【将棋を打つ】と【将棋を指す】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:21件/今月の買取件数:573件/累計買取件数:3,012件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる日本人を探しています)

似た日本語の「将棋を打つ」(読み方:しょうぎをうつ)と「将棋を指す」(読み方:しょうぎをさす)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「将棋を打つ」と「将棋を指す」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。



「将棋を打つ」と「将棋を指す」の違い

「将棋を打つ」は「将棋を指す」の間違い

「将棋を打つ」と「将棋を指す」の違いを分かりやすく言うと、「将棋を打つ」とは「将棋を指す」の間違った使い方、「将棋を指す」とは将棋を行なうことです。

「将棋を打つ」は誤字

一般的には「将棋を打つ」という言葉は存在しません。漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「将棋を指す」のことを間違えて「将棋を打つ」を使っている人がほとんどです。

「将棋を打つ」と間違えやすい理由

「将棋を打つ」と「将棋を指す」を間違えやすい理由としては、「囲碁を打つ」と混同してしまっているのが原因です。将棋を行なう場合は「将棋を打つ」ではなく「将棋を指す」を使うと覚えておきましょう。

反対に、「囲碁を指す」も間違った言葉になります。囲碁を行なう場合は「囲碁を指す」ではなく「囲碁を打つ」を使うのが基本です。

なぜ「将棋を打つ」ではなく「将棋を指す」を使うかというと、将棋は最初から盤面の上に置いてある駒を水平方向に進ませます。これが「指す」という動作なので、将棋を行なう場合は「将棋を指す」という表現をするようになりました。

「囲碁を打つ」は正しい日本語

囲碁は、盤面が空の状態から碁笥(読み方:ごけ)と呼ばれる丸い木箱の中にある石を取り出して、新たに碁盤の上に置いていくのが基本です。これが「打つ」という動作なので囲碁を行なう場合は「囲碁を打つ」を使うのが一般的です。

また、将棋や囲碁と似た競技のチェスやオセロを行なう時も「指す」や「打つ」を使います。盤面にある駒を進ませるチェスの場合は「チェスを指す」と使い、盤外から盤面の上に石を置くオセロの場合は「オセロを打つ」になります。

「将棋を指す」は正しい日本語

正しい言葉である「将棋を指す」を使った分かりやすい例としては、「来週の日曜日は友達と将棋を指します」「近場に将棋を指す場所がなくて困っている」「プロ入りを目指して将棋を指す日々が続く」「明日は休日なので一日中将棋を指す予定です」などがあります。

「将棋を指す」という言葉はあっても、「将棋を打つ」という言葉は存在しません。同時に「将棋を指す」という単語の意味について「将棋を行なうこと」と覚えておきましょう。

「将棋を指す」の英語表記

「将棋を指す」を英語にすると「play shogi」となり、例えば上記の「来週の日曜日は友達と将棋を指します」を英語にすると「I will play shogi with my friends next sunday」となります。

「将棋を打つ」の意味

「将棋を打つ」とは

「将棋を打つ」とは、「将棋を指す」の間違った使われ方を意味しています。

「将棋を打つ」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。

読み方が似ているため、「将棋を指す」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「将棋を打つ」の「打つ」の正しい使い方

「将棋を打つ」の「打つ」は、物を他の物に向けて強く当てること、物事をしたり作ったりすること、しっかりと取り付けること、ある物事を行うこと、動きが規則正しく繰り返されることなど、複数の意味を持ち様々な場面で使える言葉です。

「打つ」を使った正しい使い方としては、「野球の試合ホームランを打つ」「携帯で文字を打つ」「晴れているので庭に水を打つ」「病気にかかったので注射を打つ」「一芝居打ってくれとお願いされた」「脈が不規則に波打つ」「後頭部を強く打つ」などがあります。

「将棋を指す」の意味

「将棋を指す」とは

「将棋を指す」とは、将棋を行なうことを意味しています。

「将棋を指す」の使い方

「将棋を指す」を使った分かりやすい例としては、「1日1回は将棋を指すことにした」「将棋を指す友達ができて嬉しいです」「毎朝7時に起きて将棋を指しています」「最近はネットで将棋を指すのにはまっている」などがあります。

「将棋を指す」は将棋を行なう場合にしか使わないので、幅広く使える言葉ではありません。また、「将棋を指す」ことを職業にしている人達のことを「将棋指」(読み方:しょうぎし)と言います。

「将棋を指す」の「指す」は、指などで目標とする場所や方向を示すこと、人や物をそれと決めて示すこと、その方向へ向かうこと、将棋で対局することなど、複数の意味を持つので様々な場面で使うことができます。

「将棋を打つ」の例文

1.「将棋を打つ」という言葉は存在しないので、おそらく「将棋を指す」の言い間違いだろう。
2.「将棋を指す」という言葉は将棋を行なうことで、「将棋を打つ」という言葉はない。
3.「将棋を打つ」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.これから将棋を打つという言葉を使う人はいるが、正しくはこれから将棋を指すです。
5.将棋を指す場所を探しているという言葉はあるが、将棋を打つ場所を探しているという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「将棋を指す」という言葉を間違えて「将棋を打つ」と表現している時などが挙げられます。

「将棋を打つ」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「将棋を指す」を間違えて使っている可能性が高い言葉です。

「将棋を打つ」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「将棋を打つ」ではなく、「将棋を指す」と表現するのが正しい使い方です。

「将棋を指す」の例文

1.毎週末はおじいちゃんやお父さんと将棋を指す習慣があります。
2.将棋を指すことを職業にしたいので毎日5時間以上勉強をしています。
3.将棋を指してばかりで勉強を全くしなかったので、親に怒られてしまった。
4.周りに将棋を指す友達がいない息子のためにパソコンを購入したら、とても喜んでネット将棋を楽しんでいた。
5.将棋を楽しむことが、将棋を指す上で最も大切ことです。

この言葉がよく使われる場面としては、将棋を行なうことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、将棋を行なう場合にしか使わないとても限定的な言葉になります。

「将棋を打つ」と「将棋を指す」どちらを使うか迷った場合は、「将棋を打つ」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「将棋を指す」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター