【改革】と【革命】と【革新】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:24件/今月の買取件数:474件/累計買取件数:4,670件

似た意味を持つ「改革」(読み方:かいかく)と「革命」(読み方:かくめい)と「革新」(読み方:かくしん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「改革」と「革命」と「革新」という言葉は、物事を改めるという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



改革と革命と革新の違い

改革と革命と革新の意味の違い

改革と革命と革新の違いを分かりやすく言うと、改革はこれまでのやり方をより良いものにすることを表現する時に使い、革命は全く別のものを作ることを表現する時に使い、革新は大きく変えていくことを表現する時に使うという違いです。

改革と革命と革新の使い方の違い

改革という言葉は、「業務の改革を行う」「改革を行わなければ悪くなる一方だ」などの使い方で、もともと存在する制度を改めてより良いものにすることを意味します。

革命という言葉は、「各国で起きた革命では内戦が起きている」「革命的な発想は持ち合わせていない」などの使い方で、物事が急激に発展することを意味します。

革新という言葉は、「技術革新は戦国時代頃から顕著に行われていた」「革新的な技術のおかげで助かった」などの使い方で、物事を改めて新しいものにすることを意味します。

改革と革命と革新の使い分け方

改革と革新は既存の物事に沿ってそれを改良する形で変化させていきます。ただし、革新は時代の変化などによって大きく変える必要がある時に行われます。そのため、悪い点を良いものに変えていくわけではありません。

一方、革命は全く別のものを作ることを意味します。歴史上にその名を残すフランス革命は王政をひっくり返し、最終的に一人の王様ではなく五人の総裁が行政権を握ることとなりました。

そのため、大きく物事が変えられる順に並べると、革命>革新>改革となります。これらが、改革、革命、革新の明確な違いです。

改革の意味

改革とは

改革とは、従来の制度などを改めてよりよいものにすることを意味しています。

表現方法は「改革を起こす」「改革を進める」「改革を図る」

「改革を起こす」「改革を進める」「改革を図る」などが、改革を使った一般的な言い回しです。

改革を使った言葉として、「農地改革」「働き方改革」があります。

「農地改革」の意味

一つ目の「農地改革」とは、農地制度を改革することを指しますが、特に第二次世界大戦後にGHQの指導によって行われた農地制度改革を指します。農地解体や農地解放とも呼ばれています。

別名の農地解体が指すように、農地改革は地主制を廃止して自作農を増やすことを目的としていました。そのため、地主がまとめて持っていた土地は安く小作人に引き渡されることになりました。

「働き方改革」の意味

二つ目の「働き方改革」とは、働く人々が個々の事情に応じて、柔軟な働き方を自分で選ぶことのできるようにするための改革を意味する言葉です。2019年に働き方改革に関連する法案の一部が施行され、労働力不足の解消を図ることとなりました。

少子高齢化社会となっている現在、このままいくと国全体の生産力が低下すると言われています。労働力不足を解消するためには、働き手を増やす、出生率を上げる、労働生産性を上げるなどの方法が挙げられますが、これらを目指すのが働き方改革です。

そのために、長時間労働の解消や、非正規社員と正社員の格差を埋めたり、労働人口の不足を解消することが課題とされています。

改革の対義語

改革の対義語・反対語としては、前人のやり方などをそのまま受け継ぐことを意味する「踏襲」、古い習慣や方法などに従うばかりで、それを一向に改めようとしないことを意味する「因循」(読み方:いんじゅん)があります。

改革の類語

改革の類語・類義語としては、原罪の編成を崩して組み直すことを意味する「再編成」、弊害を除き去って全く新しいものにすることを意味する「刷新」、変えて新しいものにすることを意味する「変革」などがあります。

革命の意味

革命とは

革命とは、物事が急激に発展や変革をすることを意味するを意味しています。

表現方法は「革命を起こす」「革命をもたらす」「革命が起きる」

「革命を起こす」「革命をもたらす」「革命が起きる」などが、革命を使った一般的な言い回しです。

革命を使った言葉として、「革命家」「革命児」があります。

「革命家」の意味

一つ目の「革命家」とは、政治的社会的な革命を遂行するために力を尽くす人を意味する言葉です。肯定的な意味が強い言葉ではありますが、保守派や反対派からするとテロリストという否定的な呼び方をされることもあります。

ナチス政権で有名なアドルフ・ヒトラーや、同時期にイタリアでファシズムを構築したベニート・ムッソリーニ、マルクス主義を打ち立てたカール・マルクスらも革命家の一人です。

「革命児」の意味

二人目の「革命児」とは、革命を起こす人や革命の指導者という意味がありますが、革命をもたらすような新しい仕事などを成し遂げる人を指して使われることが多く、ビジネス間でも使われる言葉です。

革命の対義語

革命の対義語・反対語としては、前代の身分や財産などを受け継ぐことを意味する「継承」、旧来の風習や伝統などを重んじて守っていこうとする立場を意味する「保守」があります。

革命の類語

革命の類語・類義語としては、それまでとは反対の方向に回転することを意味する「逆転」、群衆が暴徒となって騒動を起こして社会の安寧を乱すことを意味する「暴動」、権力や支配者に背いて武力行動を起こすことを意味する「反乱」などがあります。

革新の意味

革新とは

革新とは、旧来の制度や方法などを改めて新しくすることを意味しています。

表現方法は「革新する」「革新を起こす」「革新させる」

「革新する」「革新を起こす」「革新させる」などが、革新を使った一般的な言い回しです。

革新を使った言葉として、「技術革新」「革新主義」があります。

「技術革新」の意味

一つ目の「技術革新」とは、発明や技術進歩だけでなく、それが経済や社会に導入されて普及していく過程や、それまでの物や仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方が新しい価値を生み出して社会的な変化をもたらすことも意味します。

技術革新は、新製品の開発によって優位を達成する革新である製品革新、製造方法や工程の改良によって費用を削減し優位を達成する革新である製法革新の二つに大きく分けられます。

「革新主義」の意味

二つ目の「革新主義」とは、都市の中産階級を中心に自由放任主義から脱却して政府の権限を高めた国家が強く国を統制するべきであるという考え方で、19世紀のアメリカ合衆国で主張されました。

具体的な内容としては、市場独占の制限と抑制を労働者の保護や、税制の改革など多岐にわたりました。

革新の対義語

革新の対義語・反対語としては、ある集団の中で思想や習慣など規範的なものとして古くから受け継がれてきた事柄を意味する「伝統」、そのまま保ち留めておくことを意味する「保留」があります。

革新の類語

革新の類語・類義語としては、内容を変えて違ったものにすることを意味する「改変」悪いところを改めて良くすることを意味する「改善」、すっかり新しくすることを意味する「一新」などがあります。

改革の例文

1.いくつかの改革は今後必ず必要になってくるとして国民からも期待が集まっている。
2.弊社で行われた大胆な改革は、他の企業からも一目置かれるものだったようだ。
3.システム改革のプランを次の会議で具体的に説明することになっている。
4.今回社長が変わったのは単なる世代交代や企業の若返りというだけでなく、社内抗争で改革派が勝利したということでもある。
5.日本が敗戦したことでGHQによる占領が始まったが、まず彼らがはじめたのは地主の土地を小作人に分け与える農地改革であった。
6.長年の経営不振から脱却するための新経営陣による改革案が作られていたが、古参の幹部たちは一斉に反対をして計画は頓挫してしまった。

この言葉がよく使われる場面としては、従来ある制度などを改めてより良いものにすることを意味する時などが挙げられます。

例文2の「大胆な改革」は規模などにより革新という言葉に置き換えて使うことができますが、革命は会社の理念なども変えてしまうことになるため置き換えて使うことはできません。

革命の例文

1.フランス革命の間でも政権がころころと変わり、民衆は最終的に貴族と上層市民の地位を対等にすることができた。
2.イギリスで起きた名誉革命は他の革命とは違う性質を持っている。
3.彼は入社して間もないのに様々な業績を残していることから革命児とまで呼ばれている。
4.今までただただ上司の言うことに従ってきただけの僕が、初めて上司に意見した。これは僕にとってはもはや革命だ。
5.スマートフォンの登場は、パソコンやインターネットに縁遠い人たちを巻き込み、社会の仕組みを大きく変えてしまった革命的な出来事だったと言えよう。
6.ベンチャー企業を立ち上げた当初は世の中に革命を起こすと息巻いていたが、その後融資を打ち切られてから資金繰りに苦しみ悪戦苦闘していた。

この言葉がよく使われる場面としては、物事が急激に発展することを意味する時などが挙げられます。

例文3の「革命児」とは、革命をもたらすような功績を成し遂げた人を指す言葉です。

革新の例文

1.技術革新がなければ、普通に使っているスマートフォンさえ手元のないのである。
2.組織を革新するような発想ができればよかったのに。
3.彼女の意見は革新的で、今回の企画の軸となっている。
4.自動操縦の自動車ができた時は革新的だと思ったが、恐らく何十年後かにはまた新しい革新的技術が生まれるのだろう。
5.技術革新というのは、いきなり優れた結果をもたらすのではなく、馬よりも遅いガソリン車の逸話からわかるように、従来の技術に劣ったところから始めるものだ。
6.オンラインでの買い物が増えているのをみて、消費者というのは非常に保守的であるようで、時に非常に革新的なのだなと痛感させられた。

この言葉がよく使われる場面としては、旧来の制度などを改めて新しくすることを意味する時などが挙げられます。

例文3の「革新的」とは、制度や組織などを改めて新しくしようとする様子を意味する言葉です。

改革と革命と革新どれを使うか迷った場合は、これまでのやり方を良いものに変えることを表す場合は「改革」を、全く別のものに変えることを表す場合は「革命」を、大きく変えることを表す場合は「革新」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター