九星術における「凶」を意味する言葉も「絶体」と言うらしい。
4.四字熟語の絶体絶命を記載するのに、「絶体」か「絶対」か迷ったら、体と命の危機だと思い出すと良いよ。
5.合格祈願をした際に、絵馬に「絶体合格」と間違えて書いてしまって、恥ずかしかった。

この言葉がよく使われる場面としては、絶体絶命という四字熟語を使用する際や、九星術と呼ばれる運勢判断の占いをする時などが挙げられます。

「ぜったい」という言葉を「絶体」と書くのは、上記に挙げた「絶体絶命」という四字熟語を書く場合と、占いで凶を示す「絶体」を表現する場合だけであると言えます。それ以外の場合には「絶体」ではなく「絶対」と書きます。

「絶体」という表記はごく限られた場面でしか使用しないので、使用する場面をしっかりと覚えておくようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター