【パンプス】と【ヒール】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:2,459件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

似た意味を持つ「パンプス」と「ヒール」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「パンプス」と「ヒール」という言葉は、どちらも靴を連想させるという共通点があり、本来の意味は違いますが混同して使われる傾向があります。



パンプスとヒールの違い

パンプスとヒールの意味の違い

パンプスとヒールの違いを分かりやすく言うと、パンプスは靴の種類であり、ヒールは「かかと」を意味する言葉であるという違いです。ヒールは靴の種類を表す言葉ではありません。

パンプスとヒールの使い分け方

まず、パンプスというのは、ブーツやサンダルなどのように、靴の種類のことを意味しています。紐や留め金、ベルトなどのないタイプの靴であり、足の甲の部分を履きやすいように浅く、広くデザインしているものをパンプスと呼びます。

パンプスは、基本的にはつま先部分とかかと部分が覆われているものを指します。かかとの高さに規定はありません。かかと部分が高くても低くても、パンプスと呼ぶことが出来ます。

一方、ヒールというのは、靴の種類のことではありません。ヒールという言葉は英語で「かかと」という意味を持ちます。つまり、ヒールというのは、かかとの高さや形状を意味する言葉です。

例えば、ハイヒールというのは「かかとが高い」という意味になります。このように、ヒールというのは「ハイヒールなパンプス」や「ヒールの低いブーツ」などのように、かかとの高さを示す言葉として使われるものです。

他にも「ヒール靴」と呼ばれるものは、ヒール部分のある靴という意味で使われるものです。かかと部分が覆われている靴のことを「ヒール靴」と呼んだり、略して「ヒール」と呼んだりします。

パンプスは靴の種類のことであり、ヒールというのはかかとという意味で靴の種類ではないのだと覚えておくようにしましょう。また、あえて靴の種類として「ヒール」と使用する際には、かかとの覆われている靴であると認識しましょう。

パンプスの意味

パンプスとは

パンプスとは、靴の一種で、足の甲の部分が浅く、広めにデザインされているものを意味しています。主に、紐や留め金などのないタイプの靴を指しますが、現在ではデザイン性に富んだパンプスが多くなっています。

パンプスの由来

パンプスは、昔は馬車を操る運転者が履いていたものでした。運転者が長時間履いていても疲れないように、履き口を広くし、かかとは低いデザインでした。

そして、馬車の運転者がその靴でブレーキペダルを踏む様子が、ポンプを押しているように見えたことから、英語で「Pump」(ポンプ)の複数形「Pumps」(パンプス)という名前が付けられたと言われています。

その後、パンプスは舞踏用などでも履かれるようになりました。低かったかかと部分も、足を長く見せるために、高くなったり多様なデザインが登場するようになりました。

現在、パンプスというのは、履きやすく甲の部分が開いているもので、つま先とかかとの両方が覆われているものを指すと言われています。

「オペラパンプス」「オープンパンプス」とは

パンプスには、観劇や社交パーティーの際に履かれる「オペラパンプス」、側面やつま先部分が開いているデザインの「オープンパンプス」などがあります。かかとの部分まで開いているものは、パンプスではなく「ミュール」または「サンダル」と呼びます。

ヒールの意味

ヒールとは

ヒールとは、靴の種類の名称ではなく、英語で「かかと」のことを意味しています。近年では、かかとの部分のある靴について「ヒール靴」、略して「ヒール」などと表現される場合もあります。

ヒールの由来

ヒール靴の起源は、ギリシャ時代までさかのぼります。ギリシャ時代では、遊女が踊りを披露するためにヒール靴を履いていました。その当時は、現在と同じように、足を美しく見せるために履いていたと言われています。

その後の時代、フランスのパリでヒール部分の高いハイヒールが登場します。しかし、それは足を美しく見せる目的ではありませんでした。当時のパリは、道路上の衛生管理が悪く、街中がとても汚かったと言われています。

そのため、歩いている最中に洋服の裾を汚さないために男女問わず、ハイヒールが履かれていました。しかし、ルイ14世の時代、貴族たちの間で再びファッションとしてのハイヒールが流行します。

その時代のハイヒールは、男女問わずに足を美しく見せるものとして好んで履かれていました。戦争がはじまってからは、男性は動きやすく実用的なブーツタイプの靴を履くようになり、ハイヒールは女性だけが履くものとして進化をし、現在に至ります。

「ハイヒール」「ピンヒール」とは

ヒール靴の種類としては、かかとの高さが一般的に7センチ以上の「ハイヒール」、ヒール部分が細く華奢なデザインの「ピンヒール」などがあります。

パンプスの例文

1.就職活動用のパンプスを買いたいと思っている。
2.かかとの高いパンプスは、少し疲れやすいなぁと思う。
3.フォーマルな服装にも合わせやすいのがオペラパンプスだ。
4.パンプスは本来は留め金などはついていないものだけれど、オープンパンプスはかかとの部分に紐があるタイプもある。
5.パンプスが本来は馬車を操縦する人のための靴だったなんて、びっくりだ。

この言葉がよく使われる場面としては、つま先とかかとの両方が覆われている靴について表現したい時などが挙げられます。パンプスというのは、本来は馬車の運転者が履いている靴のことを指していました。

パンプスには、かかと部分の高いハイヒールなパンプスや、かかと部分に高さがほとんどないフラットパンプスなど、様々な種類があります。本来は装飾などのついていない靴を指していましたが、現在ではデザイン性に富んだものが多くあります。

ヒールの例文

1.ヒールの高い靴ばかりを履いていると体に悪いらしいよ。
2.ピンヒールは、バランス感覚の優れた女性しか履けないと思う。
3.今日は長時間歩きそうだから、ローヒールの靴で出掛けることにするよ。
4.ヒールの高さがない靴を、フラットシューズと呼ぶ。
5.ハイヒールを脱ぐと、急に背が低くなるので笑われることがある。

この言葉がよく使われる場面としては、靴のかかとの部分の高さについて表現したい時などが挙げられます。ヒールというのは靴の種類ではなく、かかと部分の高さのことを意味しています。

ヒールの部分が高い靴をハイヒール、ヒール部分の細いものをピンヒールなどと呼びます。その他にもヒールには様々な形があります。ヒールとは、靴の種類を指すのではなく、かかと部分の形状のことを示す言葉であると覚えておくようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター