【無頓着】と【無関心】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:436件/累計買取件数:2,340件

似た意味を持つ「無頓着」(読み方:むとんちゃく)と「無関心」(読み方:むかんしん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「無頓着」と「無関心」という言葉は、どちらも注意を向けないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



無頓着と無関心の違い

無頓着と無関心の意味の違い

無頓着と無関心の違いを分かりやすく言うと、無頓着とは物事に対してこだわらないことを表し、無関心とは物事や人に対して関心を持たないことを表すという違いです。

無頓着と無関心の使い方の違い

一つ目の無頓着を使った分かりやすい例としては、「父は些細な事には無頓着だ」「歴史に無頓着な日本人」「隣人の無頓着さが気になる」「何事にも無頓着な性格を直したい」「彼女は服装に無頓着だ」などがあります。

二つ目の無関心を使った分かりやすい例としては、「環境問題に無関心な人は多い」「日本人は他国に対して無関心と言われてる」「祖父母は教育に無関心だ」「他人に無関心な人が増えている」などがあります。

無頓着と無関心の使い分け方

無頓着と無関心という言葉は、どちらも物事に対して注意を向けないことを表す言葉ですが、意味は微妙に異なり、使い分ける必要があります。無頓着は関心を持たないことを意味しますが、こだわらないという意味も含みます。無関心は関心をもたないことを意味し、こだわらないの意味はありません。

上記の例の「服装に無頓着だ」とは、服装に対してこだわりが無い、どんな服でも構わないということを意味します。これが「服装に無関心だ」になると、服装に対して単に興味や関心を抱かないことを意味します。

また、二つの言葉は使い方にも違いがあります。無頓着は身なりやお金などの物事に対して使いますが、「他人に無頓着だ」など人に対しては使いません。一方の無関心は、物事だけでなく人に対しても使い、「他人に無関心だ」と表現することができます。

無頓着は物事に対してこだわらないこと表し、一方の無関心は物事や人に対して関心を持たないことを表すことが、この二つの言葉の違いになります。

無頓着と無関心の英語表記の違い

無頓着も無関心も英語にすると「indifference」「unconcerned」「nonchalance」となり、例えば上記の「些細なことには無頓着」を英語にすると「indifferent about trifles」となります。

無頓着の意味

無頓着とは

無頓着とは、少しも気にかけないことを意味しています。

表現方法は「お金に無頓着」「無頓着な人」「無頓着になる」

「お金に無頓着」「無頓着な人」「無頓着になる」などが、無頓着を使った一般的な言い回しです。

無頓着の使い方

無頓着を使った分かりやすい例としては、「彼女は美容に無頓着なのに美しい」「彼は何事にも無頓着で無神経なところがある」「対人関係には無頓着な研究者タイプだ」「時には無頓着さも必要だ」などがあります。

その他にも、「母はお金に無頓着な人だった」「服装に無頓着な旦那にお洒落させたい」「昔の人は歯並びに無頓着だった」「食に無頓着なので毎食同じようなメニューだ」「人の気持ちに無頓着でトラブルになる」などがあります。

無頓着の読み方

無頓着は「むとんちゃく」のほかに「むとんじゃく」とも読みますが、一般に「むとんちゃく」と読まれています。

無頓着の語源

無頓着という言葉の「頓着」とは、もとは「貪着」という仏教用語を語源とし、むさぼり求めて執着することや物事にとらわれる意味します。無頓着は頓着を打ち消した言葉であり、物事を気にしないこと、こだわらないことを意味します。

仏教の世界では、無頓着という言葉は、物事に執着せず無欲で美しい心を表すプラスイメージの言葉です。しかし、日常会話では「服装に無頓着」のように、感覚が鈍くて恥や外聞を気にしないことを表すマイナスなイメージになります。一般的には悪い意味で使われていることに注意しましょう。

無頓着の対義語

無頓着の対義語・反対語としては、深く気にかけてこだわることを意味する「頓着」、一つのことに心をとらわれることを意味する「執着」、自分の意見を主張して譲らないことを意味する「固執」などがあります。

無頓着の類語

無頓着の類語・類義語としては、感覚がまひして何も感じなくなった状態を意味する「無感覚」、恥や他人の気持ちなどを気にしないことを意味する「無神経」などがあります。

無頓着の頓の字を使った別の言葉としては、きちんとかたづけることを意味する「整頓」、軍隊がある土地にとどまることを意味する「駐屯」などがあります。

無関心の意味

無関心とは

無関心とは、関心がないこと、興味を持たないことを意味しています。

表現方法は「他人に無関心」「自分に無関心」「無関心な人」

「他人に無関心」「自分に無関心」「無関心な人」などが、無関心を使った一般的な言い回しです。

無関心の使い方

無関心を使った分かりやすい例としては、「子どもに無関心な親も過干渉の親も問題だ」「無関心という名の虐待だろう」「政治に無関心な国民性だ」「無関心は無責任とも言える」などがあります。

その他にも、「自分に無関心な彼を振り向かせたい」「周囲に対して無関心すぎる」「無関心な人と優しい人は表裏一体だ」「無関心の反対は愛なのだ」「周囲に無関心にならず思いやりを持とう」などがあります。

無関心という言葉の「関心」とは、ある物事に特に心を引かれ注意を向けることを意味します。関心に、打消しの意を持つ「無」が組み合わさり、無関心は他人や周囲、社会などに対して関心をもたないことを表します。

マザーテレサの無関心

無関心を用いた名言に「愛の反対は憎しみではなく無関心である」があります。これはノーベル平和賞を受賞したマザーテレサの言葉であり、貧困と病気で苦しんでいる人々に手を差出しのべることが愛であり、苦しんでいる人々に対して無関心でいることは愛の対極にあると説きました。

無関心の対義語

無関心の対義語・反対語としては、ある物事に特に心を引かれ注意を向けることを意味する「関心」、ある対象に対する特別の関心を意味する「興味」、未知のことなどに興味をもつ心を意味する「好奇心」などがあります。

無関心の類語

無関心の類語・類義語としては、何をする気力もないことを意味する無気力、熱意に欠けることを意味する「不熱心」などがあります。

無関心の関の字を使った別の言葉としては、二つ以上の物事が互いにかかわり合うことを意味する「関係」、あることに関係したことについて知っていることを意味する「関知」などがあります。

無頓着の例文

1.無頓着な性格から、デリカシーがないと言われることがある。
2.夫は食事に無頓着な人なので、食事の用意が楽で良かった。
3.自分の身なりへの無頓着さを年頃の娘から指摘され、服装や髪型を気にするようになった。
4.彼はおおらかで良い人だけど、お金に対して無頓着なので、一緒になっても良い暮らしは出来なさそうだ。
5.無頓着を「むとんじゃく」と読むことを知らなかったと話したら、言葉に無頓着だねと言われてしまった。
6.芸能界の話にはとんと無頓着なので、年頃の娘たちのこの手の話題には全くついていけない。
7.高校時代はお化粧に無頓着だった私も、大学ではそうも言っていられなくなった。
8.大皿から取り分ける時は取り箸、自分の皿から食べる時は自分の箸を使う、といったマナーに無頓着な人とは一緒に食事したくない。
9.後輩は食にあまりに無頓着で、美味しいものを食べたいという気持ちもないものだから食事をおごってもおごり甲斐がないのだ。
10.私は目の前の研究に没頭するあまり身なりに無頓着になり、妻にこっぴどく叱られたのだがあまり気にはしていない。

この言葉がよく使われる場面としては、少しも気にかけないことを表現したい時などが挙げられます。

例文1にある「無頓着な性格」とは、物事に少しも気にかけない、物事にこだわらない気質のことを意味します。悪く言えば気配りができない、良く言えばおおらかな性格とも言えます。例文3にある「無頓着さ」は形容動詞「無頓着だ」が、接尾語「さ」により体言化した形です。

無関心の例文

1.仕事人間で家庭に無関心な夫を、なんとか改心させたいと思っている。
2.他人に対して意識的に無関心になる方法を身に付けると、ストレスが一気に減るそうだ。
3.何事にも無関心な人の特徴に、感情の起伏がないことが挙げられる。
4.1970年代の若者の気質は無気力・無関心・無責任の三無主義、1980年代は無感動・無作法が加わって五無主義、では現在いくつの無主義なのだろう。
5.無関心圏が大きいということは忠実で従順なのだが、反面、組織の中で受け身で指示待ちであるとも言える。
6.SNSをよく使う身としては、昨今のネットでの誹謗中傷問題について、無関心ではいられない。
7.あれだけ止めろと言った株に手を出し大損した夫が泣きついてきたが、それ見たことかと無関心を決め込んだ。
8.この頃は教育虐待と言われるまで教育熱心な親もいれば、子の教育に全く無関心な親もいて、極端な世の中だなと思う。
9.無関心は一見すると害がないように思えるが、実は知らず知らずのうちに誰かを追い詰めることだってあるのだから怖いものなのだ。
10.彼はネット上の批判に対して無関心を決め込むもののの、内心は気になって仕方なかった。

この言葉がよく使われる場面としては、関心がないこと、興味を持たないことを表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文3にあるように、無関心という言葉は物事だけでなく人に対しても関心や興味を持たないことを表します。例文5にある「無関心圏」とは組織論で用いられる用語で、無意識に命令を受け入れる範囲のことを意味します。

無頓着と無関心という言葉は、どちらも注意を向けないことを表す言葉です。どちらの言葉を使うか迷った場合、物事に対してこだわらないことを表現したい時は「無頓着」を、物事や人に対して関心を持たないことを表現したい時は「無関心」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター