今日の買取件数:20件/今月の買取件数:76件/累計買取件数:8,286件

【犯罪を犯す】と【罪を犯す】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た日本語の「犯罪を犯す」(読み方:はんざいをおかす)と「罪を犯す」(読み方:つみをおかす)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「犯罪を犯す」と「罪を犯す」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。




「犯罪を犯す」と「罪を犯す」の違い

「犯罪を犯す」と「罪を犯す」の違いを分かりやすく言うと、「犯罪を犯す」とは「罪を犯す」の間違った使い方、「罪を犯す」とは法律や道徳に背く行いをすることです。

一般的には「犯罪を犯す」という言葉は存在しません。漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「罪を犯す」のことを間違えて「犯罪を犯す」を使っている人がほとんどです。

正しい言葉である「罪を犯す」を使った分かりやすい例としては、「罪を犯した人が社会復帰する」「彼女は罪を犯していないと必死に抗議した」「彼は罪を犯したので逮捕された」「彼が罪を犯したことはない」などがあります。

「罪を犯す」という言葉はあっても、「犯罪を犯す」という言葉は存在しません。同時に「罪を犯す」という単語の意味について「法律や道徳に背く行いをすること」と覚えておきましょう。

「罪を犯す」を英語にすると「commit a crime」「ommit a crime sin」となり、例えば上記の「彼が罪を犯したことはない」を英語にすると「He has never committed a crime」となります。

「犯罪を犯す」の意味

「犯罪を犯す」とは、「罪を犯す」の間違った使われ方です。

「犯罪を犯す」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「罪を犯す」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「犯罪を犯す」がなぜ間違った言葉であるかというと、「犯罪」には罪を犯すという意味があるため、犯すを二度用いた重言になってしまうからです。

重言とは、「馬から落馬した」や「頭痛が痛い」などのように、同じ意味の言葉を重ねる表現方法のことです。意味を強調する特別な使い方以外は誤用となっています。

しかし、「犯罪を犯す」は重言ではない説もあり、一概には間違いと言えない言葉です。

犯罪は罪を犯すという意味の他に、刑法その他の刑罰法規に規定する犯罪構成要件に該当する有責かつ違法な行為という意味があります。

前者の罪を犯すという意味で犯罪を使っているのであれば重言となるのですが、後者であれば、刑法その他の刑罰法規に規定する犯罪構成要件に該当する有責かつ違法な行為に反するという意味になるので、重言ではないという説もあります。

「罪を犯す」の意味

「罪を犯す」とは、法律や道徳に背く行いをすることを意味しています。

「罪を犯す」を使った分かりやすい例としては、「罪を犯すと今までの人生も否定されてしまいます」「罪を犯した人間は変わることができるのであろうか」「何の罪を犯していないのに任意同行を求められた」「彼は反省していなかったのでまた同じ罪を犯す」などがあります。

「罪を犯す」の「罪」とは、法律に反する行い、道徳的に悪い行い、刑罰を加えるという複数の意味を持つ言葉であり、「犯す」は法律や規則などに反した行為をすることを意味しています。

「罪を犯す」は法律や道徳に背く行為を行った場合に使う言葉なので、マイナスのイメージでしか使用しません。また、テレビのニュースや新聞だけでなく小説や映画など様々な場面で見かける言葉でしょう。

「罪を犯した人」「罪を犯すこと」「罪を犯したら」「罪を償う」などが、「罪を犯す」を使った一般的な言い回しになります。

また、罪を犯すと言っても一言で表すことは難しく様々な種類があります。例を挙げると、再び罪を犯すことを意味する「再犯」、何度も罪を犯すことを意味する「累犯」、二度以上重ねて罪を犯すことを意味する「重犯」などです。

「罪を犯す」の類語・類義語としては、不適切な行為をすることを意味する「不正を働く」、人として生きていく上で守るべき事柄を守らないことを意味する「人の道を踏み外す」などがあります。

「犯罪を犯す」の例文

1.「犯罪を犯す」という言葉は存在しないので、おそらく「罪を犯す」の言い間違いだろう。
2.「罪を犯す」という言葉は法律や道徳に背く行いをすることで、「犯罪を犯す」という言葉はない。
3.「犯罪を犯す」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.人はなぜ犯罪を犯すのかという言葉を使う人はいるが、正しくは人はなぜ罪を犯すのかです。
5.彼はまだ罪を犯したことはないという言葉はあるが、彼はまだ犯罪を犯したことはないという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「罪を犯す」という言葉を間違えて「犯罪を犯す」と表現している時などが挙げられます。

「犯罪を犯す」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「犯罪を犯す」ではなく、「罪を犯す」と表現するのが正しい使い方になります。

「罪を犯す」の例文

1.罪を犯す可能性は誰にだってあることを頭に入れておくことにしました。
2.彼女は出所後すぐに罪を犯し、また刑務所へと戻ることになった。
3.私は罪を犯した人達の社会復帰を手伝うことを仕事にしています。
4.家族が罪を犯すことにより加害者家族となってしまい、世間から批判されるようになった。
5.知らない間に罪を犯していて書類送検されてしまったので、法律を勉強しておくのは大切です。

この言葉がよく使われる場面としては、法律や道徳に背く行いをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、法律や道徳に反した行いをした場合に使うのでネガティブなイメージで使わない言葉です。

「犯罪を犯す」と「罪を犯す」どちらを使うか迷った場合は、「犯罪を犯す」は重言になってしまうので、正しい日本語である「罪を犯す」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター