今日の買取件数:20件/今月の買取件数:300件/累計買取件数:29,146件

【養生なさってください】と【養生してください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「養生なさってください」(読み方:ようじょうなさってください)と「養生してください」(読み方:ようじょうしてください)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「養生なさってください」と「養生してください」という言葉は、どちらも病気の回復に専念してほしいとお願いすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「養生なさってください」と「養生してください」の違い

「養生なさってください」と「養生してください」の意味の違い

「養生なさってください」と「養生してください」の違いを分かりやすく言うと、「養生なさってください」は目上の人に使える、「養生してください」は目上の人に使えないという違いです。

「養生なさってください」と「養生してください」の使い方の違い

一つ目の「養生なさってください」を使った分かりやすい例としては、「完治するために養生なさってください」「しばらくは無理なさらずに養生なさってください」「何も考えずに養生なさってください」などがあります。

二つ目の「養生してください」を使った分かりやすい例としては、「暑い日が続いておりますのでくれぐれも養生してください」「無理はなさらず養生してください」「十分に回復するまでは養生してください」などがあります。

「養生なさってください」と「養生してください」の使い分け方

「養生なさってください」と「養生してください」はどちらも病気の回復に専念してほしいとお願いすることを意味している言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「養生なさってください」は「する」の尊敬語である「なさる」を使用しておりとても丁寧な表現であるため、目上の人に対して使うことができます。

一方、「養生してください」は「してください」という命令形の形をしているため、目上の人に対して使うのはあまり適していません。

つまり、目上の人に対して使えるのが「養生なさってください」、目上の人に対して使えないのが「養生してください」と覚えておきましょう。

「養生なさってください」と「養生してください」の英語表記の違い

「養生なさってください」も「養生してください」直訳した英語表現はありませんが、近い表現として「Take care of yourself」「Please take good care of yourself」などがあります。

「養生なさってください」の意味

「養生なさってください」とは

「養生なさってください」とは、病気の回復に専念してほしいとお願いすることを意味しています。

表現方法は「ご養生なさってください」「ゆっくり養生なさってください」

「ご養生なさってください」「ゆっくり養生なさってください」などが、「養生なさってください」を使った一般的な言い回しになります。

「養生なさってください」の使い方

「養生なさってください」を使った分かりやすい例としては、「皆心配しておりますので養生なさってください」「引継ぎは問題ありませんので養生なさってください」「この件はこちらで解決しますので養生なさってください」などがあります。

「養生なさってください」は病気の回復に務めることを意味する「養生」に、「する」の尊敬語「なさる」と、「くれ」の丁寧語の「ください」が合わさり、病気の回復に専念してほしいとお願いすることの意味で使われている言葉です。

「養生なさってください」は目上の人に使える

「養生なさってください」は敬語表現を用いたとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うこともできます。

「養生なさってください」の特徴

また「養生なさってください」は病気や怪我をした人へのお見舞いの気持ちと、病気や怪我をした人へ回復に専念してほしいと願う二通りのニュアンスで使うことができるというのが特徴です。

「養生なさってください」の類語

「養生なさってください」の類語・類義語としては、体を大事にして早く元気になってほしいことを意味する「お大事になさってください」、ゆっくり休んでほしいことを意味する「ご静養なさってください」などがあります。

「養生してください」の意味

「養生してください」とは

「養生してください」とは、病気の回復に専念してほしいとお願いすることを意味しています。

表現方法は「ゆっくり養生してください」「しっかり養生してください」

「ゆっくり養生してください」「しっかり養生してください」などが、「養生してください」を使った一般的な言い回しになります。

「養生してください」の使い方

「養生してください」を使った分かりやすい例としては、「寒い日が続いておりますのでくれぐれも養生してください」「仕事のことは忘れて養生してください」「こちらは何も問題なのでゆっくりと養生してください」などがあります。

「養生してください」は病気の回復に務めることを意味する「養生」に、相手に依頼をすることや何かの行為を促することを意味する「してください」が合わさり、病気の回復に専念してほしいとお願いすることの意味で使われている言葉です。

「養生してください」は目上の人に対して使えない

「養生してください」は丁寧な表現ではあるものの、ビジネスシーンにおいては目上の人に対して使うことはできないと覚えておきましょう。

なぜなら「してください」という表現が命令形のニュアンスであるので、目上の人に対して使うのが相応しくないからです。

もし、目上の人に対して使いたいのであれば、正しい敬語表現である「養生なさってください」や「ご養生ください」を使うようにしましょう。

したがって、「養生してください」は立場が同等や目下の人に対して使う言葉です。

「養生してください」の類語

「養生してください」の類語・類義語としては、自分の健康状態を大切にしてほしいことを意味する「ご自愛ください」、相手の健康を願うことを意味する「お労りください」などがあります。

「養生なさってください」の例文

1.現場の方は大丈夫ですので、たまには仕事を忘れて養生なさってください。
2.部長のいない職場はとても寂しいですが、くれぐれも養生なさってください。
3.1日でも早い復帰をお待ちしておりますが、今は養生なさってください。
4.先生が入院されたと伺いましたので、ゆっくり養生なさってください。
5.企画の方は私たちでなんとかしますので、養生なさってください。
6.体調を崩されていると聞きました。暑い日が続きますのでどうかご無理をせず養生なさってください。
7.ご家族も心配されていますので、十分な睡眠をとり、ゆっくり養生なさってください。
8.体調は大丈夫でしょうか?体調が万全でないのに、無理をされては元も子もありません。ゆっくり休養し、養生なさってください。
9.現場は落ち着いておりますので、復帰はご自身の体調に合わせてゆっくりと進めてください。養生なさってください。
10.早く治そうとせず、ご自身のペースで回復に努めてください。我々はいつでもあなたを支えています。養生なさってください。

この言葉がよく使われる場面としては、病気の回復に専念してほしいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「養生なさってください」は目上の人に対して使える表現です。

「養生してください」の例文

1.仕事のことは何も心配なさらずに、しっかり養生してください。
2.上司から養生してくださいと言われたので、お気遣いありがとうございますと返事をしました。
3.現場の方は今いるみんなで回すので、しっかりご養生してください。
4.体調があまり良くなさそうなので、今日はもう上がって養生してください。
5.1日でも早い復帰を待たれますが、今は養生してください。
6.体調を心配していますので、十分に養生してください。無理なさらず、ゆっくり休んでくださいね。
7.熱が出たとのこと、十分に水分補給をして、ゆっくり養生してください。早く元気になりますように。
8.ご病気の治療中とのこと、心からお見舞い申し上げます。仕事の復帰を急ぐより、まずはどうか養生してください。
9.ご出産おめでとうございます。ご出産後は体力の回復が大切ですので、十分な休息を取って養生してください。
10.最近は、冷え込む日も多くなってきましたね。どうかお体を冷やさないようにして、風邪をひかないように養生してください。

この言葉がよく使われる場面としては、病気の回復に専念してほしいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「養生してください」は目上の人に対して使えない表現です。

「養生なさってください」と「養生してください」はどちらも病気の回復に専念してほしいとお願いすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、目上の人に使えるのが「養生なさってください」、目上の人に使えないのが「養生してください」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター