言葉の使い方の例文

言葉の使い方の例文

【伯母】と【叔母】の意味の違いと使い方の例文

同じ「おば」という読み方、似た意味を持つ「伯母」と「叔母」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「伯母」と「叔母」という言葉は同音の言葉で、どちらも似た意味を持ちますが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【伯父】と【叔父】の意味の違いと使い方の例文

同じ「おじ」という読み方、似た意味を持つ「伯父」と「叔父」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「伯父」と「叔父」という言葉は同音の言葉で、どちらも似た意味を持ちますが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【すいません】と【すみません】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「すいません」と「すみません」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「すいません」と「すみません」という言葉は、どちらも謝罪の意味を表すという共通点があり、本来の用法は違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【付く】と【着く】の意味の違いと使い方の例文

同じ「つく」という読み方、似た意味を持つ「付く」と「着く」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「付く」と「着く」という言葉は同音の言葉で、どちらも似た意味を持ちますが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【当てる】と【充てる】の意味の違いと使い方の例文

同じ「あてる」という読み方、似た意味を持つ「当てる」と「充てる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「当てる」と「充てる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【参画】と【参加】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「参画」と「参加」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「参画」と「参加」という言葉は、どちらも何かに加わることを意味するという共通点があり、本来の意味は違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【要因】と【原因】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「要因」と「原因」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「要因」と「原因」という言葉は、どちらも物事のきっかけとなる出来事を意味するという共通点があり、本来の意味は違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【出生地】と【出身地】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「出生地」と「出身地」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「出生地」と「出身地」という言葉は、どちらも自分に縁のある場所という意味の共通点があり、本来の意味は違いますが混同して使われる傾向にあります。
言葉の使い方の例文

【業者】と【業社】の意味の違いと使い方の例文

同じ「ぎょうしゃ」という読み方、似た意味を持つ「業者」と「業社」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「業者」と「業社」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【随行】と【同行】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「随行」と「同行」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「随行」と「同行」という言葉は、どちらも誰かとどこかへ行くことを表すという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。